2020年5月7日新型コロナ感染防止策で、自宅待機指示が続いているフィリピン・マクタン島ラプラプ市では、買い物に便利な中国製小型自転車「OKSTAR」の販売が好調だ。

 自転車販売店のほとんどが店を閉めており、ラプラプ市内のオンラインショップで注文を受け付け、ラプラプ市内限定で、当日または翌日のスピード配達サービスを行っている。価格は本体価格4200ペソ+配達費100ペソ=合計4300ペソ(約9,500円)。配達には、スクーターバイクを使用し、狭い路地でも配達できるよう工夫した。

 購入した元日系企業従業員Daianaさんは「乗り心地はいいですよ。ハンドルが軽く運転もしやすい。キュートだし。青の色とデザインスタイルが好きです。バスケット、ベル、そしてライトも付いています(鍵は無し)。都市封鎖(ロックダウン)のため、交通手段が無い(行政の運行するミニバスは待ち時間が1時間以上になることもあり不便)ので非常に便利です」と話している。

中国製・自転車「OKSTAR」