宝くじを当てて一気に億万長者になる夢は誰もが一度は考えたことがあるだろう。そんな夢を30年間抱き、全く同じ数字で宝くじを買い続けた男性がついに高額当選を果たした。さらに信じ難いことに一日で2回、合計200万ドル(約2億円)を当てたことで話題になっている。

米コロラド州プエブロ市在住のジョー・ビーさん(Joe B)は3月25日の午前中、市内のセブンイレブンにて3枚の宝くじを購入した。そして同日の夕方にそのセブンイレブンから約1.6kmのところにあるコンビニLoaf N’ Jug store」でも宝くじを3枚買った。

ジョーさんが購入したのは、アメリカで有名な宝くじパワーボールPowerball)」だった。パワーボールは1~69の中から5つの数字と、1~26のパワーボールと呼ばれる数字1つを選び、6つ全て揃うとジャックポット(高額当選)となる。今回ジョーさんは5つの数字を見事に当て、このジャックポットの次にあたる賞を射止めた。5つの数字が揃う確率は恐ろしく低く、およそ1千万分の1とも言われている。一回当てるだけでもかなり運が良いと言えるが、一日で2回も当ててしまうとは驚きを隠せない。

そんなジョーさんは過去30年間、同じ数字「5-9-27-39-42」を選んで宝くじを購入していた。理由は明らかにされていないが、彼なりのジンクスがあったのかもしれない。どちらのお店でも1枚はいつもと同じ数字で、残り2枚はコンピュータによって自動的に数字を決めた。ジョーさんが頑なに使ってきた数字のセットが今回当選し、2枚購入していたため2回分の当選となったのだ。

30年も宝くじを買い続け、ついにジョーさんにツキが回ってきたのだ。これだけの長期間、宝くじを買っても当たらない日々が続くと、大抵の人は無駄だと感じて購入をやめてしまうだろう。ジョーさんはこれに耐え続け、結果的に2億円という大金を手に入れて億万長者となった。

奇跡に近いジョーさんの当選だが、実は過去にも似たようなケースが複数回も起きている。今年の初め頃、たまたま同じ数字で買った2枚のパワーボールが当選し合計10万ドル(約1千万円)を当てた人や、意図せずに2枚とも同じ数字で買ったパワーボールのチケットが当選し、今回のジョーさんと同じく合計200万ドルに当選した人もいた。自分も宝くじを買えば当選するのではと錯覚してしまいそうな、何とも夢のある話だ。

なお宝くじの購入から約1か月後の先月27日、ジョーさんは当選した宝くじを換金した。換金所のスタッフが当選金の使いみちを尋ねると「ボスにはプランがあるみたいだ」と、妻のことを「ボス」と呼んで冗談を交えて答えた。奥さんの尻に敷かれてしまっている様子のジョーさんだが、彼にも自由に使えるお金がもらえるように祈りたい。

画像は『CNN International 2020年4月29日付「A man hit the Powerball jackpot twice in the same day, after playing the exact same numbers for 30 years」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト