1970年代中心の児童向けドラマ番組(子供向け特撮番組を含む)に登場した「憧れのお姉さん(子供向け番組のヒロイン)」たちを振り返ってみましょう。筆者は、コメットさん(大場久美子)見て下半身に電流が走ったことを思い出しました…。ぜひ70年代の子供の頃に戻った気持ちで眺めてください。

坂口良子 / テレビドラマ(坂口良子版)『サインはV!』ほか

坂口良子 / テレビドラマ(坂口良子版)『サインはV!』

坂口良子 / テレビドラマ(坂口良子版)『サインはV!』

(新)サインはV(1973年、TBS・東宝) - 江川ゆか

1969年版のテレビドラマはTBS系で放送。実写スポ根ドラマ(スポーツ根性ドラマ)の草分け的番組。大人から子供まで広い年齢層に熱狂的な支持を受け、最高視聴率39.3%、平均視聴率32.3%を誇る大ヒット・ドラマとなった。その後1973年版もTBS系で放送されている。
出典 twitter.com

サインはV ? 坂口良子

1973年版 オープニング主題歌
「サインはV」(作詞:岩谷時子、作曲:三沢郷、編曲:青木望)
歌:坂口良子
獄門島 (1977年、東宝) - 理髪店の娘・お七

坂口良子は、『前略おふくろ様』などの作品が当たり、1970年代はアイドル的扱いをされていた。70年代後半には「犬神家の一族」や「獄門島」など市川崑作品を中心に映画出演も多い。

林寛子 / がんばれ!レッドビッキーズ

林寛子 / がんばれ!レッドビッキーズ

林寛子 / がんばれ!レッドビッキーズ

江咲令子(監督)(演:林寛子)は、桜ヶ丘高校に通う高校2年生。野球部のマネージャーだったが、女なのでベンチ入りさえできないことに反発し、少年野球チームのレッドビッキーズを結成。後に野球部も退部した。野球の理論には精通しているが、自分ではノックができない。

レッドビッキーズは、テレビ朝日系列で放映されたテレビドラマシリーズ。女監督と少年野球チームの活躍を描いた作品。『がんばれ!レッドビッキーズ』は、1978年の1月6日から同年12月29日まで放送された。石森章太郎原作のスポーツドラマ。
出典 www.amazon.co.jp

がんばれ!レッドビッキーズ予告編集1

斉藤とも子(1代目監督)、山田由紀子(26話より2代目監督) / それゆけ!レッドビッキーズ

『それゆけ!レッドビッキーズ』の「星野ゆかり」(初代監...

『それゆけ!レッドビッキーズ』の「星野ゆかり」(初代監督 )/ 演:斉藤とも子(第1話~第26話)

それゆけ!レッドビッキーズは、1980年8月29日から1982年3月28日まで放送。全77話。第52話まではテレビ朝日の制作。好評だったため朝日放送の希望で制作が半年延長され、第53話以降は制作局が同局に変わり]、放送時間も移動(金曜19時台後半 → 日曜19時台前半)した。
出典 twitter.com

それゆけ!レッドビッキーズ 比較オープニング

ポパイ / 高原樹理(2代目監督):山田由紀子(第25話~)

山田 由起子は、中学、高校時代は体操部に所属。県大会で入賞した実績あり。また地元の教育委員会による子供会ではその代表としてボランティア活動等に従事していた。高校卒業と同時に上京、スカウトされ化粧品「エクボ」のCMモデルに抜擢される。

木之内 みどり / 刑事犬カール

伝説のアイドル・木之内みどり主演による人気TVドラマ「...

伝説のアイドル・木之内みどり主演による人気TVドラマ「刑事犬カール」

『刑事犬カール』(けいじけんカール)は、1977年(昭和52年)9月12日から1978年(昭和53年)6月5日までTBS系の『ブラザー劇場』枠で月曜19:30-20:00の時間帯に全39話が放送された、子ども向けテレビ刑事ドラマ。
出典 www.amazon.co.jp

『刑事犬カール』30話「カールは歌う」 木之内 みどり / 太田裕美

当時絶大な人気を誇っていたアイドル・木之内みどり主演ドラマ。警視庁刑事部鑑識課警察犬第3訓練所配属婦警と警察犬・カールとの活躍を描いた。

高杉洋子:木之内みどり:婦警。カール号の訓練士。
森田薫:太田裕美:獣医。第30話ゲスト出演。
主人公の高杉洋子役をアイドル・木之内みどりが演じた事や、警察犬カール号(を演じた犬たち)の芸達者さ、頭の良さが話題になり、人気を博した。

木之内みどり 横浜いれぶん

1978年9月、新曲「一匹狼 (ローン・ウルフ)」発表直後にベーシスト後藤次利との交際が発覚し、米国ロサンゼルスでレコーディング中の後藤のもとに、すべてのスケジュールをキャンセルして逃避行した。

後藤は当時、元シモンズの玉井タエと婚姻関係にあった。同年9月11日、帰国ともに記者会見を開き、木之内は21歳で引退した。

「子どものできるようなことはしていません」のセリフを残す。人気絶頂期の突然の引退に、芸能界のみならず一般でも一時期騒然となった。新曲は記者会見の10日後の発売であった。5年後の1983年、木之内は後藤と結婚したが、4年後の1987年に離婚した。
出典 木之内みどり - Wikipedia

