「隣人」がどのような性格や価値観、考え方の持ち主か。それによって「QOL(Quality of Life、生活の質)」は大きく変わってきます。

 都市部なら、どこに住むのかはある程度自由なので、嫌なら引っ越すという選択肢もありますが、郊外はどうでしょうか。先祖代々、同じ土地に住み、隣近所は親戚だらけで幼少から知っている間柄だとしたら。このような村社会で一番大事なのは、世間体です。和を乱さないよう波風を立てず、見えを張らず、静かに暮らすのが大事です。

 しかし、隣人が自分と同じ価値観や人生観、考え方とは限りません。例えば、まともに働かず、親の金で暮らし、誰にどう思われてもへっちゃら…いわゆる「無敵の人」だとしたら。自分の頭の中しか「世界」がないので、わがままの限りを尽くしても何とも思わないのですが、このような人間が隣人だと悲惨です。

 どんなに嫌な相手でも、ここから出て行くことは許されないのです。だからといって、隣人を注意しようにも、そのことで相手を刺激し、逆上され、近所で悪口を言いふらされたりしたら大変です。何十年もかけて築き上げた評判は地に落ちるでしょう。体裁を守りたいという気持ちにつけ込み、わがままを言い続ける彼(泉谷光)に悩まされているのは、今回の相談者、志村果歩さん。一体何があったのでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名)>
志村果歩(42歳)     専業主婦 ※今回の相談者
志村猛(44歳)      会社員、果歩の夫、自宅の所有権者
泉谷隆太郎(56歳で逝去) 地方公務員、光の父親
泉谷あかり(54歳で逝去) 保険外交員、光の母親
泉谷光(28歳)      無職、果歩の隣人

 彼はこれまで、市役所勤務の父親、保険外交員の母親と一軒家で暮らしていました。果歩さんは、お隣さんは夫の遠い親戚だと聞いていましたが、隣近所とはいえほとんど顔も見ないし、たまにすれ違ってもあいさつもせず、逃げるように立ち去るような間柄。近所付き合いはほとんどなかったので、親戚とはいえ他人のような距離感でした。

 彼は東京の大学を卒業すると地元に戻り、中学校社会科の教員として働いていたのですが、わずか2年で退職。それ以降、彼がどこで何をやっているのか知る由もなく…「引きこもりなのでは?」とうわさが立っていました。彼の家は築40年をとっくに過ぎており、モルタルの壁は色あせ、塗装ははがれ、庭の水道はさび付き、老朽化の色をぬぐえない感じでした。

 彼の両親が不慮の交通事故に巻き込まれ、不運にも命を落としたのは半年前。通夜や葬儀で、彼が気丈に振る舞う姿に果歩さんはもらい泣きしてしまったそうです。

 他人からすれば、遺族は一定期間、喪に服し静かにしていると思われがちですが、葬儀から1年もしないうちに新築が建つケースは珍しくありません。なぜなら、遺族は「親が死んだら建て直そう」と前々から思っており、着々と計画を練っているからです。そして、目の上のたんこぶが消えた途端、計画を行動に移すのです。親の死を悲しむ気持ちと、新しい家が欲しい気持ちは別問題です。

 無職の彼は父親の死亡退職金、保険金、そして事故の加害者からの損害賠償金…1億円近いあぶく銭を手にしたのですが、気が大きくなり、横柄な態度をとるようになった彼が、まさか自分たちに災いをもたらすことなど、果歩さんは全く心配していなかったのです。

 ある日突然、彼が解体業者の人間を伴って果歩さんの自宅を訪ねてきました。彼いわく、古い家を取り壊して新しい家を建てたいが、面している道路が3メートルぎりぎりで、工事車両が通るには狭い。そこで、果歩さんの家の庭を通してほしいと頼んできたのです。

 もちろん、果歩さんの一存で返事をすることはできないので夫に相談したところ、「そこまで言うなら」と彼を信用し、通行を許可したのです。通行の条件は「月10万円の通行料を毎月末日に支払うこと」「通行期間は1年間」。隣同士に住んでいるのに約束を破ったりしないだろう。果歩さん夫婦は信じて疑わなかったので、書面に残さなかったのです。これが後々、災いの種に化けるとはつゆ知らず。

 3メートルの道ではなく、果歩さんの庭を通すのは、工事車両を使って工期を短縮するためです。これは彼の都合で、果歩さんには何の関係もありません。彼は果歩さん夫婦に感謝すべきですが、恩をあだで返すような行為を繰り返したのです。

 果歩さんが筆者のところへ相談に来たのは、工事が始まって8カ月後のこと。最初に、解体業者が古い家の取り壊しを始めたのですが、果歩さんの庭はコンクリートで舗装されていません。それなのに、3トントラックが果歩さんの庭を通るだけでなく、庭の真ん中に止まったため、庭の土が陥没し、下水道は破裂し、水が吹き上がったそうです。

「どうなっているんですか!」

 果歩さんは解体業者に文句を言ったのですが、業者は「うちらは雇われなんで、あっち(彼)に言ってもらえますか」と取り合ってくれなかったのです。やむを得ず、果歩さんは自腹で下水道を修理したそう。28歳の若者の粗相に目くじらを立てても仕方がないので、今回ばかりは大目に見ることにしたのです。

新築業者を監視してノイローゼ

 果歩さんは、二度と同じことが起こらないと信じ切っていました。古い家の取り壊しが終わると、今度は新しい家を建てるため、新築業者が出入りするようになったのですが、新築業者には過去の不手際(下水道の破裂)が伝わっていなかった模様。何食わぬ顔で、4トンのコンクリート車が果歩さんの庭を通ったので、修理したばかりの下水道が破裂し、水が噴き出したのです。

 さすがに彼の耳に入れなければならないと思い、果歩さんは彼が一時的に借りているアパートの部屋へ向かったのですが、彼は「それって俺のせいじゃないですよね? あっち(解体業者)に払ってもらえば」と責任をなすりつけようとしたのです。

 業者の横暴はこれにとどまらず、今度はトラックが庭にあった物置をなぎ倒し、破壊し、使い物にならなくなったそうです。「悪いっすね! 今度は気を付けます」と、業者の人間はまるで「謝れば済まされる」という感じで相手にされなかったのです。

 これでは、業者がいつ庭を傷つけるか分かりません。業者の横暴ぶりを見ると、他のご近所さんが車両にはねられる危険すらあります。果歩さんは朝から晩まで自宅に待機し、業者の様子をつぶさに観察するため、ずっと見張っていなければなりませんでした。

 彼が不義理を繰り返さなければ、こんな苦労を強いられることもないのに…果歩さんは、ふつふつと湧き出る怒りを抑えることができませんでした。そのせいで血圧が上がり、胸をふさぐような痛みが続き、夜になっても目がさえて眠れなくなってしまったのです。睡眠導入剤を処方されるほどひどい症状で、ノイローゼ気味と診断されてしまいました。

 新築業者の人間は、毎日のように果歩さんの庭に出入りしているので、業者に彼を説得してもらうという方法もありますが、依頼主は果歩さんではなく彼です。業者が果歩さんのために動いてくれるかどうかは分かりません。

 このように8カ月の間、彼が手配した解体業者、新築業者は問題を起こし、そのたびに果歩さんは注意するのですが、舌の根も乾かぬうちにまた別の新しい問題を起こすという繰り返しでした。「まさか!」と思い、果歩さんは夫の通帳を確認したのですが、やはり、通行料の月10万円は振り込まれていなかったのです。しかも、8カ月間、一度も。

 果歩さんの夫が彼のところへ文句を言いに行くと、「払えたら払うって意味っすよね? だいたい、親戚から金を取るっておかしいじゃないっすか?! そんなことしたら、角が立つってもんっすよ!!」と開き直ったそう。「あるとき払い」という持論を展開したのですが、夫は「話にならない」という感じで退散したようです。

 通行の約束は、彼と果歩さんの夫が交わしたのだから、通行料の支払い義務は業者ではなく彼にあり、業者が支払わないのなら彼が支払うべきですが、彼は正気なのでしょうか。

 彼は自分が正しいと思って行動しているのでしょう。もちろん、果歩さんと彼の考え方や価値観、常識が食い違っているのは間違いありません。果歩さんが「こちらが正しい」と伝えても彼の心には響かないでしょう。真偽の根拠は、果歩さんの気持ちではなく法律にする必要があります。

 このように、彼は口約束など吹けば飛ぶようなもので、守るかどうかは自分次第だし、守らなかったとしても天罰が下るわけではないという物言いなのですが、果歩さんは本当に何もできないのでしょうか。通行料を踏み倒されても、下水道管や物置を壊されても、泣き寝入りするしかないのでしょうか。

 まず8カ月前、彼と夫の間で交わした約束に根拠がないわけではありません。「通行」の目的に限り土地への立ち入りを許可することを「通行地役」といいます(民法280条)。そのため、当初の約束を守らないことは常識や倫理、良識だけでなく法律にも違反しているのです。

 次に通行料ですが、土地を通行する場合、通行料を払わなければならないことは法律で決まっています(民法212条)。今回の場合、他に通行できる道がなかったわけではありませんが、他の道ではなく果歩さんの庭を通りたいと言いだしたのは彼自身です。しかも、当初の約束で「月10万円を払う」と誓ったのだから、「他に道がなく、庭を通るしかない」という状況でなくても通行料は発生します。

 そして、過去8カ月分の延滞に遅延損害金を上乗せすることが可能で(民法419条)、今回の場合、損害金の利率は年26.28%です。

 さらに、故意、または過失により損害を与えた場合、損害を補償しなければなりません(民法709条)。今回の場合、1回目の下水道管の破裂は故意ではなかったかもしれません。しかし、2回目は「庭に3トン以上の車両を停車させたら破裂すること」を知りながら、彼は新築業者に伝えなかったので、故意だと指摘されても仕方がないでしょう。2回目の、下水道管の修理費用は彼が負担しなければなりません。

