ひょっとしたら、これは“予言”のような作品になるのではないだろうか……。

【millennium paradeは攻殻機動隊だった? 神山・荒牧監督と語る『攻殻 SAC_2045』の画像・動画をすべて見る】

4月23日より全世界で独占配信中のNetflixオリジナルアニメシリーズ攻殻機動隊 SAC_2045』。原作は1989年士郎正宗さんが発表した漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』。

以来、アニメや実写映画、ゲームなどさまざまなメディアシリーズを展開し、世界中のファンクリエイターに大きな影響を与えてきた近未来SFシリーズ攻殻機動隊」の最新作だ。



シリーズ初のフル3DCG作品となる本作は、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の神山健治さんと『APPLESEED』の荒牧伸志さんが共同監督を手がけ、Production I.GSOLA DIGITAL ARTSが共同制作した。

OPテーマFly with me」はKing Gnu常田大希さん率いるプロジェクトmillennium paradeが担当(アーティスト名は millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045)。本作のために書き下ろしたこの曲は、5月13日にCDシングルとしてリリースされた。



作品の舞台は2045年。“全世界同時デフォルト”が発生し、計画的かつ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した世界で、傭兵部隊として腕を奮っている草薙素子ら元公安9課メンバーの奮闘が描かれる。

どんな発想から新しい「攻殻機動隊」の物語が生まれてきたのか?
アニメーションと音楽はどのような化学反応を起こしているのか?


──それを探るため、神山健治さん、荒牧伸志さんの両監督と、「攻殻機動隊」に多大な影響を受けてきたというmillennium paradeの常田大希さん、佐々木さん、神戸雄平さんの5人にインタビュー取材を行った。



なお、CINRA.NETでは同じ座組みで、millennium paradeが『攻殻機動隊 SAC_2045』のOPテーマを担当した経緯をより深く振り返っている。取材を実施したのは制作が佳境を迎えていた1月29日。「現実に越されたくない」と語っていた荒牧監督の言葉が、今になってみると、とても印象的だ。

新型コロナウィルスが猛威を振るい、各国で多数の死者が出て、世界経済にこの先にわたって壊滅的なダメージが及ぶことが確定している2020年。「攻殻機動隊」が描く未来像に着目すべき意義は、とても大きい。

取材・文:柴 那典 撮影:Takashi Togawa

神山監督「スタンドアローン・コンプレックス」のヒントは音楽



攻殻機動隊 SAC_2045』の“原点”となる『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(以下『攻殻機動隊 S.A.C.』)が放送されたのは2002年。「笑い男事件」というサイバーテロを題材とした近未来SFストーリーは大きな衝撃を持って受け止められた。

当時は9・11同時多発テロ事件との関連が多く語られたが、今になって振り返ると、重要な“予言”となっていたのは作品のサブタイトルにもなった「スタンドアローン・コンプレックス」という概念だろう。

情報ネットワークの発達によって独立した個人(=スタンドアローン)が無意識的に同調し、結果的に集団的な行動(=コンプレックスをとるようになる、ということを意味するこの言葉。

2002年の当時はあまり理解されにくい概念だったが、スマートフォンSNSが普及した今の日本では、むしろ我々の日常の中で当たり前に思い描くことのできるイメージとなっているだろう。

神山健治監督は、当時、どのような未来を思い描いていたのか。



神山 未来を予見しようと思っていたわけじゃないんです。ただ、「スタンドアローン・コンプレックス」という概念のアイディアのもとになったエピソードがいくつかあって。

──それはどういうものでしょうか?

神山 当時はまだSNSはなかったんですが、携帯電話でようやく140文字のメールが送れるようになったぐらいの時代だった。そういうときに、携帯をつくった会社の偉い人が「なんでしゃべれるのに、テキストで会話するのかね?」って言っているインタビューを読んだんですよ。

それを読んだときに「いや、絶対にこれからの人たちはテキストで語り合うっていうところにハマっていくな」と思ったんです。これは明確に覚えています。

なぜかと言うと、テキストのほうが情報の広がる速さが圧倒的に速い。昔って、人気のドラマや番組を観た翌日の学校でその感想を話していたわけじゃないですか。共通体験を共有するためには学校に集まる必要があった。

でも、顔を見合わさずにその日のうちに中学生高校生メールで「あれ、観た?」っていう情報を広めているわけですよ。しかも、電話だと1対1のコミュニケーションしかできなかったのが、テキストだと何人もと同時に会話をしている状態が可能になる。

携帯メールを送る機能を発明したおじさんちより、それを真っ先に使っている子たちのほうが先にビビッドに反応しているのを見たんですね。それで「あ、これからはこういう時代がくるんだな」って思った。

あともう1つ、スタンドアローン・コンプレックス」という概念のヒントになったのは音楽なんですよ

──音楽がヒントになった、というと?

