詳細画像はこちら

パイオニアはR31スカイライン

textJames Mills(ジェームズ・ミルズ)

自動車シャシー技術のなかでもっとも議論を呼ぶもののひとつが、ハイテクの国、日本で考案されたと聞いても驚くには値しないだろう。

アクティブリア操舵システム(4WS)が初めてその姿を現したのは1985年のことだったが、最初にこのシステムを採用したのが、当時最新技術の塊だと思われていた日産R31スカイラインだったのは当然かも知れない。

詳細画像はこちら
日産スカイライン(R31)

それでも、この技術を広くひとびとに知らしめることに成功したのは、1987年に登場するや世界中で販売されたホンダ・プレリュードだ。

そして、いち早く4WSのメリットに注目したのが、米国の自動車雑誌「Road & Track」だった。

1987年、彼らはスラロームコースを舞台に、プレリュード2.0i 4WSとシボレーフェラーリポルシェといったスポーツカーを対決させているが、この慎ましい日本製クーペはその多くを打ち負かしている。

それでも、他の多くの革新的技術と同じく、4WSの新規性も時が経つにつれてその効力を失っていったのであり、この高価なシステムを搭載した車両は、万一追突事故に会った際には修理コストが高額になることから、保険会社をもうんざりさせることとなった。

その結果、アクティブリア操舵は徐々にひとびとから忘れ去られた存在となっていったのだ。

だが、すべてのモデルが大きく重くなっていくなか、駐車場でもサーキットでも車両をより扱いやすくすることの出来るこのシステムの利点がようやく認められ始めたようだ。

古今東西、四輪操舵システムを与えられた注目すべき10台をご紹介しよう。

BMW 850 CSi

E31世代の8シリーズフラッグシップの座にあった850 CSiが値崩れしている理由をご存知だろうか?

それは、このクルマが搭載していた四輪操舵システムであるAktive Hinterachs-Kinematik(AHK)の信頼性が極めて低く、多くの場合その修理には驚くほどのコストが必要となるからだ。

詳細画像はこちら
BMW 850 CSi

850 CSiは380psを発揮する5.6L V12エンジンを積んで、BMW Motorsport社の手も入っていたが、問題は1990年代初頭に約8万ポンドというプライスタグを掲げていたということだった。

ホンダ・プレリュード

ひとびとに四輪操舵システムを知らしめたのがこのプレリュードだ。

このクルマが搭載していたシステムでは、フロントと同じように1.5°から最大246°のステアリング入力に応じて後輪が操舵されていた。

詳細画像はこちら
ホンダ・プレリュード

ステアリングロックするまで回転させると、リアがフロントと逆位相に最大5.33°まで切れるこのクルマの最小回転半径はわずか5mに留まっていた。

それでも、追突のリスクを考えた保険会社が、このリアに複雑なステアリング機構を持つクルマに設定した保険料は決して安いものではなかった。

クセドス9(日本名:マツダ・ミレーニア)

このクルマのことを覚えているひとがどれだけいるだろう?

マツダが上級移行を目指したサブブランドから登場した6(日本名:マツダ・ユーノス500)は英国ではそれなりの成功を収めたものの、より大型の9が日の目を見ることはなかった。

詳細画像はこちら
クセドス9(日本名:マツダ・ミレーニア

おそらく、その理由は日本仕様と同じく、英国向けでも四輪操舵システムを採用していたことにあったのだろう。

ランボルギーニ・ウルス

改良型アヴェンタドールSに4WSを採用することで大きな進歩を見せたランボルギーニは、その後このシステムをウルスにも搭載している。

この高性能SUVを創り出すのに4WSは必要不可欠テクノロジーだったのであり、お陰でウルスがイタリア第2のスポーツカーメーカーの名を汚すようなことはなかった。

詳細画像はこちら
ランボルギーニ・ウルス

三菱3000GT(日本名:GTO)

3000GTには映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したデロリアンと同じくらいの多彩な装備が与えられていた。

アクティブエアロAWDシステム、アダプティブサスペンション、ツインターボ、そして、もちろん4WSだ。

詳細画像はこちら
三菱3000GT(日本名:GTO

それでも、BMWポルシェを手に入れられるようなドライバーが、このクルマに魅力を感じることはほとんどなかった。

フォードF-150プラチナムZF

全長5.8mのボディに7m近い最小回転半径を備えたクルマとなれば、立体駐車場に駐車することを考えるだけで冷や汗ものだろう。

だからこそ、最新のF-150にはZFの後輪操舵システムが与えられることになったのであり、その後フォードでは、現行F-150に搭載したのと同じようなシステムで特許申請まで行っている。

詳細画像はこちら
フォードF-150プラチナムZF

ポルシェ911 GT3

ポルシェ初の4WS搭載モデルは918スパイダーだったが、実際にその効果を感じさせることに成功したのは991世代の911 GT3が最初だった。

当時初めてこのクルマテストしたロードスターは、「もしポルシェが教えてくれなかったなら、4WSの存在に気付くことはなかったかも知れない」とレポートしており、ポルシェエンジニアたちは素晴らしい仕事をしたと言えるだろう。

