新型コロナウイルスの流行による「緊急事態宣言」は13都道府県が対象となり、日常生活の多くで「不要不急」の行動自粛が求められている。このことは同時に、現在、過剰な負担が強いられている医療現場への配慮もあって、「不要不急」の通院についても自粛が求められる事態となっている。

JBpressですべての写真や図表を見る

 これに当惑しているのが、がん患者だ。すでに、がん患者のさまざまな診察や治療が延期されはじめているのだが、そのことで治療中や経過観察中のがん患者やその家族らに不安が広がっているのだ。

 4月21日、一般社団法人Cancer X主催による「新型コロナ感染症の拡大を受け、がん患者・家族が知りたいこと」と題したオンラインセッションが開催された。医療従事者など7名が登壇し、患者や家族など当事者、医療従事者、企業や行政関係者などの質問に答えながら、コロナ禍での情報と対策を話し合った。

 がん患者やその家族などにとって、多くの示唆を与えてくれる内容だったので、その一部を紹介したい。

がん患者の感染リスクと重症化リスクは高いのか

 コロナウイルス感染により亡くなった女優の岡江久美子さんが、昨年末に乳がんの手術、そして今年2月まで放射線治療を受けていたことが報じられた。岡江さんが発熱を訴えてから重症化するまでの期間が短かったことから、放射線治療の影響で免疫力が低下していたことが、感染と重症化のペースが速かった原因ではないかという不安が広がっているが、4月25日に公益社団法人 日本放射線腫瘍学会が「早期乳がん手術後に行われる放射線治療は、体への侵襲が少なく、免疫機能の低下はほとんどありません」という声明を発表した。

(参考)https://www.jastro.or.jp/customer/news/20200425.pdf

 このオンラインセッションは岡江さんが亡くなる前に開かれたものだが、「がん患者は新型コロナに感染しやすいのか、重症化しやすいのか? また感染によってがんが進行するのかどうか?」といった疑問が参加者から寄せられた。この基本的な疑問について、アラバマ大学バーミンハム校 脳神経外科 助教授大須賀覚氏は「新型コロナの感染が始まってまだ4カ月という時点で、十分な科学的データがそろっておらず、わからない」としながらも、「他の感染症でのデータから推測が可能」と語った。

 すでに血液腫瘍患者や、肺がんで放射線治療を受けている患者は感染リスクが高いだろうという指摘もあるが、一般的にがん治療中は免疫機能が低下する傾向ある。化学療法などで骨髄抑制、白血球減少がある場合や造血幹細胞移植を受けた人は、通常のインフルエンザでも注意が必要とされている。

「自分の感染症リスクがどの程度なのか、主治医に聞く必要がある。そこでリスクが高いと言われたらかなり気を付けたほうがいい」(大須賀医師)

 また通院中の患者にとって気になるのは、通院の際の感染リスクだ。通院のための公共交通機関での移動や、陽性患者がいるかもしれない病院にいることでも高まると考えられる。これについて、北里大学病院集学的がん診療センター長佐々木治一郎氏はこう述べた。

インフルエンザが流行する時期には注意するよう言いますし、患者さんも用心するのであまりり患しない。感染リスクが高いとわかっていれば、しっかりと防御できるのではないか」

 がん患者の重症化リスクについて、日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之氏は中国の最新報告から、高齢者や心血管障害の合併している人に比べて致死率が特に高いわけではないが、「やや重症化しやすい傾向にあると言えるかもしれない」と述べた。

<中国での新型コロナの致死率>
がん患者 7.6%
一般 2〜4%
80歳以上の高齢者 21.9%
心血管障害合併 9.2%

治療の副作用なのか、新型コロナの感染症状なのか

 がんの化学療法、いわゆる抗がん剤治療の副作用には、発熱・貧血・出血・吐き気・口内炎・下痢・味覚の変化・脱毛・皮膚の障害などがある。新型コロナ感染の初期症状には、鼻水や咳、発熱、軽い喉の痛み、筋肉痛や倦怠感など、風邪のような症状が生じる他に下痢や嗅覚・味覚障害が起きるといわれており、似た症状が少なくないために患者からは「副作用なのか、感染なのかわからない」という不安の声が上がっている。

(参考)https://medicalnote.jp/contents/200221-005-PT

 テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの乳腺腫瘍内科教授の上野直人氏は、自身ががんになった経験を持つ。その経験を踏まえてこう語った。

「普段の自分の体をバロメーターにすることが大事。副作用が出現した時、あるいは風邪をひいてしまった時にどんな状態になるのかに比べて、おかしいと思ったら感染を疑うといいのではないか」

 しかし、患者が副作用によるものか、感染によるのかを区別するのは難しく不安も大きいので、主治医や今かかっている医療機関に連絡するのがよい。北里大学病院では、がん患者は通常の手続きである「一般の帰国者・接触者相談センター」への相談はしなくてよいとしている。また、勝俣氏は化学療法中の患者に対して好中球減少による発熱の予防薬GCS-F製剤を併用し、平常時よりも発熱を軽減する処置をしていると述べた。

治療や手術の延期は大丈夫なのか

 いまがん患者やその家族が気にしていることの一つは、治療や手術の時期ではないだろうか。

 現在、コロナ患者を受け入れていない病院でも感染症以外の治療がしにくくなっている。治療を受けることや通院で患者の感染リスクが高まる可能性もあるし、そもそも病院側の医療資源がギリギリの状態だからだ。

