現地時間7日、英王室キャサリン妃がITVの『This Morning』に出演し、自主隔離生活中のホームスクーリングの様子や新たにローンチしたプロジェクトについて語った。

3月より一家でノーフォークサンドリンガム邸にて自主隔離中のウィリアム王子・キャサリン妃夫妻。自宅からテレビ出演を行ったり、ビデオ通話を通じて医療従事者やキーワーカーを励ますなど、夫妻は精力的に公務に臨んでいる。

英時間7日にはキャサリン妃ITVの朝の情報番組『This Morning』にリモート出演し、ジョージ王子(6)、シャーロット王女(5)、ルイ王子(2)との隔離生活について語った。司会者に日々の状況を尋ねられ、

「またホームスクーリング(自宅学習)の日々が続いています。」

と明かしたキャサリン妃、いたずら盛りのルイ王子の育児に加え、それぞれ異なる課題に取り組まなければならないジョージ王子シャーロット王女の勉強も見ているだけあり、そんな毎日に少々お疲れモードの様子。ホームスクーリングに奮闘する世界中の親達と同じように、キャサリン妃もこの“ニューノーマル”にストレスを抱えているようだ。

ジョージシャーロットプロジェクトをやりたがって、すごく機嫌を損ねるんです。確かに読み書きの勉強よりも、“スパイダーサンドウィッチ”を作るプロジェクトのほうが何倍も面白そうですから、無理もないのですが。」

どうやらジョージ王子は、退屈な自分の課題には興味を示さず、いつも楽しそうな課題が出される妹に嫉妬しているもよう。このなんとも微笑ましい、きょうだいの“あるあるエピソードには、司会者達からも思わず笑いがこぼれた。

キャサリン妃はまた、この日にローンチした新プロジェクト「Hold Still」キャンペーンについても言及した。日頃から写真が趣味の妃がパトロンを務める、ロンドンの国立ミュージアムナショナル・ポートレート・ギャラリー」とタッグを組んだ同キャンペーンでは、パンデミックのさなかを生きる国民のリアルな日常をとらえた写真を一般から公募し、厳選された100作品が「A Portrait of Our Nation in 2020」として8月に展示される予定だという。

科学的側面からではなく「ヒューマンストーリーを通じて語られるパンデミックの“リアル”」というコンセプトに惹かれたというキャサリン妃は、

「個人レベル、あるいは地域レベルで、私達は皆繋がっていると思うのです。」
「皆さんから寄せられた作品を公開すること、またこの大変な時期に直面する我が国のリアルな姿を展示することで、皆さんの心をつなぎ合わせ、1人1人の経験を分かち合えれば。」

と新キャンペーンへの熱意をのぞかせた。

ケンブリッジ夫妻の公式SNSでは、すでに数点の力作が公開されている。人種や国籍、世代を超えて人々の感情に強く訴えかける素晴らしい作品は、一見の価値アリだ。

画像は『Kensington Palace 2020年5月7日Instagram「The Duchess and the @NationalPortraitGallery are inviting the people of the UK to submit a #HoldStill2020 photographic portrait, which you have taken during these extraordinary times.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト