金正恩委員長は、今年4月11日党政治局会議に出席したものの翌日の最高人民会議に出席しなかった。

JBpressですべての写真や図表を見る

北朝鮮には新型コロナウイルスに一人の感染者も出ていない、感染者も発生させないようにした」と強調した。

 北朝鮮は、写真のように「金正恩は軍の訓練を視察し、軍人に接近して隣にいるではないか、また、軍人たちが黒マスクをしていても、マスクをせず堂々としている」とアピールしていた。

 私は、JBpressでこれまで2度、「金正恩の姿はコピペされたもので、軍人の近くには現れていない」と述べてきた。

 北朝鮮は、コピペした写真を繰り返し掲載している。私も懲りずに指摘したい。

写真:3月12日、砲撃対抗競技を指導する金正恩、指導を受ける軍団長(中将)

金正恩や軍団長は、バラキューダ偽装網で覆われている

 軍の訓練視察は、写真でごまかせるが、さすがに全国の代議員が集まる最高人民会議では、存在していないことを存在したかのように合成写真でごまかせば、そのうわさが広まり、最高指導者、将軍様としての権威を失ってしまう。

 このため、党中央委員会政治局会議を前日に実施して、最高人民会議を欠席した。

 コロナウイルスによって国家が危機に直面しそうなこの時期に、金正恩委員長が党の重大事案を決定する会議に参加しないことは、「金正恩は逃げている」としか見なされない。

 実際、金正恩氏は感染を極度に恐れている。

服の一部が消滅しているのは合成ミス

 安価な写真編集ソフトを使っても、写真を容易に切り抜き、好きなところに貼り付けることができる。

 人物などの背景を透明にして、いくつもの写真を重ね合わせることもできる。

 上手く貼り付けができない部分には、「ぼかし」も入れることができる。

 写真編集の専門家であれば、さらに早く精密にできる。写真の解像度が良いと、私でも、3分もあれば容易にできる。

 だが、陰影部分など周りとの色具合が区別しづらいところは難しい。切り抜く場合に、このような箇所では、ある部分が消え、ノコギリの歯のような特殊な凹凸もできる。

 金正恩委員長が写る写真にも、このような欠陥が明瞭に現れることがある。このような写真は、間違いなく合成写真である。

 当然だが、自然界にはない。金正恩委員長3月21日、戦術誘導兵器の射撃を視察した時の写真の中に、合成である明白な証拠があったので紹介する。

 最近、写真編集ソフトを購入し、人物だけを切り抜き、背景を透明にして、パワーポイントワードに貼り付けることができるようになった。

 解像度が良い写真を使えばすべて上手くいった。だが、朝鮮中央通信が掲載している金正恩氏の写真の一つ(写真参照)を使って、彼を切り抜き貼り付けようとしたのだが、どうも上手くいかない。

 その箇所を拡大鏡でよく見ると、そこにあるはずの服の腕の一部やコートの裾の部分が切れてないのだ。

 また、服の肩の部分に、合成写真でしかできない複雑なノコギリ状の波がある。写真の切り抜きと貼り付け状態だけを見ても、100%合成写真だと判断できる。

 朝鮮中央通信の最高指導者欄の「金正恩委員長が戦術誘導兵器の模範射撃を視察」7/12Pの写真を見れば、よく分かる。消去される前に見てほしい。北朝鮮党宣伝部の完全な失敗作だ。

 たった一枚の写真が、「金正恩委員長が軍人の近くに存在しないにもかかわらず、存在しているようにみせかけたうそ」を100%明らかにした。

 その他のことを観察しても、例えば、

①写真を拡大して貼り付けると、立体感が全くなくなり、貼り絵と同じになる。

コピペした人物だけが浮き上がり、違和感がある。

コピペされた人物と周辺の人達との関係に、一体感がないなどがある。

写真:朝鮮中央通信掲載の写真(消えている部分)

図:金正恩の服が不自然に消えている部分(青色)