大場久美子 / コメットさん

大場久美子 / コメットさん

大場久美子 / コメットさん

『コメットさん』は、国際放映による特撮ドラマ作品。第2期(大場久美子版)は、1978年6月12日 - 1979年9月24日にかけて、同じTBS「ブラザー劇場」の時間帯で大場久美子主演でリメイクされた。全68話。

星の学校の卒業試験のため地球にやって来た乙女座の女の子・コメットが、人間との触れ合いの中で“地球で一番美しいもの”を見つけていく。

【ストーリー】
乙女座の女の子コメットは、星の学校の卒業試験として、『地球で一番美しいもの』を探すようにと言われて地球にやって来る。
そして、沢野家の家政婦として働きながら、時にはバトンで魔法を使って、コメットは人間同士の触れ合いの中で『美しいもの』を見つけていく…。
出典 www.amazon.co.jp

【MAD】コメットさん オープニング (Cosmic Baton Girl OP)

当時の国民的人気アイドル・大場久美子の初主演作

当時の国民的人気アイドル・大場久美子の初主演作

大場 久美子は、TBS系のテレビ番組「コメットさん」(第2期、全68話)で2代目コメットさんを務め、全国的にその名が知れ渡り、ブロマイドが爆発的に売れ、一躍トップアイドルになる。
出典 www.amazon.co.jp

大場久美子 コメットさん 1978.9

夏目雅子 / 西遊記

『西遊記』の三蔵法師(演:夏目雅子)

『西遊記』の三蔵法師(演:夏目雅子)

西遊記、西遊記II(1978年 - 1980年、NTV) - 三蔵法師 役

子供層を中心に『西遊記』に関心が集まっていた1978年はいわば『西遊記』の企画が多かった年であり、その流れで日本テレビが実写版『西遊記』の製作に踏み切ったとも言える。

三蔵役に決まった夏目雅子の断髪式のポーズで写真をとったが実際には髪を切らず、一目でわかる通りドラマでは帽子ないしカツラを使用した。

国内・国外にて何度も再放送が行われ、音楽を担当したゴダイゴの楽曲とともに人気を博した。1970年代のカルト的ドラマとなった。
出典 twitter.com

西遊記オープニング 「モンキーマジック」 演奏:ゴダイゴ

主題歌:ゴダイゴ(オープニング:『Monkey Magic』、エンディング:『ガンダーラ』)

孫悟空:堺正章
三蔵法師:夏目雅子
沙悟浄:岸部シロー
猪八戒:西田敏行
孫悟空:堺正章
三蔵法師:夏目雅子
沙悟浄:岸部シロー
猪八戒:西田敏行

夏目雅子は、1978年、『西遊記』で三蔵法師役を演じて人気を得る(「頭の形が良く、美しくて神々しい」と美貌が話題となった)。

ドラマ自体も好評で、この番組によって人気が高まる。

西遊記 「ガンダーラ」// Monkey- Gandhara // Sub JP , EN & ROMAJI

ゴダイゴ:エンディング『ガンダーラ』

吉沢京子 / 柔道一直線

吉沢京子 / 柔道一直線

吉沢京子 / 柔道一直線

『柔道一直線』は、原作:梶原一騎、作画:永島慎二・斎藤ゆずるによる日本のスポーツ漫画、および、それを原作としたテレビドラマ。多くの視聴者を虜にした夢とロマンあふれるスポ魂ドラマ。

大ブームとなった「スポ根ドラマ」の端緒となった人気ドラマであり、アクションシーンの特殊効果は後に一部の同じスタッフで制作される『仮面ライダー』のアクションにつながることとなる。近藤正臣がピアノの鍵盤の上に跳びあがって、足で「ねこふんじゃった」を演奏した場面は有名。

主人公・一条直也の父親は1964年の東京オリンピックの柔道で敗れ、命を落とす。直也は車周作の指導のもと、「地獄車」、「海老車」などの技を駆使して外国人柔道家や日本のライバルたちと戦う。
出典 www.amazon.co.jp

『柔道一直線』の主人公の一条直也(演:桜木健一)とヒロインの高原ミキ(演:吉沢京子)

榊原郁恵 / ナッキーはつむじ風

榊原郁恵 / ナッキーはつむじ風

榊原郁恵 / ナッキーはつむじ風

『ナッキーはつむじ風』は、1978年10月11日から1980年3月12日まで、TBS系で放送された学園ドラマ。

正義感の強い女子高校生・ナッキーこと星野夏樹が、親友と共に活躍する学園ドラマ。当時、人気アイドルだった榊原郁恵のドラマ初主演作である(バラエティドラマとしては、同局放映の『UFOセブン大冒険』がある)。
出典 twitter.com

ナッキーはつむじ風 OP「あなたと夢とポップ・ロック」

大場久美子と榊原郁恵 / 少女探偵スーパーW

大場久美子と榊原郁恵 / 少女探偵スーパーW

大場久美子と榊原郁恵 / 少女探偵スーパーW

『少女探偵スーパーW』は、1979年4月5日から同年10月4日までTBSで放送されたドラマ形式のバラエティ番組である。放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 (JST) 。

