株式会社セガは、Nintendo Switch(TM)用ソフトウェアSEGA AGESシリーズ配信タイトルの第18作目となる『SEGA AGES サンダーフォースAC』を、2020年5月14日(木)よりニンテンドーeショップにて配信することを決定いたしました。

ゲーム紹介】 ※画面は開発中のものです
テクノソフト開発の人気シューティングゲームサンダーフォースIII』がさらにパワーアップ
オリジナルスタッフによるリメイクバージョンである『サンダーフォースAC』が、Nintendo Switch™でついに登場します。
SEGA AGES版では、アーケード版『サンダーフォースAC』を忠実に移植した「アーケードモード」が楽しめるのはもちろん、プレイヤー機の攻撃力アップなどを行った低難易度の「KIDSモード」が実装されています。また、アーケードKIDSモードプレイ実績によりプレイヤー機が追加されていき、STYX Mass Product、RYNEXなどの最大4種より選べるようになります。

▼機体紹介
FIRE LEO-03 STYX(ステュクス)
銀河連邦が総力をあげて開発した高機動戦闘機で、小型ながら大型戦艦にも匹敵する火力を持っています。最初はこの機体しか選べません。TWIN SHOT(SEVER)、BACK FIRE(LANCER)、WAVEFIREHUNTER の5 種類の武器と、さらにCLAWとSHIELD を装備可能です。

FIRE LEO-03MP STYX Mass Product(ステュクス量産型
サンダーフォースAC(III)』から2 年後が舞台となる『サンダーフォースIV』に登場するSTYX の量産型スピード変更時のバックファイアが強化されていて、これを使って攻撃することで高スコアを獲得できるテクニカルな機体です。ボタンの設定を追加することで、CLAW装備時に「ROLL」攻撃も可能となります。

FIRE LEO-04 RYNEX(ライネックス)
サンダーフォースIV』に登場する主人公機で、次期主力の超高性能小型戦闘機です。
TWIN SHOT(BLADE)、BACK SHOTRAIL GUN)、SNAKE、FREE WAYHUNTER の5種類の武器と、CLAWとSHIELD を装備可能です。

FIRE LEO-04 RYNEX(ライネックスサンダーソード装備)
サンダーフォースIV』のストーリー後半に登場する、最強兵器を備えたRYNEX です。
RYNEX の装備に加え、THUNDER CLAWを装着することで最終兵器「THUNDER SWORD」が発射可能となります。

【 商品概要 】
商品名 : SEGA AGES サンダーフォースAC
対応機種 : Nintendo Switch
発売日 : 2020年5月14日(木)配信予定
価格 : 999(税込)
ニンテンドーeショップからのダウンロード販売
ジャンルシューティング
プレイ人数 : 1P
発売・販売 : 株式会社セガ
CERO表記 : A区分(全年齢対象)
著作権表記 : (C)SEGA
公式サイト : https://archives.sega.jp/segaages/tfac/

株式会社セガは、2016 年にトゥエンティワン有限会社よりテクノソフトブランドに関する権利取得を受けております。

Nintendo Switchゲームニュースにて「SEGA AGESチャンネル運営中!
Nintendo Switch™のゲームに関する最新情報などを本体にお届けする「ゲームニュース」で、「SEGA AGESチャンネルを運営中です。
シリーズに関する最新情報をお届けしますので、ぜひチャンネル登録をお願いいたします。

チャンネルの登録方法】
1. Nintendo Switch™のHOME メニューより「ゲームニュース」を選択。
2. ゲームニュース画面の右上にある「チャンネルを見つける」を選択。
3.「SEGA AGESチャンネルを登録。

■「SEGA AGES」配信中のタイトルはこちら!
・『SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2018年9月20日配信)
世界中のゲームファンが夢中になった音速ハリネズミソニック”の、すべての物語のはじまりとなるデビュー作。

・『SEGA AGES サンダーフォースIV』2018年9月20日配信)
伝説の人気ソフトメーカーテクノソフト”が生み出した大ヒットシリーズサンダーフォース』の第4作。
株式会社セガは、2016年トゥエンティワン有限会社よりテクノソフトブランドに関する権利取得を受けております。

・『SEGA AGES ファンタシースター2018年10月31日配信)
人気RPGファンタシースターシリーズのすべての原点となる第1作。オリジナリティ溢れる世界観や、なめらかにアニメーションするグラフィックなどでRPGに新たな道を切り開いた。