神山 僕は音楽への憧れがすごくあるんです。特にライブをやっている人たちの生き様みたいなものを「かっこいいな」と思っていた。僕らがやっているアニメーションは1フレームごとにコントロールできるものだけど、唯一ないものがライブ感なんです。

だから自分ができないものに憧れたという意味もあったと思います。それで「スタンドアローン・コンプレックス」は、音楽、特にライブをやる人たちのスタイルや生き方を参考にしたんですね。

millennium paradeの根底にある「攻殻機動隊」の原体験



攻殻機動隊』と音楽との親和性はとても大きい。川井憲次さんによる『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の音楽をはじめ、菅野よう子さんが手がけた『攻殻機動隊 S.A.C.』のサウンドトラックや、コーネリアスによる『攻殻機動隊ARISE』のサウンドトラックなどは印象的だ。

攻殻機動隊 SAC_2045』のOPテーマ「Fly with me」を手がけるmillennium paradeメンバーも「攻殻機動隊シリーズからの多大な影響を語る。



常田 最初に話が来たときには、かなりテンション上がりましたね。

佐々木 「嘘でしょ!?」って。

常田 俺はやっぱり、音楽家目線で作品を観ていたので。菅野よう子さんやコーネリアスが音楽を担当したアニメーションがあるというところから「攻殻機動隊」を知った記憶がありますね。そこから世界観とかストーリーラインにもとても影響を受けるようになった。

佐々木 トータルのアートワークビジュアル的な側面にしても、今までにない東京の近未来の切り取り方をしていたんですよね。

街の見せ方にしても、ホログラムが看板になっていたり、「本当にこういうのがあったら面白いな」というものが可視化されていた。そういう部分はmillennium paradeとしても表現したい形だったので、すごく影響を受けています。



神戸 自分が最初に知ったのは押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』だったんですけど、そこから『攻殻機動隊 S.A.C.』にも没入していくようになって。

自分の今好きなカルチャーの根源みたいなところに「攻殻機動隊」という作品がずっと残っているっていう感じです。2人が言ったように、視覚表現としての新しさ、斬新さ、情報量の緻密さにはすごく影響を受けていますね。



スタンドプレーから生じるチームワーク」に通じる“バンドではない”あり方

我々のあいだにはチームプレーなどという都合のよい言い訳は存在せん。あるとすればスタンドプレーから生じるチームワークだけだ


──『攻殻機動隊 S.A.C.』には、こんなセリフがある。公安9課を率いる荒巻課長の言葉だ。こうしたチームのあり方も、実はmillennium paradeのあり方に共通している。

millennium paradeとは、King Gnuの首謀者である常田大希さんによるプロジェクト2019年5月に行われたライブイベント「“millennium parade” Launch Party!!!」で本格始動を果たした。



全編にわたって3D映像の演出が施されたこのライブで映像をプロデュースしたのは、King GnuのすべてのMVやadidasのCMなども手がけるクリエイティブブレーベルPERIMETRON」だ。

もともとPERIMETRONも常田さんがスタートさせたもので、映像プロデューサーデザイナー佐々木集さん、デジタルアーティストの神戸雄平さんもメンバーとなっている。

こうしたmillenium paradeの“チームワーク”について、常田さんらはこう語る。



常田 いわゆる音楽業界とか大衆が思っている「バンド」ではない集団という形を提示したい気持ちはありますね。だから、あえてミュージシャンであるかどうかにこだわっていない。でもそれが結果としてトータルでかっこいいということになっているという。

佐々木 みんな我が強いタイプが集まってますからね。そんなにチームプレイは考えていなくて、全員が各々やりたい方向に動いている。それが結果としてチームとしてのアウトプットになっている。そこも「攻殻機動隊」との共通点だなと思いました。

常田 今って、いわゆる既存のジャンルイメージみたいなものがどんどん崩れてきたり、壊さなければいけないタームに入っているので。もっと自由に楽しけりゃいいじゃんっていうのを俺ら世代が体現していかなきゃいけないっていう意識はあります。




── 神山健治さんと荒牧伸志さんの両監督は、millennium paradeによるOPテーマ「Fly with me」をどのように捉えていたのでしょうか?

