幼児期からの英語教育の必要性が言われるようになって、家庭で英語教育に取り組んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

いまでは、テレビの英語番組以外に、YouTube動画や英語サイトなど、無料で利用できるものもたくさんありますね。

幼児英語教育に40年近く取り組んでいる筆者も、YouTubeの活用をお勧めしています。

でも、家庭での英語教育で、お母さん達が間違った押し付けをして、かえって英語嫌いを作ってしまっていると感じることもあります。

今日は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこ取り育児を提唱している幼児教育研究家平川裕貴が、親がやりがちな大きな間違いについてお話します。

いきなりアウトプットをさせようとする

親としては、わが子が英語を話せるようになってほしいというのが望みですね。

その気持ちとってもよくわかります

ですからつい、英語教育を始めたら、英語を話させようとムキになってしまいます。

「ほら、ありがとうThank you って言うのよ」

Good morning は? 朝のご挨拶でしょ!」

「お友達に Good Bye って言ってごらん」

これ、言葉を覚えたての頃には日本語でもやってしまいがちなのですが、

人間って強制されると反発したくなっちゃうんですよね。

それは子どもでも同じ。

ここで大切なのは、アウトプットではなく圧倒的なインプットなのです。

親が常に、“Thank you.” や ”Good morning,” や ”Good bye.” を

言って聞かせていると、子どもも自然に言うようになります。

子どもが自然に口にするようになるまで、インプットをたくさんしなければなりません。

日本語を覚えたのも同じですよね。

まず周りで話される言葉をいっぱい聞いて、それらの言葉がどんな状況で使われているかを観察し、そして、自分もその状況で使ってみようと思い、最終的に的確な使い方ができるようになるのです。

英語教育を始めたからと言って、そういう段階をキチンと踏まずに進めてしまうと、失敗します。決して焦らず、まずはたくさんインプットできる環境を整えてくださいね

これもとってもやりがちな間違い

子どもがよく知っているストーリーを英語で見せようとする

これもとってもやりがちな間違いです。

アンパンマンとかドラえもんとか、日本の昔話とか、子どもがよく知っているストーリーなら英語で見てくれるかと、

「今日からこのアニメは英語で見なさい」

なんて言ってしまいがち。

もし、お母さんが、自分が好きな日本のドラマをいきなり

アラビア語で見なさい」とか

イタリア語で見なさい」

と言われたらどうですか?

見る気になりますか?

当然日本語の方がいいですよね。

でも、子どもが好きなアニメを英語で見なさいというのは、これと同じことを子どもに要求していることになるんですよ。

見慣れたもの、よく知っているものが、好きであればあるほど、日本語でしっかり理解して見たいと思いますよね。

では、どういうものなら、

「おっなんだ!?」

と興味がわいてくるでしょうか?

それは、日本的な感覚とは全く違うもの。

色彩感覚が違う、アニメキャラクターが見たことないもの、聞いたことのない音楽のリズム、背景の家や建物や景色がまったく違うなどなど。

そういうものなら、「なんだろう?」「あれ、だれだろう?」「いったい、どこだろう?」と

興味を引かれるのではないでしょうか?

YouTubeで動画を探す時には、子どもがよく知っているものではなく、むしろ見たことも聞いたこともないけど、面白そうというものを探してみてください。

家庭で楽しく英語教育ができるといいですね。

参考になれば幸いです。