お手頃感ハンパない!  「値段以上」の見栄えと中身のクルマ6選

国産車ではマツダ車のコストパフォーマンスが非常に高い

 世のクルマのなかには、見た目、存在感、内装のゴージャスさ、そしてパフォーマンスに対して、意外なほどリーズナブルな価格で買えるクルマがある。比較的安価な予算で見栄を張れるだけでなく、いい買い物をしたと実感できるというわけだ。今回は見栄えはするのに手ごろなクルマをいくつか紹介しよう。

1)マツダCX-8

 国産車では、マツダ車全般がそれにあたる。とくに、2019年3列シートSUV国内販売台数No.1のCX-8の値ごろ感は圧倒的で(7万7000円のオプションとなるソウルレッドクリスタルメタリック推奨)、見た目500万円級のサイズデザイン、内装の洗練度、そしてパフォーマンスを含め、294.8万円から買える大型SUVには到底、見えない。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

 実際に走らせてみても、スカイアクティブDのトルキーかつ滑らかで静かな走行性能、クリーンディーゼルエンジンならではのトルクゆとりにも満足できるはずである。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

2)マツダCX-30

 マツダ車では、立体駐車場への入庫が容易なクロスオーバーSUVであり、2020年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーのベスト3に選ばれた栄誉あるCX-30のバリューも極めて高い。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

 ボディサイドの美しさ、上質感溢れるインテリアの仕上がりも、とても300万円級のクルマには見えないだろう。CX-8同様、オプションソウルレッドクリスタルメタリックのボディカラーなら、街に、緑に映える鮮やかさが際立ち、見る者を魅了する。

3)フォルクスワーゲン・アルテオン

 輸入車では、フォルクスワーゲンに、見た目や存在感に対してすこぶるリーズナブルな車種がある。代表格はフォルクスワーゲンフラッグシップモデルであるアルテオン。パサーベースながら、ファストバックデザインの優雅さ、クーペライクなスタイリッシュさ、そしてハッチバックゆえのワゴンに匹敵する機能性、4MOTIONと呼ばれるフルタイム4WDの駆動方式さえ持ち合わせているのだ。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

 初めて、黄金色に輝くターメックイエローメタリックの20インチタイヤ&ホイールを履く実車と対面したときには、上陸時に500万円台だった価格に対して、7〜800万円級の価格を思わせたほどだった。パフォーマンス的には280馬力、35.7kg-mと特筆するほどではないものの、現時点で625万円~の価格は、改めて、フォルクスワーゲンフラッグシップモデルとしてじつにリーズナブルだと思わずにいられない。

 で、より高価に見える、選択すべきボディカラーはターメックイエローメタリックスーパーカービジュアルを演出するのにもってこいのゴージャス感があるゴールドっぽい色である。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

同車格で比較しても魅力的な価格を実現しているモデルも!

4)フォルクスワーゲン・パサートセダン

 フォルクスワーゲンでは、アッパーミドルセダンに分類される、パサーセダンも、ドイツ勢のメルセデスベンツCクラスBMW3シリーズアウディA4、ジャガーXEと比較して、想像以上にリーズナブルなハイコストパフォーマンス車だ。セダンの価格は2リッターTDI、190馬力、40.8kg-mを発揮するクリーンディーゼルエンジンを積むTDIエレガンスラインで441.4万円(ナビゲーションはオプション)。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

 メルセデスベンツCクラスの実質的エントリーモデルのC180アバンギャルドが530万円、BMW3シリーズのこれまた実質的なエントリーグレードの320iが536万円だから、ドイツ車の同車格でありながら、エレガンスラインオプションとなるナビゲーション分を加味しても80万円近く安く買えることになる!!

見栄えはするのに手ごろなクルマ

5)プジョー508

 同じく、欧州Dセグメントに属するプジョー508の価格にも注目だ。1.6リッターガソリンターボエンジンを積む508 Allureの価格はなんと424.7万円から。プジョーi-コクピットの先進感やフランス車ならではの乗り心地、そしてダイナミックフロントグリルエレガントなボディスタイルもまた、街に溢れるドイツ車と一線を画す存在感となって発散される。輸入Dセグメントでもっともリーズナブルな価格帯にある1台が、このプジョー508と言っていい。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

6)シボレー・コルベット

 最後に紹介するのは、2020年モータートレンド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞の、シボレーコルベット。価格は1400万円とまったく安くはないが、C8となったボディはこれまで以上、どころではない、挑戦的なスーパーカーそのもののルックス、未来感満点のスポーツカーインテリアを備える。

見栄えはするのに手ごろなクルマ

 ミッドシップレイアウトされる6.2リッターV8エンジン369馬力、65.0kg-mものスペックを誇り、0〜60マイル(約96km/h)加速2.9秒、最高速度約312km/h(メーカー値)というのだから、まさにスーパーカー、生粋のスーパースポーツそのもの。そうしたニューコルベットの全貌からすれば、日本での1400万円という価格が、フェラーリなどの欧州のスーパーカーに対してリーズナブルと思えてくるのは、世界中の専門家の賛辞の言葉を借りなくても、当然と言えるだろう。

お手頃感ハンパない!  「値段以上」の見栄えと中身のクルマ6選