幼少期から小学校まで、かつて誰もがきっとお世話になった「クレパス」。「クレヨン」と「クレパス」って同じだと思っていませんでしたか? クレヨンとは、パラフィンや蝋などと顔料を練り合わせた棒状の画材のこと。色を混ぜたり、重ね塗りには適していませんが、硬くて書きやすく、汚れにくいので幼児向けの画材道具として使われます。クレパスは、クレヨンの原料に液体油を混ぜ合わせた画材のこと。伸びがよく、重ね塗りもできるため、年長~小学生でよく使う画材です。

そんな懐かしのレトロアイテムが、腕時計になって登場。しかも、電池交換不要のソーラー式電池を搭載。幼なじみに久々に会ったようなワクワクした気持ちが感じられそうです。

超ロングセラー「サクラクレパス」が腕時計になった!「クーピー」もあるぞ!