新型コロナウイルスをきっかけに、これまで当たり前だと思っていた習慣が見直されつつある。暮らしが変わる中で、クルマの価値はどう変わるのか? TEXT●今 総一郎(KON Soichiro

正直に言って、クルマを「持つ」のは面倒だ。クルマを持ったことがない人でも知っての通り、自動車税も含めて、任意保険や駐車場など諸々の費用は掛かる上に、車検も受けなければならない。しかし、ここで訴えたいのはクルマは「買う」のも面倒だということだ。

現在では来店から商談までスムーズに進めるために各メーカーのホームページにはコンフィギュレーターが用意されており、車種やグレード、オプション装備などを予め決められる。しかし、楽しいのはここまでだ。

逸る気持ちを抑えつつ、朝一で来店しても、待っているのは細かな文字でびっしりと埋め尽くされた契約書の一枚一枚に氏名と住所を書き、ハンコを押す作業だ。手首の痛さと空腹とカフェインの多量摂取による胸焼けを我慢して、ようやく帰れるのは日が暮れてからだ。

しかし、まだ終わりではない。クルマ(登録自動車二輪車軽自動車、小型特殊  以外の自動車の総称)を手に入れるためには重要アイテム車庫証明」が必要だ。当然ながら駐車場の契約が必要となり、これにも大量の氏名と住所とハンコが求められる。苦労の末、必要書類を揃えても「車庫証明」は即日発行されず、後日取りに行かなければならない。さらに、任意保険の契約でも氏名と住所とハンコが求められる。つまり、クルマを買うには多くの時間と気力そして体力が必要なのだ。

今回のコロナ騒動をきっかけに社会の仕組みを見直そうという声も多く、例えば教育では「9月入学」や「オンライン授業」の導入を検討しようという意見がある。また、ビジネス上の契約などが紙とハンコからようやくデータへ切り替わり始めた。テレワークの導入も進められている。

毎日決められた時間に、決められた場所に出勤するという働き方なら、多くの人を効率よく運べる電車は便利だった。けれども、働く場所にこだわらないテレワークが定着すれば、むしろクルマのように時間や場所を自由に決められる移動手段の価値が見直されるはずだ。この流れを受けて、クルマの購入も「免許証」だけで完結できるほどシンプルに見直してみてはどうだろうか?「出口戦略」ならぬ「入口戦略」が問われているのかもしれない。