荒牧 最初に曲を聴かせていただいたときには、もっと歳の上の人がつくった曲かなと思ったんです。ただ単にテクニックがあるというだけじゃなく、大人っぽいなと思った。

IQが高いというか、いい意味で、簡単にはわからせてくれない感じがあった。老獪さもあるし、エッジもある。そういうことを感じました。

神山 音楽的な偏差値もすごく高いし、玄人っぽい音楽だな、でもとんがっているなって印象でした。

荒牧 OPテーマは作品の顔というか、作品の方向性や目指すところを体現する曲になると思うんですよね。それが観る人にとっての最初のインパクトになる。そういう意味でのハマり具合っていうのは間違いないと思いました。


変化した時代、イデオロギーの中に公安9課を放り込む



──今から25年後の2045年が舞台の『攻殻機動隊 SAC_2045』。作品の構想は、どんな想像力から生まれたのでしょうか?

神山 まず、テクノロジーは現実に追いつかれてしまったと思います。前回のときと比べて、つくり手の想像力では追いつかないくらいテクノロジーの進化のスピードが上がってしまった。

だから、未来予測という形でのアプローチを止めようというのはありました。逆に、「今あるテクノロジーがどういうふうに使われていくだろうか」という、むしろ身近な使い方のほうに想像力を働かせている。

あとは『攻殻機動隊』の1つのテーマとして「今の社会を描く」というのがあるので。『攻殻機動隊 S.A.C.』のときと今とでは、イデオロギーもまったく変わっている。その中にあのキャラクターたちを放り込むと今度はどういうことをするだろうか、と。



神山 それもさっき言った音楽、つまりライブのような感覚なんです。ミュージシャンは、お客さんが変わったり、状況が変わったりするなかで、どうセッションすればいいかというのを常に考えていますよね。そういうことをヒントにしています。

映像作品をつくるときに映像を模倣するとあんまり良いことはないんです。音楽や、活字や、違うジャンルのものを模倣したほうがヒントになったり、映像そのものに新しさが見つかることがある。今回、社会というものをどう描こうかというときには、そういうふうに視点を変えているところはありますね。

「現実に越されたくない」「1秒でも早く観てもらいたい」



攻殻機動隊 SAC_2045』のキーワードは“サスティナブル・ウォー”。つまり、計画的かつ持続可能な戦争という意味の言葉だ。

物語は内戦と紛争で廃墟となったアメリカ大陸西海岸から始まる。その背景には、経済災害“全世界同時デフォルト”とAIの爆発的な進化があるという。こうした作品のモチーフはどういうところから生まれたのか。



神山 最初に「サスティナブル・ウォー」という言葉を思いついたのは5年前くらいですね。世界中が戦争状態になった世界をイメージしたんです。

「戦争」っていうと、銃弾が飛び交って、街が破壊されて、人が死んでいくというわかりやすいビジュアルをみんなイメージすると思うんですけど、そうじゃなくても、今の時代って毎日が戦争なんじゃないか、と考えたんですね。

たとえば武器を輸出している国に住んでいる我々は毎日それに加担しているんじゃないか、と。もちろん、それをアニメーションとしてビジュアル化したらいわゆるみんなが知っている戦争の絵面にはなるんだけど、でも、経済こそが戦争の一番の原動力になっているという発想が根本にある。



そこから「サスティナブル」と「ウォー」という、本来はくっつかない2つの言葉をくっつけた。つまり「持続可能な戦争」ということです。

戦争自体がずっと継続している状況をつくったら、公安9課が活躍する舞台が描きやすくなるんじゃないか、と。そういう話を最初に荒牧監督としたときに生まれた造語です。

荒牧 まず言葉が最初にあったんですよね。「サスティナブル・ウォー」って、概念としてすごく面白い。じゃあ、どういう理屈をつければそれを映像化できるんだろう、どういう状態をつくったらそういうことになるんだろうということを考えていきました。



──すでに視聴している人も多いと思いますが、監督お二方から、改めて『攻殻機動隊 SAC_2045』の見どころを語っていただけますでしょうか?

神山 とにかく「1秒でも早く観てもらいたい」という気持ちが僕らにはあるんですよ。それをどういうふうに受け取ってもらえるか、作品をどういうふうに感じるかっていうのはお客さんのものなのでね。

Netflixで全世界同時で配信してもらえるという良さもあるので、つくり手としてはとにかく観てもらいたいという思いがあります。

荒牧 見どころは散りばめているつもりなので、どこにみんなが反応するのか逆に楽しみですね。僕らとしてはもう5年もやってきているので、いっぱいネタは仕込んでいるつもりなんですけど、いくつかリアルニュースになっちゃったりもしている。

そうすると不安なわけです。「あ、これもう先を越されちゃってるな」とか思ったりする。一歩手前まで現実が来てる気もする。現実に越されたくないっていう気持ちがすごくあるんです。そういう意味も含めて、とにかく早く観てもらいたいですね。



(c)士郎正宗Production I.G/講談社攻殻機動隊2045製作委員会
神山健治×荒牧伸志×millennium parade『攻殻機動隊 SAC_2045』座談会