詳細画像はこちら
ポルシェ911 GT3

フェラーリF12tdf

限定モデルのF12tdfがその約780psものパワーを四輪で受け止めるには、使えるものは何でも必要だったに違いない。

史上初めてリア操舵システムを導入したフェラーリでは、このシステムのことを「バーチャルショートホイールベース」と呼んでいる。

詳細画像はこちら
フェラーリF12tdf

驚いたことに、このZF由来の4WSシステム導入に伴う重量増はわずか5kgに留まっており、このクルマスタンダードなF12から110kgもの減量に成功していた。

限界付近でのtdfは手強い存在だが、この四輪操舵システムはGTC4 ルッソや812スーパーファストなどにも採用されている。

ルノー・メガーヌRS

ハッチバックとしてはやり過ぎかも知れないが、ルノーポールエンジニアたちはこのクルマに新たな武器を与えるべく、4コントロールと呼ばれる最新の四輪操舵システムを導入することで、路面状況に応じたコントロール性と、理想のサーキット性能を与えることに成功している。

4WSを持たないメガーヌと比べて、最大40%のステアリング操作角の削減が可能だとルノーは言う。

詳細画像はこちら
ルノーメガーヌRS

日産300ZX

1990年当時、もっとも知られたモデルマイクラ(日本名:マーチ)だった日産は、英国のドライバーに自らがポルシェにも伍する存在だということを納得させられなかったが故に、300ZXの販売台数はあっと言う間に急減の憂き目を見ている。

利点は多かったものの、HICASと呼ばれた四輪操舵システムを残しておくべきかどうか、意見は分かれている。

詳細画像はこちら
日産300ZX

■BMWの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【パクリと言われても仕方ない】近年発表された中国製コピー車 17選
【トップモデルで510psか】新しいBMW M4クーペ ニュルで高速テスト開始 2020年後半発売
【手頃な価格でも整備費用は侮れない】BMW X5 英国版中古車ガイド E70型

フェラーリの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【ポッドキャストで歴史を】フェラーリ・ミュージアム 跳ね馬の名シーンをSpotifyに配信
【全額寄付も】フェラーリ 会長/CEOら幹部陣、報酬を寄付 新型コロナウイルス対策活動へ
【世界の自動車オークション】新型コロナ・ショックで値下がり 2020年は、天国か地獄か

フォードの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【なぜ?】フォード・マスタング、同じスポーツクーペのフェアレディZより人気が長続きするワケ
【アクセルONで、トルク152kg-m】マスタング・コブラ・ジェット 2020年型は1400psのEV?
【待望の次期型】新しいフォード・マスタング ハイブリッドV8 四輪駆動 2022年発売

ポルシェの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【Reebokカラーが鮮やか】ポルシェ944ターボ・カップ 公道走行可能 北米オークションで564万円
【新たなスパイ写真】次期ポルシェ911 GT3(992型) ボンネットに大きな穴 リアウイングは巨大に
【何より怖いサビ】ポルシェ911 930型ビッグバンパー 英国版クラシック・ガイド

ホンダの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
ホンダS800スポーツ/フィアット850スポーツ・スパイダー・シリーズIII/MGミジェットMkIII
ホンダS800スポーツ/フィアット850スポーツ・スパイダー・シリーズIII/MGミジェットMkIII
【ゆるキャラ仕様】ホンダ 「クロスカブ110くまモン」を一部変更 テールランプに法規対応

マツダの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
マツダMX-5(ロードスター)RF
【RX9いつ量産?】マツダ・ロータリースポーツ復活の噂、最近聞こえぬ背景 販売/法規制の壁
マツダ3 2.0 180PS GTスポーツ

ランボルギーニの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【世界の自動車オークション】新型コロナ・ショックで値下がり 2020年は、天国か地獄か
【ボローニャ・チームで闘う】ランボルギーニ 人工呼吸器のシアレ社をサポート 新型コロナウイルス
ランボルギーニ・ウラカン・エボRWD(英国仕様)

ルノーの記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
メガーヌR.S.280とトロフィーR
ルノー・メガーヌR.S.280
ルノー・ゾエ GTラインR135 Z.E.50

■三菱の記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【新型エクストレイル】eパワー/PHEVはあり得るか? アウトランダー/RAV4 PHVの関係が鍵に
【死ぬまでに一度は運転しておくべき?】最高の50台 一挙ご紹介 50位から35位まで
【1月の苦戦 なぜ?】「軽」販売、買い控えに泣く ハスラー/eKクロススペースの発売日が影響

■日産の記事
【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも
【新型エクストレイル】eパワー/PHEVはあり得るか? アウトランダー/RAV4 PHVの関係が鍵に
【公式画像リークか】日産エクストレイル米国版、スタイリングが明らかに ジュークと共通点多く
【デザインの輪郭が明らかに】2021年型 日産エクストレイル ブラジルで特許出願

【後輪も「曲がる」】四輪操舵システム、ようやく脚光? 注目モデル10選 懐かしのモデルも