今回紹介するのは、Disionさん投稿の『【TASさんの休日】もっと脳を鍛える(ry お絵かきTAS その2』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

例のTASの第二弾


 ニンテンドーDSならではの機能を生かしたゲーム『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』。本来であれば、四則演算など数字や記号を書いて問題を解いていくゲームですが、世の中には全く別のアプローチで正解を導き出す猛者がいました。

 投稿者のDisionさんは、TAS【※】を用いて人力ではほぼ再現が難しい「イラストを描く」という方法で回答するというものです。

TAS
Tool-Assisted SpeedrunまたはTool-Assisted Superplayの略。エミュレータの機能を用いて、ゲーム速度を遅くしたり、クイックセーブロードを繰り返すなどツールのを利用することで、実際のゲーム機では理屈上可能だが通常の人間には再現できないようなスーパープレイが可能。

 最初の問題は「8□4=4」という問題。+(プラス)、-(マイナス)などの記号を書いて正しい計算式を完成させるゲームで、最初の答えは「-」ですが、すでに回答に書かれている部分が「-」には見えません。

 なんと、このイラストで正解扱いになります。もはや「脳トレ」という概念が崩れました。
 他の問題にも様々なイラストで正解を導き出します。

 イラストで回答する姿を見ると全く別のゲームのような感覚が芽生える不思議な動画です。ちなみに、1問間違っていますが、それは『チャージマン研!』の泉研のイラストだけ不正解になっています。Disionさんはどうしてもこのキャラだけ書きたかったのかもしれません。

 記事では一部イラストのみ紹介していますが、動画内には全20枚のイラストがあります。動画は約2分と短いものなのでぜひご視聴ください。

視聴者コメント

これそういうげーうじゃねぇから
すご!
とんでもないTAS
何気にうまい
描いたなこいつ!


▼動画はこちらから視聴できます

【TASさんの休日】もっと脳を鍛える(ry お絵かきTAS その2

―あわせて読みたい―

これぞテトリスアート! 『テトリス』でOミノだけ浮かせてみた!? 「そういうゲームじゃねえからw」とツッコミの声も

カルロスゴーン氏がモデル? 国外脱出を目指すステルスアクションゲーム『Ghone is gone』をプレイしてみた