・『SEGA AGES アウトラン2018年11月29日配信)
ヨーロッパ美しい風景の中を、名曲に乗せてスポーツカーで駆けめぐる、元祖ドライブゲーム。各コースの風景の美しさを堪能しながら、ドライブをするような感覚で楽しめるのが魅力。

・『SEGA AGES ゲイングランド2018年12月27日配信)
未来世界のレジャー施設を舞台に、中に閉じ込められた人々を救い暴走したコンピュータを停止させるため、20人の仲間が力を合わせて戦うタクティカルアクションシューティングゲーム

・『SEGA AGES アレックスキッドミラクルワールド2019年2月21日配信)
80年代のセガを代表するキャラクターアレックスキッド”のデビュー作。セガ・マークIIIで発売されたアクションゲームで、“アレックスキッド”の人気を決定的にした。

・『SEGA AGES ぷよぷよ2019年3月28日配信)
同じ色のぷよを4つつなげて消していくシンプルルールで、行く手をはばむゆかいなキャラクターたちと対戦していく初代『ぷよぷよ』の元祖アーケード版。

・『SEGA AGES バーチャレーシング2019年4月25日配信)
セガが初めて本格的に3Dに挑戦した、「バーチャ」の名を冠した初めての作品。フォーミュラカーのリアルな世界をゲーム内に再現して大ヒットした。

・『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド2019年5月30日配信)
モンスターワールドシリーズの原点となる、名作アーケードゲームアクションRPGの美味しいところ取りをした斬新なゲームデザインは、今もなお多くのゲームファンに愛されている。

・『SEGA AGES スペースハリアー2019年6月27日配信)
超能力戦士「ハリアー」となって、ドラゴンランドに現れた奇妙で魅力的な敵たちと戦いを繰り広げる、3Dシューティングゲームの元祖ともいえる、傑作アーケードゲーム

・『SEGA AGES コラムスII』2019年8月8日配信)
美しい宝石をタテ・ヨコ・ナナメに3つ以上並べて次々と消していく、大ヒット落ちものパズルゲームシリーズ第2作。

・『SEGA AGES イチダントアール2019年9月26日配信)
みんなで楽しめるパズルアクションパーティーゲームの決定版『タントアールシリーズの第2作。“一段と”パワーアップした20種類のミニゲームを、さまざまなモードで楽しめます。

・『SEGA AGES SHINOBI 忍』2019年10月31日配信)
セガの人気作「Shinobiシリーズの第1作。現代に生きる忍者「ジョームサシ」と、闇の世界を牛耳る犯罪シンジケート「ZEED」との戦いを描くアクションゲーム

・『SEGA AGES ファンタジーゾーン2019年11月28日配信)
ゲームセンターで初登場以来、多数のゲーム機に移植された、セガを代表する横スクロールシューティングゲームファンタジーゾーンの平和を守るため、戦士「オパオパ」として飛び立とう!

・『SEGA AGES ぷよぷよ通2020年1月16日配信)
ファンの間で最も対戦が熱いと特に人気の高い、人気アクションパズル第2弾。「おじゃまぷよ」同士を打ち消し合う「相殺」システムはもちろん、アーケード版ならではのレスポンスを可能な限り再現!

・『SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』2020年2月13日配信)
スピード感、爽快感ともに前作よりパワーアップシリーズ中でも屈指の傑作として名高いタイトルソニックの相棒・テイルスに加え、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』から登場したライバルナックルズも登場!

・『SEGA AGES G-LOC AIR BATTLE2020年3月26日配信)
3Dシューティングを更なる次元に引き上げた『G-LOC』が、初めてアーケードに忠実な移植として復活しました。アーケード版を再現したモードに加え、爽快感を重視した新たなミッションを楽しめる「AGESモード」も収録!

■今後の配信予定タイトル
『ヘルツォーク ツヴァイ
⇒詳細はこちら!「SEGA AGESポータルサイト
http://archives.sega.jp/segaages/

■「SEGA AGES」とは
時代を越えて、セガの名作タイトルを現代に甦らせるブランドが「SEGA AGES」です。
可能な限りオリジナルに忠実な再現を目指しつつ、オリジナル版やこれまでの移植版には無かった新たな追加要素を盛り込み、より快適に、より多くの皆様にお楽しみいただけるように復刻します。Nintendo Switchダウンロード専売で『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『サンダーフォースIV』をはじめ、アーケード、コンシューマの歴代ゲームから数々のタイトルラインナップします。

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

配信元企業:株式会社セガ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