2020年4月20日、『新型コロナウイルス感染症緊急経済対策』が閣議決定され、住民基本台帳に記録されている人、1人につき10万円が支給される『特別定額給付金事業』が実施されることになりました。

この『特別定額給付金』について、一部では申請を辞退する声もあがっています。

そんな中、沖縄県石垣市の中山義隆市長が、「1人10万円の給付金を、市民のみな様は全員受けてください。落ち込んだ地元経済のカンフル剤になります」と投稿し、話題となりました。

石垣市民みんなが地元で10万円を使えば、約50億円…大きな額に、地元経済の回復を期待したくなります。

石垣市だけでなくほかの地域でも、同じことがいえるでしょう。

中山市長の投稿に、多くの人がコメントしました。

素晴らしい発信。ありがとうございます!

・辞退するのではなく、地域振興のためにも全員が受け取り地域でお金を回す。それが健全な姿だと思います。

・地元でお金が回るのが一番いいから、みなさんが受け取って好きに使うのがいいと思う。

・私は石垣島への旅行資金にあてるつもりです!収束したら島にお邪魔して、地元のお店で使います。

一律給付金を辞退するよりも、一人ひとりが受け取って消費するほうが、困っている人たちへの素早い手助けとなれるかもしれません。

各々ができる範囲で、いつもより少し贅沢な買い物をし、落ち込んだ経済を盛り上げていきたいものです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yoshitaka_ISG