幼稚園保育園どっちが良いのかな~と迷うあなたに知っておいてほしいポイントをまとめました。

【詳細】他の写真はこちら



幼稚園とは文部科学省管轄の教育施設!

出典:photoAC

幼稚園は3歳になった春から小学校入学までの幼児を対象とした教育施設のこと。学校教育法に基づき文部科学省が管轄していて、幼稚園の先生は幼稚園教諭免許を持っています。保育時間は、午前9時頃から午後2時頃までのところが多く、延長保育や給食の有無は園によってまちまち。
入園の前に簡単な面接がある園もあります。社会性や自立心、運動能力など、子どもの心と体の両方の発達を促すことを目的としている施設です。




幼稚園を選ぶメリットデメリットって?
幼稚園メリット
・英語や体操、リトミックなど、子どもの教育面が充実しているところが多い
・バスでの送迎がある園もあり、家の近くまで来てくれるため送り迎えが楽
・保育時間が短いので、幼稚園が終わったあとに親子や友だちとの時間を楽しむことができる
・延長保育を利用すれば働くことも可能
子どもに合う幼稚園を選ぶことができる

幼稚園デメリット
・園指定の制服やバッグをそろえなければならないため費用がかさむ
夏休み冬休み子どもを預かってもらえない日があるため、働くママは困ることも
お弁当作りで朝が忙しい
・参観日や役員の仕事、イベントでのお手伝いなど、幼稚園に出向くことが多い
幼稚園は勉強をしっかり見てくれる」というイメージがある人もいるかもしれませんが、お勉強をしっかりする幼稚園、のびのび自由に遊ばせてくれる幼稚園、運動をたくさん取り入れた幼稚園など、さまざまな幼稚園があります。

子どもに合った園を選ぶことができるところは最大のメリットといえるでしょう。また、デメリットで挙げた「・参観日や役員の仕事、イベントでのお手伝いなど、幼稚園に出向くことが多い」は、幼稚園に深く関わりたい・積極的にママ同士で交流したいというママにはうれしいポイントになるかもしれませんね。

お弁当やバス送迎、指定の制服、延長保育などは幼稚園ごとで大きく異なるため、上のメリットデメリットは必ずしも当てはまるわけではないので注意してください。


保育園とは厚生労働省管轄の児童福祉施設

出典:photoAC

保育園は、0歳から小学校入学までの乳児や幼児を対象とした児童福祉施設のこと。児童福祉法に基づき厚生労働省が管轄していて、保育園の先生は国家資格である保育士資格を有しています。
保育時間は午前7時半から午後6時頃までと長く、お昼は給食が用意されているところがほとんど。仕事などで保育に欠ける乳児や幼児を親の委託を受けて養護・教育する施設です。




保育園を選ぶメリットデメリットって?

保育園メリット
・給食があるため朝の準備が楽
・制服などがなく、初期費用が抑えられる
・周りも働くお母さんばかりなので、ママ友つき合いがさっぱりしている
・預かってくれる時間が長いので、しっかり仕事に打ち込める

保育園デメリット
・自分が入りたい保育園に入れるとは限らない
・遊びが中心で、英語や硬筆といった教育的カリキュラムが少ない
・バス送迎がないため、家から遠くの保育園に通う場合は送迎が大変

保育時間の長さや給食など、働くママには魅力的な条件がそろっている保育園幼稚園と同様に、保育園にも勉強系やのびのび系などいろんなカラーがあります。工作や英語、体操の時間がある保育園もたくさんあるので、保育園に聞いてみてくださいね。上で挙げたメリットデメリットはすべてに当てはまるわけではないので、気をつけましょう。

どっちが多いの?保育園幼稚園に通う子どもの割合

出典:photoAC

2014年厚生労働省の発表によると
3歳児 幼稚園:44.2万人(42%) 保育園:46.8万人(44%)
4歳児 幼稚園:54.1万人(52%) 保育園:47.2万人(45%)
5歳児 幼稚園:57.6万人(54%) 保育園:46.8万人(44%)
のように、5歳児のときには10%ほど幼稚園に通う子どもの方が多いようです。
3歳児のときに幼稚園が少ない理由は、「近くの幼稚園は2年保育(4歳児と5歳児のみ通うことができる園)しかない」などがあります。

幼稚園保育園の最大の違いは「保育に欠けるかどうか」

出典:photoAC

幼稚園は親の仕事などに左右されず、満3歳になり定員や選考をクリアできれば入園できます。一方、保育園は仕事や妊娠・出産、親族の介護など、保育に欠ける状況にある子どものみが通える施設です。
「この保育園素敵だから入れたい!」と思っても、保育に欠ける理由がなければ入ることができないので注意しましょう。

幼稚園保育園の制度の違いって何?

出典:photoAC

幼稚園は学校教育法に基づいた文部科学省管轄の教育施設で、保育園は児童福祉法に基づいた厚生労働省管轄の児童福祉施設です。幼稚園は、教育施設のため英語や体操などの教育的カリキュラムが多いことも頷けますね。
ちなみに、幼稚園保育園の両方をあわせ持つこども園は、内閣府の管轄です。

幼稚園保育園の費用・金額の違いって?

出典:photoAC

2019年10月から開始した「幼児教育無償化」。以前、保育園は親の収入によって保育料が違い、幼稚園は親の収入に関係なく一律料金でしたが、幼児教育無償化により認可保育園幼稚園の利用料は無料になりました。

認可保育園の利用料は完全無料ですが、幼稚園の場合は上限25,700円を超えた部分は実費です。また、無料なのは利用料のみで、給食費(園によって差がありますが平均5,400円ほど)やイベント費(遠足代やお泊り保育代)、幼稚園の初期費用として制服代や文具・絵本代などは別途支払う必要がありますよ。

幼稚園保育園で学力に違いは出るの?

出典:photoAC

以前に比べて、読み書きや英語などの教育的カリキュラムを積極的に盛り込んでいる保育園も多くなっているので、一概に「保育園だから」「幼稚園だから」と学力に差が出ることはないようです。
園によって教育の部分は差があるので、見学のときに聞いてみると良いでしょう。

幼稚園保育園子どものことを考えた素敵な施設

出典:photoAC

幼稚園保育園は、制度や保育時間、給食など違う点はたくさんありますが、どちらも子どものことをしっかりと考えた、なくてはならない施設です。私は、落ち着いたら仕事を始めたかったので、延長保育つきののびのび系幼稚園を選びました。違いをしっかり理解して、親と子どもにぴったりな園を見つけてあげましょう。
(mamagirl
掲載:M-ON! Press