4月22日(水)、NMB48メンバーである村瀬紗英の1st写真集『Sがいい』が発売されました。発売前から重版が決まったほど、スタートも好調です。

確かに美人ですが、NMB2期生として加入してから9年目。本店であるAKB48の選抜に選ばれた経験もなく、選抜総選挙でも最高順位39位と決して高いとは言えない順位しか獲ったことのない23歳のメンバーがなぜ今注目されるのでしょうか。

 

関連記事:入山杏奈が大変革! メキシコに渡って1年半 すっかりラテンの色気が身に付いた強烈セクシーな今 | TABLO

 

一つの要因が、同年代女性からのファッションに対する支持です。

彼女は、自身でファッションブランド「ANDGEEBEE(アンジービー)」をプロデュースするほどファッションへの関心が高く、発信力においてもSNSの総フォロワー数が130万人を超えるほど。ファッションコーディネートをアップするアプリ「WEAR」では、74万人近いフォロワーを抱えています。

ただ、これも単純にセンスが良いというだけではなく(「#ムラセンス」と呼ばれるらしい)、他のメンバーとの違いをつけようという思いから投稿を始め、4年近くも継続している彼女の努力から生まれた結果なのです。

もう一つの要因は、ルックスが時代にはまったこと。

ここ3、4年ほどで、アイドル界では乃木坂46を筆頭にした「美人なお姉さん」が人気の主流となっています。それ以前は、全盛期AKBももクロなどの「可愛くて元気な女の子」が主流だったことからも分かるように、「時代が変わった」と言えます。

これだけでも、23歳になって美人顔に成長した彼女には好機でした。

さらに追い風になったのが、2018年AKBと韓国オーディション番組「PRODUCE48」への出演。韓国のアイドル少女時代TWICEを見れば明らかですが、とにかく「スタイルの良い美人」が売れます。ここで彼女のルックスが韓国でドハマりしました。

デビューこそ逃したものの、他のAKBグループメンバーが次々落選していく中、最終審査直前までいく大健闘。たどたどしい韓国語を喋る日本から来た美人に、多くの韓国人ヲタが熱狂しました。

 

参考記事:セクシーすぎてドキドキ… NMB48の渋谷凪咲が天然キャラを封印して黒ワンピース水着を披露 | TABLO

 

いつまでもネクスト前田敦子を探し続け、低迷していくAKB48グループ。ここいらで、時代(需要)に合ったメンバーで攻勢をかけにいくのもありなのでは。

9年間ノースキャンダルで頑張り続けているアイドル。そういう子を推していきませんか? 運営さん。(文◎鷹藤真美)

 

あわせて読む:「元モー娘。」史上初「ヘアヌード」写真集の波紋! <ハロオタは反応しない><今さら感が強い><福田明日香って誰?>…散々な反応!? | TABLO

 

写真はイメージです。