複数の韓国メディアは6日、サッカーの韓国代表が来月6日に予定していたイランとの親善試合が、イラン側の一方的な都合でキャンセルされたと伝えた。

  韓国サッカー協会の関係者はメディアインタビューに、「ほかの日程があることを理由にイラン一方的に親善試合をキャンセルした」と明かした。韓国協会は、イランに抗議し公式の文書を提出するよう求めたが、今のところイラン側から何の返答もないという。関係者によると、親善試合の約束は両国の協会長が簡単な合意書を交わした程度で、一方的キャンセルしてもペナルティーは生じないという。

  韓国によってイランとの親善試合は「雪辱戦」でもあった。6月に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選で対戦した際には、試合前に両チームの監督が舌戦を繰り広げ、険悪なムードが流れる中で行われた試合では韓国が0−1で敗れた。試合後は韓国代表のスタッフイラン選手を暴行するという騒動を起こしたり、イランが韓国サポーターマナーFIFAに提訴するなど数々の「場外戦」が勃発した。

  韓国メディアは、イラン一方的キャンセルにより、韓国のサッカーファンが期待していたイランとの雪辱戦は次の機会にお預けになったと伝えた。

  一方、イランとの親善試合が中止となったことを受けて、韓国協会はAマッチ期間に合う新しい対戦相手を探している。しかし残された期間が少ないことや、アジア以外の地域では9月からW杯予選が行われることから、ある程度の水準を持つ対戦相手がなかなか見つからない状態だ。もし対戦相手が見つかっても、場所の確保、チケット販売なども考慮すると時間は完全に足りないという。(編集担当:新川悠)(イメージ写真提供:123RF)