英時間4月21日エリザベス女王が94歳の誕生日を迎えた。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、毎年恒例の誕生日の祝砲は中止された。女王が在位してから初めてのことである。バッキンガム宮殿はSNSで女王の幼い頃の映像を公開、ウィリアム王子夫妻とチャールズ皇太子SNS誕生日を祝う写真とメッセージを公開している。

94歳の誕生日を迎えたエリザベス女王は現在、エディンバラフィリップ王配と共にウインザー城に滞在している。新型コロナ拡大のため誕生日恒例の祝砲は中止となり、今年はソーシャルメディアで祝うのみとなった。毎年6月に開催される公式祝賀行事も中止することが発表された。

誕生日当日、バッキンガム宮殿の公式Twitterエリザベス女王の貴重な4枚の写真と王室パティシエによるカップケーキレシピに加え、女王が幼い頃の貴重な映像とメッセージを公開した。

「女王の94歳の誕生日に、皆様から多くの祝福のメッセージを頂いたことに感謝します。」
「今日、ご自宅で誕生日を迎えている方々へ。大切な人と一緒であっても、あるいは一緒でなくても。たくさんの大きな幸せをお返しいたします。」

公開された映像では、幼少時のエリザベス女王と妹のマーガレット王女が庭で遊ぶ姿が映っている。姉妹がシーソーで遊んだり、乗馬などを楽しむモノクロームの映像だ。次にカラー映像になり、客船の中でダンスをするシーンがある。

英国内ではソーシャル・ディスタンシングが推奨されており、同居していない家族を訪問することはできない。それぞれ別の場所に滞在するチャールズ皇太子ウィリアム王子夫妻は、公式SNS誕生日を祝うメッセージと写真をアップした。

家族で英ノーフォーク州アンマー・ホールに滞在中のウィリアム王子とキャサリン妃は、エリザベス女王と共にチェルシー・フラワー・ショーを訪れた際の写真とメッセージを公開した。

スコットランドのバークホールに滞在中のチャールズ皇太子とカミラ夫人は、チャールズ皇太子赤ちゃんの頃から現在に至るまでの女王との記念写真を4枚公開し、祝賀メッセージを添えた。

ロサンゼルスに住むヘンリー王子とメーガン妃ビデオ通話でお祝いの言葉を送り、アーチー君の元気な姿も見せたそうだ。

エリザベス女王はこの日、カナダで起こった銃乱射事件の犠牲者とその家族、友人、同僚達に対して哀悼の意をTwitterで述べた。事件に勇敢に立ち向かったカナダの警察官と負傷者達の対応にあたった救急隊員へ賛辞の言葉も記している。

エディンバラ公フィリップ王配は20日に異例の声明文を出し、新型コロナウイルスが感染拡大する中において最前線で働く人達への感謝を伝えた。

さらにこの日、自宅庭を100周歩いて寄付金を集めた99歳の退役軍人トム・ムーアさんも「女王陛下、誕生日おめでとうございます。最高の敬意を込めて」とのメッセージを送っている。

画像は『The Royal Family 2020年4月21日TwitterThank you for your messages today, on The Queen’s 94th birthday.」』『Kensington Palace 2020年4月21日Instagram「Wishing Her Majesty The Queen a very happy 94th birthday today!」』『Clarence House 2020年4月21日Twitter「Wishing Her Majesty The Queen a very Happy 94th Birthday」』『The Royal Family 2020年4月21日InstagramHappy birthday to Her Majesty!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト