非営利一般社団法人日本動物虐待防止協会は保護猫活動の様子や、海外における動物虐待専門を取り締まるアニマルポリスを10年に渡って日本に広めた実績を持っている藤村晃子さんが理事長として活動している。そして藤村さんはオーナーとして2017年横浜市に保護猫シェルター「保護猫の家Arigato」を開き、保護猫カフェとして、カフェの経営で譲渡活動や保護猫活動を行っている。スタッフ日本人だけでなく、これまでアメリカ人や、スペイン人もボランティアスタッフとして活動している。また日本に暮らす外国人ペット相談にも対応しています。
過去には「保護猫の家Arigato」の店先に子猫が捨てられてたことや、骨折をした猫を保護したり、置き去りにされた子猫のミルク哺乳など、ただ、動物たちを救いたい。という気持ちからブレることなく努力を続けた結果、わずか3年で月間300名が訪れる人気店に成長して行きました。
国連世界動物救済支援機構詩月財団の会長であるGODと理事長であるSIZUKUは、日本動物虐待防止協会の藤村さんの活動を支援しながら、今年で放送7年目となるレギュラー番組「GOD CHANNEL」に出演している。また、藤村さんは、保護猫ユーチューバーとして動画配信番組「ミルラジオ」も立ち上げ、お互いのネット番組にゲスト出演しながら動物達の愛護活動や啓発活動をしています。


理事長 藤村晃子さん
理事長 藤村晃子さん



保護されたネコ
保護されたネコ

保護されたネコ
保護されたネコ

詩月財団会長 GOD
詩月財団会長 GOD

詩月財団 理事長 SIZUKU
詩月財団 理事長 SIZUKU

2019年茨城県古河でネグレクトをしていた動物保護団体「ワンライフ」の虐待飼育を古河署に刑事告訴した事で、ここの代表が動物愛護法違反として書類送検され、その後、起訴され略式命令となり、その模様がTBSビビットで大きく取り上げられ、社会的な反響を呼び、ワンライフへの告発動画の再生回数が8万回を超えました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護猫カフェの店内では、電解次亜塩素酸の除菌コントロールや、来場者には手指消毒を徹底していて安全に開催して来ましたが、政府の非常事態宣言で、来場者の安全を第一に考えて、この度カフェスペースを閉じる事になりました。カフェの来場者や、保護したり治療した猫たちの出会いの場が無くなり、窮地に陥っていた矢先、オンラインで譲渡会を行うことを発案、現在動画配信サイトYouTubeで「オンライン譲渡会」を開催。テレビの制作経験を生かした動画は、配信わずか2週間で、2匹の身寄りのない猫たちを、里親につなぐ事に成功しました。
非常事態宣言の中で、保護猫カフェを開くことが出来ずにいた時、仲間からの助言でクラウドファンディングを立ち上げ、現在募集しています。リターンとして代表自らがサンフランシスコ警察を取材したアニマルポリスドキュメンタリーDVDが貰えたり、保護猫カフェが再開した時に使える入場チケットも購入することができます。
残りわずかな日数ですが、詩月財団会長のGODと理事長のSIZUKUはゴールに達成する事を期待しています。


クラウドファンディングへのご協力はこちら


新型コロナウイルスの影響で普段の活動ができなくても、保護犬や保護猫たちに家族を探す活動は絶対に絶やしたく無いという思いは誰よりも強く、保護犬、保護猫活動に大きく貢献して来た団体であることは間違いなく、ここまで動物のために日々苦労しながら活動する団体に向けられた根拠のない凄まじい嫉妬がドラマのように繰り広げられています。
これはどの団体にもあることですが、慈善活動をしていて、信頼されればされるほど、それに、嫉妬して攻撃する人達はまだまだ沢山居ます。
日本動物虐待防止協会も事実無根のデマを流されたり、意図的に社会的な信用を失墜させる妨害者たちが居ることも、動物愛護団体の闇の一つであります
寄付する時は、同じ保護猫活動をしているものが、本当に活動している団体に対し悪意のあるカキコミをするような醜態をさらす団体には寄付をしないようにしていただきたいです。
藤村さんは純粋に犬や猫を助けたいという気持ちからクラウドファンディングを行っていますので、この記事を読んでくださった方々に、このクラウドファンディングを純粋に応援して欲しいとGODとSIZUKUも思っております。
募金の振込先
三菱UFJ 銀行 千住支店 普通口座 0042615
非営利一般社団法人日本動物虐待防止協会







保護猫の家「Arigato
横浜市神奈川区六角橋6丁目29-16
エミネンス白楽2階
横浜ブルーライン 岸根公園駅徒歩3分
新横浜駅タクシー5分


理事長 藤村晃子さん