大場久美子扮する地球人探偵少女と、榊原郁恵扮する宇宙人少女のコンビが難事件を解決する推理ドラマを主軸にしていたが、2時間ドラマのような堅苦しいサスペンスは無く、子供でも楽しめるようなストーリーとなっていた。また、榊原が毎回変身するシーンも見所だった。

少女探偵スーパーW

少年ドラマシリーズ『未来からの挑戦』/ 西沢杏子役の紺野美沙子(当時は佐藤美沙子)

紺野美沙子 / 少年ドラマシリーズ『未来からの挑戦』

紺野美沙子 / 少年ドラマシリーズ『未来からの挑戦』

『未来からの挑戦』は、NHKのテレビドラマ。1977年1月10日から2月11日の毎週月~木曜日、18:05~18:25放送、全20話。『少年ドラマシリーズ』の一作である。眉村卓の小説『ねらわれた学園』『地獄の才能』を原作に制作された。

未来へと戻ってしまう飛鳥との別れ。紺野さんが演じる西沢杏子の記憶を消して、飛鳥は未来へと…
紺野さんいわく、淡い恋心が描かれていたシーンでした!

「このシーンは良く覚えています。ドキドキしました!…ほのかな気持ちを抱きはじめた時なのに、飛鳥くんによって記憶を全て消されてしまう。本当は心の中で『消さないで~』って思っていたんですけど、消えてしまいました。」

…と身ぶり手ぶりを交え、この日一番力を入れて話してくださいました!
出典 紺野美沙子さん「未来からの挑戦」を語る! | NHK番組発掘プロジェクト通信
西沢杏子:佐藤美佐子(現、紺野美沙子)

未来からの挑戦/青春の輝き

関耕児の通う中学校に英才教育の栄光塾に通う生徒が急増する。やがて学園は生徒会長を中心としたパトロール委員たちに支配されていく。耕児は謎めいたクラスメイト・飛鳥清明とともに栄光塾を拠点としたグループに立ち向かっていく・・・。
出典 少年ドラマシリーズ 未来からの挑戦 | NHK放送史(動画・記事)

少年ドラマシリーズ『幕末未来人』/ ゆき役の古手川祐子

古手川祐子 / 少年ドラマシリーズ『幕末未来人』

古手川祐子 / 少年ドラマシリーズ『幕末未来人』

『幕末未来人』は、NHKのテレビドラマ。1977年9月5日から9月29日の毎週月 - 木曜日、18:20 - 18:39:30放送、全16話。

少年2人が幕末にタイムスリップ。古手川祐子デビュー作。
横須賀へ戦艦三笠を見に行った高校生の和田と伊藤。船倉に迷い込んだ彼らは、幕末へタイムスリップしてしまう。作品集「思いあがりの夏」(眉村卓著)に収蔵されている「名残の雪」を原案に、幕末に迷い込んだ現代の高校生の数奇な体験を描く。
出典 少年ドラマシリーズ 『幕末未来人』 | NHK放送史(動画・記事)
ゆき役 古手川祐子さん

ゆき役 古手川祐子さん

昭和から来た若者たちの運命は…

少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』/ 火田七瀬役の多岐川裕美

多岐川裕美 / 少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』

多岐川裕美 / 少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』

火田七瀬(多岐川裕美):他人の心が読めるテレパス能力

『七瀬ふたたび』は、主演・多岐川裕美さんの透明感のある美しさ、悲劇的な結末などが今も伝説的に語られる“少年ドラマシリーズ”中、不朽の名作。
原作は筒井康隆のSFサスペンスドラマ。少年ドラマシリーズの第90作目として全13話放送。超能力者であるがゆえに迫害される若者たちの孤独と受難を描く。他人の心が読めるテレパス能力を持つヒロイン・火田七瀬を演じた多岐川裕美の透明感のある美しさ、悲劇的な結末などが話題になった。
出典 少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたび | NHK放送史(動画・記事)

七瀬ふたたび(1)多岐川裕美/テーマソング『風信子どこへ』

ヒロイン・火田七瀬を演じた多岐川裕美は、お嬢さん風の雰囲気に、時どきクールな憂いと妖艶さがあり、稀代の当たり役となった。

多岐川はSFとの相性の良さを買われて1980年、小松左京原作による角川映画のSF大作『復活の日#映画』のヒロインに起用された。
出典 七瀬ふたたび - Wikipedia

NHK『少年ドラマシリーズ』 6選:『なぞの転校生』『七瀬ふたたび』『未来からの挑戦』『タイム・トラベラー』『幕末未来人』『明日への追跡』 - Middle Edge(ミドルエッジ)