通行時間の制限、弁償などを要求

 そのことを踏まえた上で、果歩さんが彼に対して求めたのは以下の7点です。

 1つ目は、通行の許可を平日の午前10時から午後4時に限ること。これは果歩さんが終日、見張っていたことでノイローゼを発症したためです。2つ目は、他の業者(電気、水道、ガスなどの設置)が通行する場合は都度、夫の承諾を得ること。これは、解体業者が下水道管を壊したことを新築業者へ伝えなかったことで、同じことが起こった反省からです。

 3つ目は、下水道管の修理、そして物置の弁償として彼が30万円を支払うこと。4つ目は、今後、業者が庭のものを壊した場合、業者が責任をもって原状回復すること。あらゆる方法を検討しても原状回復がかなわない場合、損害賠償金を支払うこと。過去の経緯を考えると、業者がまた別のものを壊してもおかしくないからです。

 5つ目は、2トンを超える車両は庭に停車しないこと。近所の住民に注意して慎重に運転すること。6つ目は、過去の通行料として80万円を彼が責任をもって支払うこと。7つ目は、月10万円の通行料を工事が終了する月まで彼が支払うこと。

 そして、1から7の内容に違反した場合、通行の許可を取り消し、今後は一切許可しないという厳しい内容でした。諸悪の原因は彼との話を口約束で済まし、書面化しなかったことです。そのため、これらの内容を契約書に起こし、彼と業者が自筆し、実印を押印し、印鑑証明を添付することを条件としたのです。

 しかし、法律の根拠があるとはいえ、彼が素直に従うはずがありません。「オバサン! 金、金ってうるせえなあ。親戚から金を巻き上げるなんていい度胸しているじゃないか?」と意味不明逆ギレしたのです。

 果歩さんには、とっておきの切り札がありました。当初の約束で、通行の許可は1年間でした。しかし、昨年は度重なる巨大台風、そして、今年は昨年の台風や新型コロナウイルスの影響で工期が大幅に遅れている模様。予定通りなら6月に完成するはずが、9~10月までかかる様子です。もし、果歩さんが期間の延長を拒んだらどうなるでしょうか。

 無許可で庭を通行した場合、不法侵入罪(刑法130条)に抵触する可能性があります。もちろん、果歩さんの庭ではなく別の道を使えばよいのですが、その場合、大型の車両を使うことができず、ますます完成は遅れるでしょう。

 それを踏まえた上で、果歩さんが、彼の家が完成するまで通行の許可を延長する代わりに契約書に署名押印することを求めた結果、最終的には彼が折れ、彼は工期の短縮、果歩さんは署名押印済みの契約書を手に入れることができたのです。

 彼が果歩さんの目に入らないところに住んでいるのなら、もっと厳しく対処することができたでしょう。法律に違反しているのは彼の方なのです。彼(+業者)は8カ月分の通行料を支払っていないだけでなく、壊した下水道や物置を直しておらず、賠償金も支払っていません。

 そのため、果歩さんは彼(+業者)を相手に損害賠償請求の訴訟を裁判所へ提起することも可能です。もちろん、弁護士の名前で工事の中止や通行料の請求などを行うことも可能です。「警察」「裁判所」「弁護士」という辛辣(しんらつ)な言葉を並べ、内容証明郵便を送り付け、徹底的に圧力をかければよいわけ。内容証明は、裁判の一歩手前の段階で送付する最後通告です。相手が従わなければ「出るところに出てやる」という意味です。

 しかし、今回の場合、親戚相手に「出る」ことができないのだから、相手に甘く見られるのがオチです。しかも、果歩さんは今まで散々角が立たないように気を使ってきたのに、ここで過激なやり方に切り替えると、今までの我慢は水の泡です。なるべく穏便に収められるよう、言葉の強弱に気を使わなければならず苦労しました。

 果歩さんの隣人が彼ではない、もう少しまともな人間だったら、このような目に遭うことはなかったでしょう。彼は一度、中学校の教師を務めていますが、教師と生徒との間には明らかな上下関係があるので少々の身勝手は黙認されたのでしょう。当時の癖は抜けず、自分以外は目下という感じで理不尽な態度を取ったのかもしれませんが、学内のやり方は世間では通用しません。

 このように、理不尽でわがままで非常識な人間に振り回されたのは不運としか言いようがありません。とはいえ、夫が先祖代々、住み続けてきた家を「隣の若造が気に入らないから」という理由で捨てるわけにはいきません。残念ながら、彼が出て行かない限りは、ご近所さんのままです。あとは、予定通りに新しい家が出来上がることを願いつつ、彼と接点を持たないように暮らしていくしかありません。

露木行政書士事務所代表 露木幸彦

理不尽な「隣人」に悩まされ…