Electronic Artsのスポークスマンは、海外メディアIGNを通じて、バトルフィールド』最新作2021年リリースされる見込みであることを明らかにした。

 最新作は、2019年10月の投資家向け説明会で同社のCEOアンドリューウィルソン氏により、2021年4月1日から2022年3月31日までにリリースされることが伝えられていた。

(画像は『Battlefield V』公式Twitterアカウントより)

 今回の情報は、DICEが手掛けていたバトルフィールドVStar Wars バトルフロント II』の大型アップデート終了についての話の中で、EAのスポークスマンより明らかにされたという。『バトルフィールドV』の大型アップデート6月で終了し、『Star Wars バトルフロント II』ではコンテンツ追加型のアップデートからは離れていくことが、先日それぞれ告知されていた。

 スポークスマンはコンテンツの追加こそないものの両作のサポートを今後も続けていくとあらためて約束した上で、「長期的には、スタジオDICE)は『バトルフィールド』の未来を2021年プレイヤーに届けることにフォーカスしています」と伝えている。

 CEOのアンドリューウィルソン氏は2019年10月の投資家向け説明会で、この新作が「おそらく『バトルフィールド6』と呼ばれる」と説明したほか、当時はまだProject Scarlettと呼ばれていたXbox Series Xや、PlayStation 5でのリリースも示唆していた。ゲームの舞台設定などは未発表だが、投資家説明会を取材したPolygonの報道によれば、マルチプレイソーシャル、競技性などの面で『バトルフィールド6』はシリーズにとって大きな革新になるとされている。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros