4月24日TBS系で放送された『金スマ波瀾万丈特別放送 YOSHIKI 衝撃の半生で知った、生きる意味』が、最高視聴率19.4%を記録した。

 2年前の放送を再編集した同番組では、父親の自殺やメンバー2人の死、 X JAPANの結成や崩壊、そして復活のストーリーなど、 YOSHIKIの壮絶な生きざまが明らかに。その衝撃的な過去に加え、 YOSHIKIがLAから送ったメッセージに感動する視聴者が続出し、最高視聴率19.4%、平均視聴率15.1%と、再放送としては異例の数字を叩き出した。

 番組終了後のSNSでは、初回放送時と同様“YOSHIKI”がトレンドワード入り。「号泣しました。私も人生を精一杯生きようと思わされた」「神様、 YOSHIKIさんに試練与え過ぎでしょ」「死を決して無駄にせず、亡くなられた方のために生きようとする姿勢は人として素晴らしいと思いました」「YOSHIKIが作り出す音楽は何にも変え難いものがある。それはメンバーの死や脱退など、様々な痛みや苦しみを経験し、乗り越えてきた彼だからこそのものだと改めて感じた。そんな彼が発信するメッセージもまた、ファンのみならず世界中の人々に寄り添っているかのように思える」といった書き込みも見られた。

 身近な人の死を何度も経験し、時には挫折を繰り返しながらも、活動の舞台を世界という場所に広げ、今もなお挑戦を続けるYOSHIKIの雄姿は、日本中に感動の嵐を巻き起こした。新型コロナウイルスという未知の脅威が身に迫る中で語られたYOSHIKIの波乱万丈の人生が、結果的に多くの人に希望を与える形となった。

 番組では、X JAPANの名バラードENDLESS RAIN』がYOSHIKIピアノストリングスにより披露され、MCの中居正広をはじめ出演者たちも感動の面持ちで聴き入っていた。

YOSHIKIが父の自殺やHIDEとTAIJIの死を回顧、『金スマ』特番が最高視聴率19.4%記録