不要不急」と言われると不安が募るばかりだが、免疫を下げる治療や通院でのリスクを上げてしまう、あるいはベッド人工呼吸器など医療資源が十分でないなどの「リスクとベネフィット」を考えての判断であり、患者一人ひとりの治療の必要性と緊急性を経過を見ながら主治医が判断している。

 これについて前出の大須賀氏は「効果の高い治療ほど早くおこなわなければいけないケースもある。患者や家族が延期を判断するのは危険なので、必ず主治医に相談してほしい」と強調した。

 治療延期が感染リスク回避のためなのか、病院の状況が逼迫しているからなのかによって患者が納得する度合いも違ってくるだろう。患者側が「どういう理由で延期されるのですか?」と主治医に尋ねることも大切だ。自分の治療について納得できるかどうかは、通常のがん治療においても重要である。医師や看護師など治療スタッフコミュニケーションをしっかり取ることができれば、安心と信頼につながるので、遠慮や忖度なしに納得できるまで、医療者とコミュニケーションを取ってほしい。

さらに重なる心の負担をどうするか

 感染リスクが高いがん患者は、一般に言われる手洗いアルコール消毒、マスクに加えて、帰宅時に衣服を脱いで居室に置かない、すぐシャワーや風呂に入ることも推奨される。高リスク者であることを認識してできる限りのことはするべきだが、がん患者とその関係者の心のケアをおこなうマギーズ東京センター長の秋山正子氏は、「心配のあまり緊張しすぎの状態が続いている人が増えているのではないか」と懸念する。外出を控えることで食事が取れなくなったり、運動量が極端に減ったりなどして体への負担が出てくるため、ストレスマネジメントが重要になるという。

 ただでさえ、がんになると心理的にさまざまな負担が生じる。その支えの一つとして患者やサバイバー、家族などが互いに支えあう「ピアサポート」がある。医療現場以外での当事者同士の支え合いは、これまでも重要視されてきたが、さらなる不安を抱えたこの時期に患者会がオンラインでの交流会を開設したり、回数を増やすなどの対応を始めている。がんサバイバーである筆者も参加しているが、医療が答えを出してくれない不安を話し合うことで、「独りではない」「他の人にもある無理からぬ不安なのだ」という安堵を得られる人が多いと実感している。

 今回の参加者が小グループに分かれて話し合うブレイクアウトセッションでは、「ピアサポート」のマッチングを行うことで、当事者同士がつながりやすくなるのではないかという提案も出た。がん患者は多種多様な病気や生活背景があるため、できるだけ「話の合う」人とつながることができれば、より良いサポートになる可能性があるだろう。

 ただ、誰もがオンラインの環境を持っているわけではなく、IT機器を持たない人や患者会等に所属していない人たちが取り残されていく可能性が高い。そういった人たちが病院に来てしまうことで、感染リスクや医療現場が負担を増してしまうことも考えられるので、旧来の電話やファクス、手紙などもフル活用していく必要性があるだろう。通常であれば対面で話す場を提供するマギーズ東京も、現在では電話やメールのみで対応している。全国のがん診療連携拠点病院などに設置されている「がん相談支援センター」では、電話窓口を設置しているところもあり、相談を縮小しているところもあるが、不安な時、迷ったときには活用してもらいたい。また、規模の大きな病院は代表電話がつながりにくくなっていることが多いので、直通番号が記載されている場合はそちらにかけていただきたい。

(がん相談支援センター
https://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopSoudan?OpenForm

 ただし、患者会でも多くの電話相談窓口が混みあっているため、オンラインを活用できる人は、そちらを優先したほうがよいだろう。

最期が近づいている人たちにどんな対応できるのか

 現在は、多くの病院や施設が入院患者の面会制限を設けている。その中には終末期を過ごす人たちもおり、患者や家族はさらなる苦悩にさらされている。

 秋山氏は「せめて、携帯電話などの持ち込みを許可して、ビデオ通話をしたり会話が困難でも互いの顔を見せ合うことができるのではないか」と提案した。顔を合わせ声をかけ、手を握りたい終末期にそれができない場合に、何をできるのかが問われる局面だ。残り少ない患者の時間が孤独なものでないように、頻繁に写真を見せたりIT機器で対応するなど、医療従事者にとっても新たなかたちでの支援がいっそう必要になるだろう。

 今はまだ「その時」でなくても、治療が無くなった時間を旅行や外出で過ごすことが叶わなくなった患者の悲痛な訴えもある。これまで「必要火急」であったことが実現できない状況で、患者や家族、医療従事者がどうやって悔いのない時間をつくることができるのかは、模索中でもあり刻々と変わりゆく。現在のところ、陽性でなければ面会を認めている医療機関や施設もあるので、確認を重ねることが重要だ。

 そして、急に「その時」が来たとしても悔いが少ないように、日常から関わり方やコミュニケーションを考え直す時でもある。

高リスクの人は、近くにいるかもしれない

 がんの治療中でもリスクの高低はさまざまであり、一見すると病人に思えない人もいる。治療中であることを周囲に打ち明けていない人もいる。「不要不急」と「必要火急」のはざまで、患者と家族など身近な人たちがどんなに細心の注意を払って対策をしても、感染のリスクをゼロにできないのが新型コロナの恐ろしいところだ。リスクをできるだけ抑えるためには、健常な人たちが「感染を拡大しない」ための配慮を続けていくことに大きな意味がある。いま、命を懸けた病と向き合っている人たちのために。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  なぜマスク不足はいつまでたっても解消されないのか

[関連記事]

自宅ですぐできる肩こり・腰痛に効く簡単ストレッチ

自分の人生の閉じ方、何をどう決めておけばよいのか

*写真はイメージ