NOISEMAKER2020年7月1日に発売を予定する最新Mini AlbumH.U.E.」のジャケット写真が公開された。

今作のアートワークは、ボーカルAG書き下ろしによるもので、初回盤に封入予定のオリジナルカラーシートで覗くと、「色別」できる仕様になっている。

初回盤はジャケットだけではなく、ブックレットにも仕掛けが散りばめられており、この「色別」が今回の作品全体の大事なポイントになるらしい。さらに各種購入者特典も決定、各種特典のデザインは後日発表となる。

NOISEMAKER BIOGRAPHY

札幌にて結成。AG(Vo)、HIDE(Gt)、YU-KI(Ba)、UTA(Dr)からなる4人組オルタナティブロックバンド
パンクロックに留まらず、HIPHOPR&Bグランジオルタナなど様々なジャンルクロスオーバーした自由度の高いサウンドに支持を集める。“ROCK×ART”を信念に掲げ、アートワークデザインサウンドメイクなど全てをセルフで行い”日本一DIY ロックバンド”とも評される。結成以来、「ROCK IN JAPAN FES」や「SUMMER SONIC」、「OZZFEST JAPAN」、「COUNTDOWN JAPAN」など、全国各地の大型フェスに出演。シンガポール、台湾など海外のフェスにも出演し海外からも大反響を得る。初のワンマンツアーNOISE MANIA」を大盛況に終えた後、中国ツアーNOISE MANIA IN China」を開催。2018年1月27日恵比寿LIQUIDROOMで行われたワンマンライブRED APHELION TOUR FINAL ONE MAN」ではソールドアウトし、大成功を収めた。同年5月に北海道を代表する大きなフェスにしたいという思いを込め、バンドの故郷北海道(札幌)にて「KITAKAZE ROCK FES. 」を主催。現在まで3年連続で開催している。同年7月にはJESSE(The BONEZRIZE)をフィーチャリングゲストに迎えたシングルWings』を発売し、東名阪リリースツアーも即完売させた。近年ではアルバム『RARA』をリリース。AGとHIDEによるアートプロジェクト「DOTS COLLECTIVE」の繋がりから、ニューヨークよりストリートアーティスト 「WK Interact」を招き、制作費約1000万円をかけ渋谷のビルの壁に(12m x 12m)にRARAジャケットを制作し大きな話題となった。リリース後は全国15ヵ所を巡った「RARA TOUR」で各地軒並み完売を続出。ファイナルの渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブも見事ソールドアウトさせた。

※画像はイメージデザインです。本商品の色味と多少の差が生じる可能性がございます