11月3日の投票日まであと半年と迫った米大統領選挙。本来は選挙戦真っ只中の時期だが、いま国民の最大の関心事は当然ながら新型コロナウィルスだ。とりわけアメリカは現在のところ世界で最も悲惨な状態にある。

 そんな中で、アメリカ政治の舞台に注目を一身に集める彗星が現れた。

 アメリカ最大のホットスポットとなっているニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事(62)である。毎朝開催されるクオモ知事の記者会見は、スライドやグラフを多用した「クオモ方式」と呼ばれ、いまや全米に影響を与えるまでになった。

 クオモ知事の一挙手一投足は、大統領選挙の候補者のように注目を集め、民主党候補者としてジョー・バイデン前副大統領(77)の指名が確実となっている今でも、「クオモを民主党大統領候補に」との声が相次いでいる。大統領選挙の動向を左右する最大のファクターが「アンドリュー・クオモ」だと言っても過言ではないのだ。

コロナウィルスで対決する「トランプVSクオモ」

 アメリカにおけるコロナウィルスに関する政策論争も、トランプ大統領(73)とクオモ知事の応酬が中心にある。コロナ対策についても「人命第一」とするクオモ知事と、「経済」を動かすことに重きを置くトランプ大統領とのやりとりが、全米を動かしている。

 トランプ大統領は本能的に「今の敵はクオモ」と判断したのだろう。いまではバイデンではなく、クオモ知事をアタックの対象にしている。「トランプ対クオモ」が前面に立っていて、「対バイデン」は鳴りを潜めている状態だ。

 トランプの「大統領が全てを決める権限がある」というツイートに対して、クオモ知事が定例会見で「アメリカに王様はいない」と切り返して大きな話題となったこともあった。ちなみに、バイデンも「私はキングになるために大統領選挙を戦っているわけではない」と割って入ったが、コロナ対策の最前線にいる2人の戦いには参戦できず、蚊帳の外だった。

 4月13日から15日にかけてNBCニュースなどが行った新型コロナウィルスに関する世論調査によると、「クオモ知事を信頼する」が46%、「信頼できない」が17%。一方、「トランプ大統領を信頼する」は36%にとどまり、「信頼できない」が52%。ちなみに、「バイデン氏を信頼する」26%、「信頼できない」29%、一番多かったのは「よくわからない」の45%だった。

 バイデンは、トランプが「寝ぼけたジョー」とあだ名をつけるほど、少々退屈なキャラクターだ。オバマクリントンのように、カリスマ性をもって熱狂を作るタイプではない。そのため、本人が参戦をいまのところ否定しているのに、クオモ知事の「民主党候補者待望論」が止まない。

 トランプ対クオモ(バイデン)というのが、今の大統領選挙の構図である。

「クオモ知事に恋に落ちた」

 今、全米が熱狂する「クオモ知事」とはどんな人物なのだろうか。

 3月の終わり、政治・経済の固い記事が並ぶYahoo.comニュースに「私のボーイフレンドアンドリュー・クオモの新しいガールフレンドアメリカ」という目を疑うようなタイトルが登場した。クリックすると、ニューヨーク州のクオモ知事に関するマリー・クレールの記事(3月26日)の記事だった。

 この記事の筆者である、3時間のトークショーを持つ人気コメディアンミシェル・コリンは、自己隔離の日々の中、毎朝11時に行われるクオモ知事の会見を見て、完璧なリーダーシップを持つ彼に「私は恋に落ちた」と書いている。

 クオモ知事が全米で初めて都市を封鎖した。誰もやったことがないことを、経済封鎖とは真逆のイメージがあるニューヨークで宣言し、しかも、皮肉屋と言われるニューヨーカーが静かに従っている。クオモ知事が「私の責任でエッセシャル(生活や健康に必要不可欠)な仕事以外は封鎖する」と宣言した時、老若男女問わず、全米の多くの人々はクオモ知事に恋に落ち、ついていこうと決めたのだ。

 その真剣な表情と声音には偽りがない。この人だったら「守ってくれる」「信頼できる」と多くの人が確信を持ったのである。

 今や日本で当然になっている、“ソーシャル・ディスタンシング(身体的距離の確保)”スタイル記者会見では、真剣な表情で嘘偽りのない状況を話しているように見える。さらに、「責任は私にある」と語り、できることを全うする姿勢を見せている。トランプ大統領に連邦政府の援助を要求し、軍の病院船を接岸させる。もはやクオモ知事の前では、「ニューヨークの経済が死んでしまう」と反論する者はいないのだ。

 有名人たちも黄色い声を上げている。

 ハリウッドスタージェイダ・ピンケット・スミスは、クオモ知事の毎日の記者会見を必ず見ていて、“セレブリティクラッシュ(有名人に夢中になること)”中だと告白している。また、コメディアンのチェルシアハンドラーは、VOGUE誌に「あなたのファーストレディ」になりたいとラブレターを書く。

 クオモ知事の義理の妹も、「『パンデミックが終わったら、お義兄さんとの食事をセットして』と友達に言われ続けている」と語っている。

 クオモ知事がモテるのには一つ理由がある。それは、彼は62歳にして独身に戻ったばかりだからだ。映画「ゴッドファーザー」の中のアル・パチーノを彷彿させる、最も結婚相手に望ましい(eligible man)ニューヨーカーなのだ。

 昨年9月に15年間パートナーだった料理研究家のサンドラ・リーと別れたばかり。その彼女も最近は「私は今もクオモ知事と最も近い関係にある。いつも話しているし、死ぬまであなたが必要とすれば私はいる」とインタビューで答えるなど“私の男だ”と必死でアピールしているのだが。