NHK『少年ドラマシリーズ』 6選:『なぞの転校生』『七瀬ふたたび』『未来からの挑戦』『タイム・トラベラー』『幕末未来人』『明日への追跡』 - Middle Edge(ミドルエッジ)
1972年「タイム・トラベラー」で幕を開け、多くの少年少女達を魅了した秀作シリーズ「NHK少年ドラマシリーズ 」。NHK少年ドラマシリーズの代表作である『なぞの転校生』、多岐川裕美さんが超能力者ゆえに迫害される少女の悲劇を演じた『七瀬ふたたび』、筒井康隆のSF小説「時をかける少女」をドラマ化した『タイム・トラベラー』などSF分野から6作品を振り返ってみましょう。

1970年代の児童向け特撮ドラマのヒロイン・お姉さん

日本で放送された児童向けドラマ全作品の半分以上を特撮が占めている。1970年代前半の第二次怪獣ブーム(変身ブーム)の頃には、特撮作品が盛んに作られ、子供たちの人気がテレビアニメよりも高かった。

1972年・73年をピークに特撮番組の製作数は大幅に減っていく。1973年と77年のオイルショックによる不況が主因となっている。

松原 真理(演:牧れい)(スーパーロボット レッドバロン)

松原 真理(演:牧れい)(スーパーロボット レッドバロン)

松原 真理(演:牧れい)(スーパーロボット レッドバロン)

『スーパーロボット レッドバロン』は、1973年7月4日から1974年3月27日に日本テレビ系で毎週水曜日19:00~19:30に全39話が放送された特撮テレビ番組。

松原 真理(まつばら まり)は、SSIの紅一点。18歳。デビラーと戦っていた頃は都内の南東通信社の見習いカメラマンを表向きの顔としていた。健と組んで行動する事が多いためか、彼には特別な好意を寄せているようである。アイアンホークやスポーツカーを乗り回し様々な格闘技を身につけており、鞭を使った戦闘が得意である。
出典 www.amazon.co.jp

【 スーパーロボット レッドバロンOP 前期 mov歌詞付 】

 (2190943)

出典 www.amazon.co.jp

レッドバロン松原電気椅子拷問

伝説の(牧れい)電気椅子拷問シーン

女指揮官「スイッチを入れなさい」
真理「あっ、ああっ、ああーっ」

高圧電流による拷問と言う古典的な手段に訴えるが、真理はあくまで耐え抜く。女はどんどん電圧を上げていく。

光明寺ミツコ(演:水の江じゅん)(人造人間キカイダー)

水の江じゅん / 『人造人間キカイダー』のヒロイン「光...

水の江じゅん / 『人造人間キカイダー』のヒロイン「光明寺ミツコ」

『人造人間キカイダー』は、石森章太郎原作の特撮テレビ番組。

光明寺ミツ子は、光明寺博士の娘。ダークでは父の助手としてアンドロイド開発にも携わっており、その経験から故障したジローを修理する技術を持つ(ただし、彼女の手に余る場合もある)。
当初はジローをさして意識していなかったが、やがて激しい恋愛感情を持つようになり、ジローが優しくした女性に嫉妬したり、敵の目を欺くためにジローと結婚式を挙げようとしたりした。
出典 twitter.com

人造人間キカイダーOP

ミツコ(演:水の江じゅん)は、可憐な守られヒロインとしてアイドル的な人気を誇った。

人造人間ビジンダー / (人間態)マリ(演:志穂美悦子)(キカイダー01)

志穂美悦子 / 『キカイダー01』の人造人間ビジンダー...

志穂美悦子 / 『キカイダー01』の人造人間ビジンダー / (人間態)マリ

『キカイダー01』(キカイダーゼロワン)は、『人造人間キカイダー』の続編として放送された、石森章太郎原作の特撮テレビ番組。1973年(昭和48年)5月12日から1974年(昭和49年)3月30日までNETテレビ(現:テレビ朝日)系で、毎週土曜日20:00 - 20:30に全46話が放送された。

マリ役の志穂美悦子は当時「JAC」の新鋭であり、JAC主宰だった千葉真一の強い要望で起用されたこともあって、初登場回である第30話では、千葉自身が直々に志穂美の殺陣をつけている。
出典 twitter.com

『キカイダー01』/ Kikaida 01 Opening Theme

オープニングテーマ 「キカイダー01」
作詞:石森章太郎 / 作曲・編曲:渡辺宙明 / 歌:子門真人
JACに所属していた志穂美悦子は特撮の美人アクション女優として元祖的な存在。どびっきりの美人でアクションもすごい。

第30話より01のパートナーとして、女性型の人造人間ビジンダーが登場した。ビジンダーの人間態であるマリ役には、当時JACに所属していた高校生の志穂美悦子が、千葉真一による強力な推薦もあって配役された。

沙織(演:九条亜希子)(怪傑ライオン丸)

『快傑ライオン丸』(かいけつライオンまる)は、1972年(昭和47年)4月1日から1973年(昭和48年)4月7日までフジテレビ系で毎週土曜日19:00 - 19:30に全54話が放送された、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ番組。

沙織は、居士に育てられた女忍者。16歳。彼女も戦乱で両親を失っている。普段は仲間を思いやる心優しい女性だが、勇敢で果心居士から与えられた小太刀と投げ縄を武器にドクロ忍者と互角に戦い、暗黒魔人にも立ち向かう。

沙織のチラリズムが人気。
沙織(演:九条亜希子)は、美脚のミニスカ着物衣装がお色気たっぷりの「くの一」。

【昭和カルチャー&ホビーのブーム①】特撮「変身ヒーロー」が量産された「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」から「巨大ロボットアニメ」ブームへ - Middle Edge(ミドルエッジ)

【昭和カルチャー&ホビーのブーム①】特撮「変身ヒーロー」が量産された「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」から「巨大ロボットアニメ」ブームへ - Middle Edge(ミドルエッジ)
かつて「怪獣ブーム」を支えた円谷プロダクションによる『帰ってきたウルトラマン』が1971年に放映開始され、仮面ライダー(初代)は社会現象となった「変身ブーム」をもたらしました。1971年後半からは、特撮ヒーロー番組も一気に増えていき、「第2次怪獣ブーム / 変身ブーム」は様々な新機軸を生みだしながら、ますます加熱していきました。この「変身ブーム」から「マジンガーZ」が生み出した「巨大ロボットアニメ」ブームへと子供たちの関心が移り替わっていく流れを、1970年代の特撮変身ヒーロー作品や巨大ロボットアニメの代表作を通じて、振り返ってみましょう。

ウルトラシリーズ(1966年-)

フジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)(ウルトラマン)

フジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)(ウルトラマン)

フジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)(ウルトラマン)

ヒロコ ウルトラの女神誕生物語 (日本語) 単行本

『ウルトラQ』の江戸川由利子、『ウルトラマン』のフジアキコ隊員でウルトラの女神となった。
出典 www.amazon.co.jp

ウルトラマンOP

大きくなったフジ隊員(桜井浩子)

友里アンヌ隊員(演:ひし美ゆり子)(ウルトラセブン)

友里アンヌ隊員(演:ひし美ゆり子)(ウルトラセブン)

友里アンヌ隊員(演:ひし美ゆり子)(ウルトラセブン)

「友里アンヌ」は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組『ウルトラセブン』の登場人物。警備隊の紅一点で、平時はメディカルセンターに勤務しているが、実戦にも参加する。本作のヒロイン。

最終回において、自分がウルトラセブンである事を打ち明けたダンを受け入れた。
出典 twitter.com

Ultraseven Opening (High Quality) ウルトラセブン

友里アンヌ隊員は、基地内では基本的に警備隊紋章が左胸に入った白衣姿。隊員服は出動の際だけ着る。

ウルトラセブン45周年記念PV

ウルトラセブン誕生45周年を記念して制作したPVです、ウルトラセブンの名場面と共にご覧下さい!

ダン「アンヌ…僕は、僕はね、人間じゃないんだよ。M78星雲から来た、ウルトラセブンなんだ!」

 突然の告白に、息をのむアンヌ。「びっくりしただろう…」とダンは問いかけるが、アンヌは少しだけ迷って、こう答えた。

「人間だろうと宇宙人だろうと、ダンはダンに変わりないじゃないの!! たとえウルトラセブンだろうと!!」
友里アンヌ隊員を演じた「ひし実ゆり子」は、平成を含めて...

友里アンヌ隊員を演じた「ひし実ゆり子」は、平成を含めても有数のナイスバディなヒロインとしても有名。

出典 twitter.com

『ウルトラセブン』(1967年)に出演する若い女性宇宙人とゲスト美女 - Middle Edge(ミドルエッジ)

『ウルトラセブン』(1967年)に出演する若い女性宇宙人とゲスト美女 - Middle Edge(ミドルエッジ)
ウルトラセブンことモロボシ・ダンは若い女性に弱いという弱点があり、そこを宇宙人につかれて攻められました。ウルトラセブンに出演する若い女性に変身(変貌)する賢い宇宙人たちやゲスト出演の美人女優たちをおさらいしてみましょう。

丘 ユリ子(帰ってきたウルトラマン)

丘 ユリ子(演:桂木美加)(帰ってきたウルトラマン)

丘 ユリ子(演:桂木美加)(帰ってきたウルトラマン)

「丘ユリ子」は、『帰ってきたウルトラマン』の登場人物。MAT日本支部の紅一点。通信などのオペレート作業およびコンピュータ解析などに従事する。
出典 twitter.com

帰ってきたウルトラマンOP

坂田 アキ(帰ってきたウルトラマン)

坂田 アキ(演:榊原るみ)(帰ってきたウルトラマン)

坂田 アキ(演:榊原るみ)(帰ってきたウルトラマン)

直筆サイン入り写真 榊原るみ

「坂田アキ」は、『帰ってきたウルトラマン』の登場人物。坂田健の妹で郷秀樹とは周囲も公認の恋人。

第37話でナックル星人に拉致され、車を止めようとした兄の健は撥ね殺され、さらに自分を拉致したのが宇宙人だとわかり、混乱の余りに走行中の車から逃亡を試み、逃がさないようドアを閉められた結果、服を挟んで車から引きずられて重傷を負い、郷に「宇宙人に襲われた」との言葉を残して息を引き取る。
「帰ってきたウルトラマン」への出演により、トップアイドル的人気を誇っていた女優・榊原るみ

[1970年代昭和特撮ヒロインメモリアル]ウルトラヒロインズ:フジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)・友里アンヌ隊員(演:ひし美ゆり子)ほか - Middle Edge(ミドルエッジ)

[1970年代昭和特撮ヒロインメモリアル]ウルトラヒロインズ:フジ・アキコ隊員(演:桜井浩子)・友里アンヌ隊員(演:ひし美ゆり子)ほか - Middle Edge(ミドルエッジ)
懐かしい1960年代から70年代のウルトラマンシリーズのヒロインのまとめです。アンヌ隊員の美貌は別格でしたね。

山口 百子(ウルトラマンレオ)

山口百子の激怒(ウルトラマンレオ)Momoko Yamagutsi's Catfit (Ultraman Leo)

山口 百子(やまぐち ももこ)は、年齢18歳。ゲンの恋人で、スポーツセンターでは補助的指導員。黒潮島の出身。真面目で優しく、相手が子供でも悪いことをしたら叱ることができる芯の強さも備えた女性。

第2話で避難途中に落下してきた自動車の下敷きとなり、息を引き取るもL77星のレオマスクから放たれた光の影響で蘇生した。

その後身寄りを亡くしたトオルとカオルを自宅に迎え入れ2人のお姉さん兼お母さんとして奮起するが、第40話でカオルや猛とともに新宿のデパートで買い物をしていたところをシルバーブルーメに襲われ、瓦礫の下敷きとなって絶命してしまう。

ウルトラマンレオ主題歌&戦闘BGM

ウルトラマンレオの初期主題歌と戦闘曲。伝説の名曲。

仮面ライダーシリーズ(1971年-)

緑川ルリ子(演:真樹千恵子・森川 千恵子)と野原ひろみ(演:島田陽子)(仮面ライダー)

緑川ルリ子(演:真樹千恵子・森川 千恵子)と野原ひろみ...

緑川ルリ子(演:真樹千恵子・森川 千恵子)と野原ひろみ(演:島田陽子)(仮面ライダー)

森川 千恵子(旧芸名は、真樹 千恵子)は、『仮面ライダー』に緑川ルリ子役で第13話まで出演する。主演の藤岡弘、の負傷降板に伴う番組内容の一新により、第13話で真樹も降板した。

野原ひろみ(演:島田陽子)は、仮面ライダー第1、2、4 - 25、34話に登場。緑川ルリ子の学友で、アミーゴでアルバイトしていたことから事件に巻き込まれ、以後本郷たちの戦いに協力するようになる。本郷とルリ子が去った後も立花レーシングクラブに残り、一文字に協力した。
出典 twitter.com

仮面ライダー旧1号編OPナレーションあり

珠純子(演:小野ひずる)(仮面ライダーV3)

小野ひずる /『仮面ライダーV3』のヒロイン「珠純子」...

小野ひずる /『仮面ライダーV3』のヒロイン「珠純子」(たまじゅんこ)

小野 ひずるは、1973年(昭和48年)、特撮テレビドラマ『仮面ライダーV3』(毎日放送)で、ヒロインの珠純子を演じる。
出典 www.amazon.co.jp

復讐の鬼 仮面ライダーV3 OP

『仮面ライダーV3』珠純子役
『ウルトラマンレオ』中島弥生(かぐや姫)役
『5年3組魔法組』乙竹姫子先生役など

電波人間タックル / 岬ユリ子(演:岡田 京子)(仮面ライダーストロンガー)

 岬ユリ子(演:岡田 京子)(仮面ライダーストロンガー)

岬ユリ子(演:岡田 京子)(仮面ライダーストロンガー)

岬ユリ子とは、「仮面ライダーストロンガー」に登場するキャラクター。城茂とは手柄を巡って口喧嘩が絶えない関係で、功名心から先走った行動で茂を窮地に陥らせたり、自身が窮地に陥る事も少なくなかった。

しかしそれは彼女自身もコンプレックスに思っており、後に立花藤兵衛の独白により、内心では、結果的に茂の足手まといになってしまう事が多いという現実に後ろめたさや歯痒さを感じていた事が明らかにされた。
出典 twitter.com

仮面ライダー ストロンガー ED タックルバージョン2 MAD

ブラックサタン壊滅後に出現したデルザー軍団との戦いの最中、ドクターケイトの毒に侵され、いつまで生きていられるかも分からない身体となる。

最期はウルトラサイクロンという、改造人間として未完成でなおかつ毒で消耗した身体にはとても耐え切れない大技を使い、ケイトを撃破するもその反動で力尽きて息絶えた。

その亡骸は茂によって葬られた。

【特撮ヒロイン年表】【前半】懐かしい1960年代から1987年までの特撮ヒロインが大集合!スーパー戦隊シリーズ・ウルトラシリーズ・仮面ライダーほか - Middle Edge(ミドルエッジ)

【特撮ヒロイン年表】【前半】懐かしい1960年代から1987年までの特撮ヒロインが大集合!スーパー戦隊シリーズ・ウルトラシリーズ・仮面ライダーほか - Middle Edge(ミドルエッジ)
懐かしい1864年から1987年までの特撮ヒロインの歴史をまとめました。後半1(1988年から2002年)と後半2(2003年から2015年)に続きます。3部作トータルで1964年から2015年の現代までの年表になります。

スーパー戦隊シリーズ(1975年-)

ペギー 松山 / モモレンジャー(演:小牧りさ)(秘密戦隊ゴレンジャー)

「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975年) ペギー松山 /...

「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975年) ペギー松山 / モモレンジャー(声・演:小牧りさ)

『秘密戦隊ゴレンジャー』(ひみつせんたいゴレンジャー)は、1975年4月5日から1977年3月26日まで、NET(現・テレビ朝日)系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全84話が放送された、NET・東映制作の特撮テレビドラマ。

戦うヒロイン・変身ヒロイン・アクションヒロインがスーパー戦隊シリーズによって本格化していく。またアイドル的なヒロインも生み出していく。
出典 www.amazon.co.jp

エンディングテーマ 「秘密戦隊ゴレンジャー」 / 歌:ささきいさお

バンバラバンバンバン!
ペギー 松山 / モモレンジャー

ペギー 松山 / モモレンジャー

ゴレンジャーの紅一点で、イーグル北海道支部の唯一の生き残り。女性ながら格闘能力も一般イーグル隊員を凌駕しており、空手の有段者でもある。
出典 www.amazon.co.jp

カレン 水木 / ハートクイン(演:ミッチー・ラブ)(ジャッカー電撃隊)

カレン 水木 / ハートクイン(演:ミッチー・ラブ)(...

カレン 水木 / ハートクイン(演:ミッチー・ラブ)(ジャッカー電撃隊)

カレン 水木 / ハートクインは、『ジャッカー電撃隊』のハートの戦士。盾のハートキュートで戦う。
出典 www.amazon.co.jp

オープニングテーマ「ジャッカー電撃隊」/ 歌:ささきいさお、こおろぎ'73

当時の「スーパーカーブーム」(1976年から1978年)の影響なども見られます。
「ジャッカー電撃隊」(1977年) カレン水木 / ハ...

「ジャッカー電撃隊」(1977年) カレン水木 / ハートクイン(声・演:ミッチー・ラブ)

出典 twitter.com

ダイアン・マーチン / ミスアメリカ(初代)(バトルフィーバーJ)

「ダイアン・マーチン」は、東映のスーパー戦隊シリーズ「バトルフィーバーJ」の「ミスアメリカ(初代)/ダイアン・マーチン」役で知られる女優・モデル。

番組が半年予定が4クールに延長になり、後半のスケジュールを合わせられなくなったため第24話で途中降板している。

オープニングテーマ『バトルフィーバーJ』/ 歌:MoJo、コロムビアゆりかご会、フィーリング・フリー

ダイアン・マーチンは、バトルフィーバーJへの出演は、当時すでに人気モデルであった事からスケジュールの調整がつかなくなり、ミスアメリカのスーツを「汀マリア」に託し、第24話でアメリカへと戻るというストーリーで降板した。

汀 マリア(なぎさ マリア) / ミスアメリカ(2代目)(バトルフィーバーJ)

汀 マリア(なぎさ マリア) / ミスアメリカ(2代目...

汀 マリア(なぎさ マリア) / ミスアメリカ(2代目)(演:萩奈穂美)(バトルフィーバーJ)

「萩奈穂美」(はぎ・なほみ)は、東映のスーパー戦隊シリーズ「バトルフィーバーJ」の「2代目ミスアメリカ/汀マリア」役を演じた。
出典 twitter.com
『バトルフィーバーJ』第24話「涙!ダイアン倒る」は、初代ミスアメリカ「ダイアン・マーチン」の退場回であり2代目ミスアメリカ「汀マリア」の初登場回。

その他の児童向けドラマの人気のお姉さん・特撮ヒロイン

2代目お姉さん「岡まゆみ」(まんがはじめて物語)

まんがはじめて物語 1

岡 まゆみは、『まんがはじめて物語』の2代目お姉さん。第20話から第305話(最終回)まで出演。

1978年から1984年にかけ、『まんがはじめて物語』で病気治療のために降板したうつみ宮土理からお姉さん役を引き継いで最終回まで出演。

子供向け教養番組「まんがはじめて」シリーズ:まんがはじめて物語・まんがどうして物語・まんがなるほど物語・まんがはじめて面白塾のまとめ - Middle Edge(ミドルエッジ)

子供向け教養番組「まんがはじめて」シリーズ:まんがはじめて物語・まんがどうして物語・まんがなるほど物語・まんがはじめて面白塾のまとめ - Middle Edge(ミドルエッジ)
まんがはじめて物語(1978年5月6日放送開始)は、子供たちに身近な物事の起源や歴史といった「はじめて」をドラマ仕立てで紹介する、娯楽要素を盛り込んだ人気番組でした。実写とアニメの併用という珍しい表現方法、子供の知的好奇心をくすぐる内容が支持され、放送期間中に厚生省中央児童福祉審議会推薦番組に認定、文化庁こども向けテレビ用優秀映画賞を受賞しました。この懐かしい子供向け娯楽教養番組の「まんがはじめて」シリーズを振り返ります。

島田歌穂 / ロボコン

ロビン(演:島田歌穂)は、ロリータ・少女キャラ系の特撮...

