ベルギーの情報機関は、中国のスパイが、欧州連合(EU)の心臓部であるベルギーの生物兵器とワクチンの専門家を標的にしているとみて、警戒を強めている。ターゲットになっているは、ベルギーのハイテク企業や、ベルギーにある英国大手製薬・ワクチン製造会社のグラクソ・スミスクライン (GSK) 社だという。欧州ニュースサイト「EUオブザーバー(EUobserver)」が5月7日伝えた。

EUオブザーバーは、ベルギーの情報機関当局、国家安全保障局VSSE)が2010年から2016年までまとめた複数の機密文書を入手した。それによると、情報機関当局は、軍事、科学研究、医療などの分野で展開される中国のスパイ活動を警告した。これらの機密文書は、数人の情報提供者の情報に基づいて作成された。

2016年の機密報告書によると、中国の諜報機関はベルギーの生物兵器とワクチン開発・製造分野に「強い興味を示した」。

生物兵器の開発、生産、貯蔵等は1975年に発行された多国間条約、生物兵器禁止条約(BWC)によって禁止された。しかし、多くの国では、条約で保障されているにもかかわらず、ウイルス学や感染症などの医学的研究と並んで、生物兵器の軍事研究を行っている。

ベルギーの国家安全保障関係者は、「ワクチンは生物兵器戦争の最初の防衛手段だ」と語り、危機的な状況ではワクチンの開発・製造は国や企業にとって非常に重要だとの見解を示した。

VSSEは10年前、中国当局のバイオスパイについて警告した。2010年2月のVSSEの機密報告書では、中国当局のスパイは、ブリュッセル自由大学の教授で、ベルギー軍の元生物兵器専門家であったマーティン・ジジ(Martin Zizi)氏に接近した。

同報告書によると、ジジ氏は一人の中国人科学者と「親しい間柄にある」とし、「彼女(中国人科学者)をベルギーの科学や医学研究界に紹介した」とした。VSSEは、同中国人科学者について、「中国軍で医師を務めた経歴がある」「中国当局に依然として密接な関係を保っている」「明らかMSS(中国国家安全省)に所属している」と指摘した。

VSSEの機密報告書によると、中国はまた、同じくベルギーの生物兵器の専門家であるジャン=リュック・ガラ(Jean-Luc Gala)氏を標的にした。

ガラ氏は、生物兵器研究を行うベルギー軍と民間企業による共同ベンチャー企業、Centre de TechnologiesMoléculairesAppliquées (CTMA) の代表を務める。VSSEによると、CTMA社は、生物テロ研究の先駆者だ。ガラ氏は、6年前にアフリカで、EUとの共同出資のエボラ対策任務に就いた。

2014年に発表されたVSSEの文書には、CTMAが開発した移動式の研究所を利用し、一部の時間をギニアの辺ぴな地域でアビガンの検査に費やしたと記されている。

VSSE2014年の報告書では、ガラ氏はCTMA社が開発した移動式研究室を使って、アフリカギニアで抗インフルエンザ薬、アビガンAvigan)の実験などを行った。

中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の治療薬として、アビガンは現在注目されている。

一方、VSSEの報告書によると、CTMA社はベルギー中部のルーヴァンカトリック大学(UCL)のキャンパス内のビルにある。しかし、数年前、2つの中国の団体が同じビルの別のフロアにオフィスを開設したという。

2つの団体は、北京中関村科技園(Beijing ZGC Science Park)と深セン欧州事務所(Shenzhen European Office)だという。

ベルギー情報機関当局筋は、深セン欧州事務所中国人幹部1人について「間違いなくMSSスパイだ」と話した。

(翻訳編集・張哲)

ベルギー・ブリュッセルシンボル、アトミウム(o palsson /Wikimedia commons)