800_20200423103900415_0002.JPG

 女優の本田翼さんが、ファッション誌「SPRiNG(スプリング)」(宝島社2020年5月号の表紙を飾っている。ロエベのデニムトラウザーにフレアシャツを合わせたスタイルで、メンズライクな雰囲気がかっこいい。

写真は、本田翼さんが表紙を飾る「SPRiNG」(宝島社2020年5月号

 本田さんは特集「みんなのデニム白書2020」の中にも登場している。デニムを着るときは、「デニム×女らしさが着こなしのマイルール」としている。デニムに合わせるメイクは目元とリップをオレンジ系でそろえたワントーン。今はセルヴォークのリップがお気に入りなのだとか。

写真は、「SPRiNG」

 「SPRiNG」5月号の付録は、人気ブランドアダム エ ロペ ル マガザン」のモノグラム柄ショルダーバッグ。サイズは、高さ約21センチ、幅約15センチ、マチ約6センチで、ショルダーストラップは最長で約121センチになる。フロントポケット付きで、スマホや鍵などの収納もしやすい。トレンドのモノグラム柄はデニムコーデに合いそうだ。

増刊の表紙はクロエのセットアップ姿! 付録は「にゃー」のポーチ2点セット

 「SPRiNG」5月号は、表紙と付録が違う増刊号が同時発売されている。増刊号はセブンイレブンセブンネットショッピング限定発売で、誌面内容は5月号に対し一部掲載していない記事がある。表紙はクロエセットアップを着た本田さん。白いチューブブラとビンテージ感のあるサンダルを合わせてレトロっぽい上級コーデを着こなしている。

写真は、「SPRiNG」(宝島社2020年5月号増刊

 増刊の付録は、デザイナー高島一精さんによるブランド「ネ・ネット」から生まれたキャラクターにゃー」のポーチ2種。顔形のピンクのポーチはモフモフでずっとなでていたくなるような触り心地だ。しっぽ付きなのがかわいい。レザー調のブルーのポーチはペンケースとして使える。各サイズは、顔形ポーチは高さ約12.5センチ、幅約16.5センチ。レザー調のポーチは高さ約8センチ、幅20センチ

写真は、「SPRiNG」

 特集では、この春注目されている「アイスブルーデニム」の着こなし方も提案している。デニムスタイルマンネリを感じているなら、「SPRiNG」5月号をヒントオシャレを楽しんでみては。


  • 書名:  「SPRiNG」2020年5月号
  • 監修・編集・著者名: SPRiNG 編集部
  • 出版社名: 宝島社
  • 出版年月日: 2020年4月22日
  • 定価: 通常号本体 891円+税、増刊号本体1,082円+税

BOOKウォッチ編集部
本田翼のデニムコーデがハンサムすぎる! 付録は「アダム エ ロペ」か「にゃー」両方かわいい