 さらに遡れば、クオモ知事はロバートケネディの娘であるケリー・ケネディと結婚していて、2人の間には3人の娘がいる。

 ちなみにクオモは今一番辛いことは、「母親と娘3人に会えないこと」だと答えている。「お母さん」が出てくるところは、なんともイタリアアメリカ人らしい。

「クオモ・ファミリー」というリアリティショー

 この1カ月あまり、朝から晩まで「クオモ」という名字が全米のマスコミを席巻している。

 多くのアメリカ人は、朝はアンドリュー・クオモ知事の定例会見でニューヨークでの感染拡大の現状を知り、そして夜はCNNニュース番組「クオモ・プライムタイム」で全米の最新状況を知る――クオモ知事の実弟、クリス・クオモ(49)はCNNの人気アンカーなのだ。

 ハンサムな弟のクリスは、新型コロナの問題が持ち上がるまで、男らしいが“男前”とまでは言い難い(?)兄に比べて、“ホットな方のクオモさん”と言われてきた。

 そのクリスが4週間前にコロナウィルスに感染した。そして日本では考えられないことだが、クリスは自主隔離している自宅地下から連日放送を続け、自分の体の状態を伝え続けたのだ。

 クリスは「熱のための悪寒でがちがちと震え、歯が欠けた」などと、自分が体験している症状について、地下室から語る。クリスが番組を休んだ日には、全米の視聴者が気をもんだ。

 いまや朝は兄が記者会見で医療現場の窮状を語り、夜になると弟が、入院が必要とされない軽症でもどれほど大変なのか、その病気の実態について身体を張って伝えているのである。

 クオモ知事はクリスの感染後も、同番組にしばしば登場している。

 クオモ知事は、クリスを「私の小さな弟」と呼び、落ち着いた真っ直ぐな眼差しで、愛おしさを含んだなんとも辛そうな感情を隠しきれない。一方のクリスも、13歳年上の頼りになる兄に会った安心感のような、甘えた雰囲気を醸し出している。見ていると、私の方まで自分の弟を思い出し胸が痛くなるような2人の表情だ。

 アメリカでは回復後72時間熱が下がると、“コロナに打ち克った”とされるが、クリスは60時間で熱が再発した。その直後の放送で、クリスがクオモ知事に「ニューヨークの状況は?」と尋ねると、兄はその質問を遮って「まずお前の体からだ。どうした、調子が良くない顔しているな。シャツもだらしなく着ているし」と返した。

 クリスは、アンカーの立場から素の表情になり、下を向いてシャツの2つ目のボタンをしめて、一生懸命に引き締まった表情を作った。そして、「一番起きてほしくないことが起きた」と語りはじめ、クリスの妻が感染したことを明かした。

 クリスと妻は症状が全く異なるため、クリスに抗体ができていない可能性もあり、別々の場所で自己隔離していること、その間は長女が両親と自分たちの面倒を見ると語っていた。

 世界最大のリアリティショーイギリス王室だとすると、今やアメリカ最大のリアリティショーは、クオモ家だ。

 2人の父親であるマリオ・クオモは元ニューヨーク州知事。さらに、兄・クオモ知事の最初の妻は先述の通りケネディ家出身。そういう意味で、クオモの家系は「民主党セレブ」といっても過言ではない。

トランプ共和党内支持率は95%?

 トランプ大統領は、有利な選挙戦を進め、トランプを熱愛する“トランピアン”は、ますます足場を固めている。

 このコロナウィルスパンデミックの中で、トランプ大統領共和党内の支持率が過去最高の95%にまで上昇していると喧伝されている。資金面でも、トランプはバイデンに対して約200億円(1億7800万ドル)も先行している。バイデンが今から投票日まで毎日100万ドルずつ積み上げても追いつけないほどの差だ。

 だが一方で、新型コロナウィルスの感染拡大は、あまりにも大きな不確定要素だ。新型コロナウィルスは世界の景色を変えた。いまや、握手して、話を聞き、ハグするというスタイルの選挙はアメリカにはない。4年に1度の政治的祭典である夏の全国党大会の開催も危ぶまれている。

 つまり今回の大統領選挙は、これから何が起こってもおかしくない選挙なのである。

トランプとクオモは共通点だらけ

 そこで注目したいのが、クオモ知事は、意外にもトランプ大統領と共通項が多いという事実だ。

 2人ともニューヨーク市のクィーンズで生まれ育っている。どちらも戦前にヨーロッパから移民してきた家系である。トランプは祖父がドイツからアメリカに移民し、母はスコットランド出身でスコットランドの言葉が母国語だ。父親は不動産業界で名を挙げたが、商売の対象はどちらかというと貧しい人たちだった。クオモ家も、祖父の時代にイタリアのシシリー島から移民している。ゴッドファーザーマフィアではなく政界に進出したケースである。

 どちらもアイビーリーグの大学ではなく地元マンハッタンの大学に通っている。トランプもクオモ兄弟も同じ、マンハッタンにあるフォーダム大学の門をくぐっている。トランプは最初の2年をここで過ごし、クオモ知事はここを卒業している。そして弟クリスは同校のロースクールで学んだのである。

 クオモ知事の専門は街づくりである。クリントン政権時代には住宅都市開発長官を務めている。トランプ家は実業家として、クオモ家は政治家として、住宅と街作りに取り組んでいる。

 まったく違うタイプ政治家でありながら、依って立つところは近いのだ。

 新型コロナウィルスとの戦いが収束しないとなると、当然ながらトランプへの不満は出てくる。そうなれば、トランピアンはクオモ支持になってもおかしくないのである。

 クオモ自身の出馬は不透明だが、しばらくは候補でない彼の動向が大統領選の行方を左右していくことになるだろう。

(横江 公美/Webオリジナル(特集班))

「いまからでも大統領候補に」との呼び声が高いアンドリュー・クオモ知事 ©getty