カンプ・ノウ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナが本拠地であるカンプ・ノウのネーミングライツを売却することを発表した。21日、クラブ公式ホームページで伝えている。

 今回の発表によると、バルせロナはカンプ・ノウのネーミングライツを売却する理由として「COVID-19新型コロナウイルス)リサーチプロジェクトの投資金を調達するため」と明言。また、クラブは「平等で持続可能な社会を作り、カタルーニャ及び世界中の子供達がより、幸福になれるように、というクラブの意思を反映した」とも伝えている。

 なお、カンプ・ノウのネーミングライツは2020/2021シーズンまでの約1年間を予定しているとのこと。また、同スタジアムのネーミングライツ売却は1927年に開業して以来初めてのことだという。