ロビン(演:島田歌穂)は、ロリータ・少女キャラ系の特撮ヒロインの先駆け。

コメディロボット路線の特撮テレビドラマ『がんばれ!! ロボコン』(1974年)のロビン(演:島田歌穂)。
出典 twitter.com

秘密結社『死ね死ね団』の女性幹部の「キャシー」(演:高樹蓉子)(愛の戦士レインボーマン)

 (2191056)

『愛の戦士レインボーマン』は、東宝製作の特撮テレビ番組。川内康範原作。1972年(昭和47年)10月6日から1973年(昭和48年)9月28日までNET系で毎週金曜日19:30 - 20:00に全52話が放送された。レインボーマンに変身するヤマトタケシと、死ね死ね団の戦いが描かれたテレビドラマ。

死ね死ね団の女性幹部は、現場で直接作戦を指揮するタイプ、ミスターKの秘書と役割は様々であるが、いずれもミスターKの側近的存在。
出典 twitter.com
愛の戦士レインボーマンに登場する秘密結社『死ね死ね団』の主要幹部。

キャシー(演:高樹蓉子)は、第12話から登場した女性幹部。同話ではみゆきをさらった。また、戦闘機・ダッカーの製作を指揮していたこともある。なにかとダイアナと張り合うことが多く、また、ダイアナ同様ヒステリックな性格のため、部下からヒステリー女と揶揄されたこともある。頭髪はカツラであり、本当はスキンヘッドである(第32話で判明)。最初にサイボーグとなりレインボーマンを苦しめるも、ボーグ工場での戦いの際にアイビームを跳ね返されて爆死してしまった。
サイボーグ化されたキャシーが悲しみで黒いオイルの涙を流したシーン…。

サイボーグキャシーは、ドクターボーグの手による人間サイボーグ第1号。目からアイビームという光線を発射し、右手には小さなナイフを仕込み、左足のつま先には銃身が内蔵されている。

またダイアナ同様踵のロケットで空も飛べる。強化改造後は手から-の電流と熱線も放てるようになった。

なお、本人は自分がサイボーグとなってしまったことを悲しんでおり、黒いオイルの涙を流したこともある。第40 - 45話に登場。

「アクマイザー3」(1975年) 渚ジュン(演:早田 みゆき)(はやた みゆき)

渚ジュン(演:早田 みゆき)(アクマイザー3)

渚ジュン(演:早田 みゆき)(アクマイザー3)

『アクマイザー3』は、1975年(昭和50年)10月7日から1976年(昭和51年)6月29日まで、NET(現:テレビ朝日)系で、毎週火曜日19:00 - 19:30に全38話が放送された、NETと東映制作の特撮テレビ番組。

渚 ジュン(なぎさ ジュン)は、東都タイムズの女性カメラマン。アクマ族が人間狩りを行った際にザビタンに助けられて以降ザビタンの理解者となり、さらに第10話ではマジョルカの件でダルニアと心を通じ親友となった。第28話以降は登場していない。
出典 twitter.com

「忍者キャプター」(1976年) 花忍キャプター3 / 桜小路マリア(演:松葉夕子)

「忍者キャプター」(1976年)の花忍キャプター3 /...

「忍者キャプター」(1976年)の花忍キャプター3 / 桜小路マリア(演:松葉夕子)

『忍者キャプター』は、1976年(昭和51年)4月7日から1977年(昭和52年)1月26日まで、東京12チャンネルで毎週水曜19:30 - 20:00(JST)に全43話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ。
出典 twitter.com
桜小路 マリア(さくらこうじ マリア) / 花忍キャプター3(はなにんキャプタースリー)は、設定年齢15歳。一人称は「私」。シンボルカラーは桃色、シンボルマークはチューリップのような花。ゼッケンは3。敬太の保護者として行動しており、明るい性格。敬太には「姉貴」と呼ばれている。風魔忍群の壊滅後は大学の忍者学会の誘いによりアメリカへ留学。武器は花ヌンチャク。キャプターの栄養士のつもりでいるが、料理の腕は「御覧の通り」あまり良くない。

「怪傑Zバット」(1977年) 飛鳥みどり(演:大城信子)

「怪傑Zバット」(1977年) 飛鳥みどり(演:大城信子)

「怪傑Zバット」(1977年) 飛鳥みどり(演:大城信子)

『快傑ズバット』は、1977年2月2日から9月28日まで、東京12チャンネルで毎週水曜19:30 - 20:00(JST)に全32話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ。

主人公・早川健を演じる宮内洋の独特の台詞回しと軟硬自在の演技などで、数々の特撮ヒーロー番組の中でも高い人気がある。

飛鳥みどり(あすか みどり)は、飛鳥五郎の妹。年齢18歳。ふたば幼稚園の保母をしていたが、兄が殺された直後はショックから早川を責めてしまうも彼を追いかける。

しばしばダッカーによって捕らわれるがその度に早川に助けられ「自分にはもう構わないでくれ」と告げられるが、彼を慕う心からそれでも追い続ける。
出典 twitter.com
飛鳥みどり:大城信子

元のページを表示 ≫

関連する記事