上空から丸見えの白いシャツの不思議

 金正恩委員長周辺の軍人たちは、寒そうな防寒服を身につけているのに、金正恩氏だけは、白シャツだ。

 金正恩氏は、3月21日には皮のロングコートを着ていたが、4月10日には、一転して白シャツ1枚という薄着だ。

 太って肉で覆われているので自分だけ暑く感じて、上衣を脱いだのか。それにしても不自然だ。

写真:白シャツを着て眼鏡を除く金正恩

 北朝鮮2017年の軍事パレード以降、実況中継を行わなくなった。

 金正恩委員長は、米軍による殺害を恐れて、自分の居場所がリアルタイムで米国に捕捉されるのを避けようとしているからだ。

 そのため、無人偵察機から容易に発見されるような草地の演習場などのような屋外には出て来ない。

 これまでの写真を見ても、昼間はバラキューダという赤外線でも通さない偽装網の下にいた。

 だが、4月10日は、どうぞ見てくださいとばかりに、上空から丸見えの地に出て来て、しかもどこからでも発見されるような白シャツを着ていた。

 米国が新型コロナウイルスに苦戦している時だから、上空の無人機から自分への暗殺はないと判断したためだろうか。

 白シャツの金正恩氏と軍人たちが一緒にいる状況は、合成写真だからできたことで、真実を表してはいない。

金正恩氏に対する不遜な態度

 金正恩と軍人達が一緒に写る写真を見ていると、最近、軍人のトップや高級将校たちの動きが、金正恩委員長に対して不遜な行動を取るものが出てきた。

 金正恩氏と一緒に写る合成写真なので、金正恩氏が存在しないとはいえ、金正恩氏と一緒に写る設定のはずであり、不遜に見える態度を見せてはいけないことは当然のことである。

 だが、新型コロナウイルス感染が世界で拡大してから、朝鮮中央通信や労働新聞に掲載される写真には、偉大な将軍様である金正恩を恐れない不遜な態度が見える。

 金正恩委員長が軍を視察した時の具体的な例を挙げると、

3月21日北朝鮮版ATACBSの射撃視察の時に、朴正天(パク・チョンチョン)軍総参謀長(陸軍大将)が頻繁にカメラ目線になっている。

 金正恩委員長の動きと関係なくカメラに向かって万歳をしたこともあった。

②砲撃訓練の指導の時(4月10日掲載)に、眼鏡を覗く金正恩委員長の後方にいる軍団長(中将)たちが好き勝手なところを見て、「安め」の姿勢で雑談しリラックスしている。

③西部地区航空連隊を視察した時(4月12日掲載)に、キム・グァンヒョク司令官(空軍大将)は、トランシーバーを持つ手の指にタバコが握られていた。

 また、金正恩委員長の前の机には、氷が入った飲み物が置いてある。

 軍人が防寒服を着ているのに、野外で氷入りの飲み物を出すのか。時期を違えた合成写真で、ちょっと笑える。

写真:金正恩氏に説明する空軍司令官、その手にタバコ

 金正恩委員長タバコを手にして、側近たちと話す様子はよく見られることだが、金正恩氏が戦闘機の飛行に拍手している時に、軍の司令官が煙草を指に挟んで対応することなど、前代未聞のことだ。

 その理由は何か。

①軍人のトップおよび高級将校に、気の緩みが出ている。

②軍人のトップたちは、金正恩に何か異変が(病気で重篤)あることを知っている。

③軍事専門家が細かく見れば分かるアホな写真を、国家統制のメディアに出す宣伝扇動部に、何か企みがある。

 政権や軍の内部で何か起こりつつあるのかもしれない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「金正恩の死」を睨んで動き始めた世界

[関連記事]

私の記事に反応、写真再加工で馬脚現した北朝鮮

情報機関の見方も割れる「金正恩重病説」の読み方

今年1月1日、韓国ソウル駅で北朝鮮の公開した金正恩委員長の映像を見る人々(AP/アフロ)