「見た目は清楚な感じの美人ですが、セクシーな表現力を持っている方でした。人を魅了するような歌い方や声質でしたね。普段の会話の端々からも説得力のあるハキハキとした話し方や声をしているので、そういったところが歌声にも反映されていました」

 そう語るのは、1982年4月に発売されたジャズアルバムYES, I FEEL」(POLYSTAR)の制作メンバーの一人で、B'zなどが所属する大手音楽制作会社「ビーイング」の元副社長を務め、BOØWY氷室京介LINDBERGなどを担当した音楽プロデューサーの月光恵亮氏(67)だ。

ワンピーストランペットを抱えて

 4月23日新型コロナウイルスによる肺炎で惜しまれつつ亡くなった女優の岡江久美子さん(享年63)。ドラマ「天までとどけ」(TBS系)では母親役として、「はなまるマーケット」(同)では“朝の顔”としてお茶の間に親しまれていたが、清純派女優として人気のあった40年ほど前、ジャズ歌手としてデビューしていたことはあまり知られていない。

 岡江さんのジャズアルバムを手掛けたメンバーの月光氏が、「文春オンライン」の取材にレコーディング当時の思い出を振り返った。

 ジャズアルバムYES, I FEEL」の表ジャケット写真には胸元が大きく開いた衣装の岡江さんの姿がある。裏面はトランペットを抱える黒のワンピース姿だ。このジャケット写真は、このアルバムと同じ年に発売された岡江さんのヌード写真集を担当したカメラマンマイク岡田氏が撮影したものだ。

「岡江さんはジャズが本当に好きだった。やっぱりジャズは、好きでないと歌えないんです。アルバムでは岡江さんが好きなジャズシンガーの曲を選んでもらって、カバーしました。

 曲だけではなく、写真へのこだわりも強かったです。ジャケットの撮影は、岡江さんと親交のあったマイク岡田さんが担当し、彼女もアートディレクターのように全部を仕切っていました。表情やライティングはテスト撮影の段階から『ここをもうちょっとこうした方がいいよね』『この角度はどうかしら?』などと、細かい指示を出していたのを覚えています」(月光氏)

レコーディング現場に持ち込んだもの

 岡江さんは宝塚歌劇団ミュージカルが好きで劇場にも足を運んでいたことが知られている。また、馴染みのジャズバーに通って知識を深めるほどジャズを愛していた。そんな岡江さんのアルバムに携わった別のスタッフは、岡江さんの意外な歌声に驚いたという。

「企画がスタートして歌入れまでは3カ月くらいかかりました。私は打ち合わせやレコーディングを含めて10回ほど岡江さんと会いました。最初は人前で歌うことを恥ずかしそうにしていて、本人は『自分はそんなに歌はうまくないんです』と話していましたが、レコーディングで歌声を聞くとしっかりしていて、人を引き付ける優しいファルセット(裏声)が印象的でした。

 現場は本当に和やかで、当時の女性マネージャーさんが岡江さんに『制作スタッフさんたちみたいな、いい旦那さんを見つけなよ』と、冗談を言えるくらい全員が打ち解けていました」

 前出の月光氏も岡江さんの気配りを肌で感じた一人だ。

「岡江さんはすごく気遣いができる女性でした。レコーディングの時には、わざわざ手作りお弁当を作ってきて、テーブルの上にたくさんの料理を並べてくれたこともありました。早起きしてスタッフ全員分の量を作ってくれたんでしょうね。『忙しいなかで、身を投げ打ってやってくれたんだな』と思い、嬉しかったですね。そんな素敵な岡江さんが亡くなってしまうなんて……。亡くなったことを知ったときは、とにかくショックで言葉も出ませんでした」(月光氏)

「大好きなジャズ日本語で歌うことが岡江の夢だった」と語るのは、当時からマネージメントを担当していた岡江さんの所属事務所スタッフアップ」代表取締役の戸張立美氏(70)。岡江さんがジャズ歌手としてデビューした当時の経緯を打ち明ける。

「当時は秋本奈緒美が“ジャズ界の百恵”と呼ばれ、音楽業界にも勢いがあった時代でした。ジャズ日本語カバーすることがブームだったんです。岡江は写真集を出して話題になった頃で、昔は人気がでるとレコード会社などから『曲を出しませんか?』という話がよくあったんです。それで岡江もオファーを受けたのがデビューのきっかけです」

小さな文字で書かれた「岡江さんらしい言葉」

 9曲のジャズを収録したデビューアルバム。人気女優の初作品とあって、取材が殺到したという。

「岡江はやる気は満々でしたよ。みんなに幅広く知られているジャズが好きで、『Tea For Two』を日本語に訳して歌ってみたいという気持ちがずっとあったみたいです。そして、岡江の友人でTUBEの『シーズン・イン・ザ・サン』の作詞を手掛けた亜蘭知子さん作詞のオリジナル曲Metamorphose』を歌い、気に入っていました。リリース後は音楽雑誌から100件ほど取材を受けて、当時は注目されましたね。

 実は岡江は、そんなに歌がうまいワケではないんです。岡江本人もよく『私なんかがジャズと言ってしまうのはおこがましい』と話していました。アルバムタイトルを決めるときにも、そんなやりとりがあったのを思い出します。本人とスタッフ話し合い、『YES, I FEEL』というタイトルで決まったのですが、岡江のたっての希望である言葉が付け加えられたんですよ。

 それはレコードジャケットをよく見てもらえればわかると思うんですけど、タイトルの横に小さな文字で副題が書かれています。プロのジャズ歌手に敬意を払った岡江らしい言葉だと思います」

 アルバムタイトルを確認すると、そこにはこう副題が添えられていた。

〈艶!! ちょっとジャズ……「YES, I FEEL」岡江久美子〉

 天国でもいまごろ、笑顔で優しい裏声を響かせているに違いない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

4月23日に亡くなった岡江久美子さん ©文藝春秋