高須克弥院長は新型コロナウイルス感染拡大によりパンク寸前の医療現場を考慮して4月16日Twitterで予定していた自らのガン手術を後に回し「見込みのある緊急患者に席を譲るつもり」と明かした。その際も「医療現場が緊急事態脱したら手術を受けます。早く終息してくれ。武漢肺炎」とつぶやいたように、「武漢肺炎」という呼び方にこだわりを持っている。しかし一部からは他の呼称を用いた方がよいという声も見受けられ、賛否両論あるようだ。

17日に「日本の偉大な細菌と戦った、野口英世先生、北里柴三郎先生です。日本人新型コロナなんかに絶対に負けません!」というツイートを受けて、高須克弥院長は「日本の老人の武漢肺炎の死亡者が飛び抜けて低いのは、過去に武漢肺炎の仲間のウイルスに感染して免疫力を獲得していたせいではないかと僕は妄想しています…」と持論をつぶやいていた。

世界情勢に目を向けると、アメリカトランプ大統領が会見で「新型コロナウイルスの発生源は武漢の海鮮市場ではなく武漢にある研究所ではないかと疑い、中国政府が研究所の調査を拒否したことを批判した」という趣旨のニュースが流れた。

「故意に感染拡大なら報い 米大統領、中国を批判」という報道を見た高須院長は「アメリカ、物凄く怒っている。トランプはやると言ったら必ずやる。武漢肺炎鎮静化を祈るが、沈静化した後も恐い」と懸念するのだった。

そのような「武漢肺炎」を用いたツイートに対して「先生、Covid19と称しませんか?」と呼びかけがあり、高須院長は「ウイルスの由来をはっきりしておかないと中国に歴史を書き換えられます。アメリカ武漢肺炎と呼んでいます。WHOは中国の責任を抹消するつもりです。すでに中国を礼賛し感謝しております。僕は怒っております!!」という。

また「COVID-19」について「China Origin VIrus Disease – 2019 の意味なので正解です」というツイートについて、高須院長は「それならOKです『中国由来ウイルス疾患』」と応じつつ「やっぱり『武漢肺炎』のほうがシンプルでよいと思わないか? Simple is best.」と主張した。

他にも「中国が米国に責任転嫁しなければ、高須院長も『COVID-19』と呼んでいらしたでしょうね」などのツイートがあるなか、高須院長が「武漢肺炎」と呼ぶことに対して「武漢から発症したという確証がなく疑惑であるうちは決めつけるべきでない」という趣旨の指摘があった。(指摘したツイートはその後削除された)

それを受けて高須院長は「我々は武漢から発症したのを目撃した生き証人だよ。政府のチャーター機で武漢から感染者を救出したのを目撃してる…」と反論した。

高須院長のRTには「COVID-19による肺炎こそが怖いのだから『肺炎』は入れるべき」、「正月の公式の第一報からこの感染をウォッチしてた人なら『武漢』は外せない」など「武漢肺炎」の呼称を支持する声が寄せられた。

また「新型コロナウイルスと呼べるのは今だけで、長い歴史に耐えられる正式な呼び方が必要。『武漢肺炎』で何も問題ない」や「2009年新型インフルエンザが大流行した時から名称に地名を入れない議論は行われており、メキシコ豚インフルエンザとは呼ばれなくなっている」という趣旨の意見も見受けられた。

画像は『高須克弥 2020年4月19日Twitter「誰もいない広いお店で美味しい八丁味噌うどんを食べているのを非難されるとは思いませんでした。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト