未就学児の子を育てるママが、近いうちにフルタイムで働きたいと考えるなら、備えておきたいことの一つが面接への対策です。

主婦の再就職は今、追い風!「成功させるポイント」を専門家に聞いた

特に仕事と子育ての両立について尋ねられたら、どのように答えるのがいいのか気になりませんか?

そこで今回は、国家資格であるキャリアコンサルタントの中尾あずささんに、面接で聞かれることや、その理想的な回答などをアドバイスいただきました。

子育て中のママが再就職を目指すに当たって

まずは、子育て中のママが再就職を目指すに当たって、現在の状況やアドバイスをいただきました。

中尾あずささん(以下、中尾)「面接は、採用者を選ぶ場ではありますが、お互いが長く良い関係でお付き合いできるかを見極める場でもあります。

どうしても入りたい会社、やりたい仕事があった場合に、『何とか無理をしてでも働きたい』という気持ちになることもありますが、ママの場合は働き始めると、なかなか自分一人だけではどうにもならないケースも発生します。

子どもがいないときと比べると、企業選び、仕事選びは慎重にならざるを得ないでしょう。とはいえ『働きたい』という気持ちがあれば積極的にチャレンジするべきです。

売り手市場の今、企業は人が足りていません。また世の中に、とても優秀な女性がいることも企業としては理解しています。優秀な女性がママであっても、任せたい仕事はたくさんあります。

ですから、環境を整えられたらどんどんチャレンジしていってほしいと思います。

子育てと仕事の両立は決して楽ではありませんが、収入面でも、キャリア面でも、ゆくゆくは子どもから見たときの自立した母親像としても、メリットはとても多いと思いますよ」

子育て中のママの「企業選び」のコツ

面接対策の前に、前提として重要になるのが、応募する企業選び。子育て中のママが働きやすい企業を選ぶコツについて、中尾さんは次のように話します。

中尾「企業選びの際には、ママ社員の割合など、ママ社員を積極的に採用している会社かどうかを調べておくと良いでしょう。求人サイトによっては、事前に女性の比率や子育てママの割合などが分かる媒体もあります。

子育てママが在籍している場合、結婚や出産を経て子育てママになったケースもあれば、新たにママが採用されたケースもあります。その辺りも含めて、応募する際に事前に調べられる範囲でリサーチすることはおすすめです。

また仕事の内容や体制については、面接で確認したほうが良いでしょう。

ポイントは自分がいないと回らない業務なのか、他にフォローし合える体制が整っているのか、在宅勤務リモートワークなどが使えるかどうかなどです」

子育て中のママは面接で何を聞かれる?

めぼしい企業が選定し、応募を進めたら、早速、面接対策を行っていきましょう。子育てママが面接でよく聞かれることにはどんなことがあるのでしょうか? 中尾さんは次の項目を挙げます。

  • 急な子どもの体調不良などの場合、どうするか?
  • 前職の退職の理由が出産などが理由の場合、どうして退職したのか?
    (さらに詳しく理由を聞かれる場合あり)
  • 長期休み(春・夏・冬休み)なども通常通り仕事ができるか?
  • 残業や土日出勤が発生した場合に対応できるか?
  • 転勤は可能か?
  • 日帰りや宿泊を伴う出張は対応可能か?
  • 子どもが手がかからなくなった頃、仕事はどうしていくか?

中尾「これらの質問については、事前にご自身でしっかりと回答を考えておく必要があります。

その上で、ママとして子育てと仕事を両立していくのは、ママ一人ではかなり大変だという前提を踏まえて、支援体制を整えることが重要です。

夫やパートナー、両親などや地域のファミリーサポートベビーシッター、病児保育施設、協力し合えるママ友など、いくつかの協力先の確保は事前に整えておく必要があると思います。

そして、面接ではなるべく仕事に穴を空けない体制を整えていること、仕事に対しての責任感の強さや想いをしっかり伝えたほうが通りやすいでしょう。

また、短期的、中長期的なキャリアイメージも事前に考えた上で面接で伝えられると良いと思います」

面接でのNGな対応方法

面接でのNGな対応方法

続いて、子育て中のママの、面接中のNGな対応や回答にはどんなものがあるのかも教えてもらいました。

1.覚悟が決まっていないのに面接に臨む

中尾「ご自身の中で、子育てをしながら仕事をすることへの不安があり、覚悟が決まっていないのなら、そもそも応募はもちろん、面接を受けるのも避けたほうが良いでしょう。

面接では何とか答えられても、実際に働きだしてから後悔することは、本人にも会社にとっても悲しいことです」

2.必要以上に福利厚生・権利にこだわる

中尾「面接で、必要以上に福利厚生や権利についての質問や主張をすることは、あまり良い印象にならない場合があります。

特に育児支援制度が充実している会社の場合、そこだけを魅力に応募していると思われてしまうと、他の応募者で志望動機が『仕事の内容』に向かっている人と比べた場合に、採用される可能性が下がってしまうからです」

企業はどんな人を採用したい?

面接で答える内容を準備する際に、企業がどんな人を採用したいかを事前に知っておくことも重要といえそうです。

中尾「企業視点で見た場合に、どんな人を採用したいかは、ママかどうかにかかわらず、基本は同じです。もちろん会社や仕事内容によって異なりますが、次のことは一般的に求められていることといえます。

これらも押さえて面接の回答を考えておくと、より採用されやすい、企業担当者に好まれる回答となるでしょう」

  • 任せた仕事をきちんと行えるかどうか
  • 今いる社員やスタッフと協力し合って働けるか
  • なるべく長く会社で貢献してくれるかどうか
  • キャリアアップをして、将来、さまざまな仕事を任せられるか
    マネジメント業務やさらなる専門スキルを磨けるかなど)

子育て中のママにおすすめの「志望動機」は?

就転職活動に当たり、面接ではもちろん、応募書類でも求められることの多い「志望動機」。中尾さんに、子育て中のママにおすすめの志望動機を教えていただきました。もちろん、各自のケースに応じた志望動機を考える必要がありますが、これらも参考にしてみると良いでしょう。

  • 過去の経験が活かせる
  • やりたい仕事ができる
  • 応募する会社を通じて社会貢献ができる
  • 会社のお客様やターゲットが「ママ」である場合に、自分のママとしての経験・知識が活かせる
  • 育児や家事などマルチタスクを日々こなしているので、仕事でもそのスキルを発揮できる
  • まだ幼く、言葉がままならない、予想不可能な行動をする子どもと日々コミュニケーションをしているため、想いを汲み取ったり、先回りしたり、リスクヘッジをしたりする能力が高い
  • 自分が活躍することで、今いる独身の女性がママになっても働けると思ってもらえる

ママが働く際の心がまえ

子育て中のママが働く際の心がまえ

たとえ覚悟を決めたとしても、子育てしながらフルタイムで働くのは誰もが大変だといいます。そんなときの心がまえを中尾さんにアドバイスいただきました。

中尾「仕事と子育て、どちらを大切にするかは本人次第です。ただ企業で働くということは、自分の職務や責任をしっかり果たす必要があります。

子どもがいるから』ということを理由に、遅刻や無断欠勤などは基本的にはやってはいけないこと。

また子どもが熱が出たときに、他人や病児保育施設に預けて仕事をすることに抵抗がある場合は、身内での預け先の確保をするなど事前の準備も大事になってきます。

まずはご自分のためにも迷いや不安材料はなるべく減らしていくことをおすすめします」

今の「働きたい」という気持ちを大事にして、面接対策はもちろんのこと、その前の体制づくりという点での準備もしっかり行っておくことで、自分も応募企業も、子どもも家族もみんながハッピーになることができそうです。

ぜひ参考にして、積極的に動きましょう!

【取材協力】中尾 あずささん

国家資格キャリアコンサルタント、CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー) ワークショップデザイナー
旅行会社、人材会社での営業・企画職を経てキャリアカウンセラーとして独立。主に結婚 や出産、育児と仕事の両立等、ライフステージの変化によってキャリアに悩む女性を中心 にカウンセリングを実施中。
現在中学生小学生保育園児を持つ3児の母。趣味は旅行・アフターヌーンティー・ワイン