お姉さんキャラとして、現在も幅広く活躍されている美保純さん。今回の記事ではそんな彼女の意外な経歴やエピソード・代表作などを紹介していきます。男性ユーザーには嬉しいサービスカットもご用意していますので、ぜひ鼻の下を長くしてご覧になってください。

親しみやすい美保純さん

美保純さんのプロフィール

美保純さんのプロフィール

本名  :曽根 ちよ美
生年月日:1960年8月4日
出生地 :静岡県静岡市
血液側 :A型
職業  :女優
活動期間:1981年

美保純さんの経歴

静岡県静岡市で生まれ、実家は大工業を営み、父親は家具職人といった環境に育ちます。
中学生時代はバレーボール部に所属して、静岡精華学園高等高校に入学しますが、中退し、静岡市内のアパートに就職されました。その頃、ディスコ・クィーン・コンテストに出場して優勝するといった逸話を残されています。
都会での生活に憧れ、上京して、広告代理店アルバイトをするようになると、芸能関係者の目に止まり、スカウトされると1981年には映画『制服処女のいたみ』で主演デビューを果たすのでした。翌年に公開された映画『ピンクのカーテン』ではブルーリボン新人賞を獲得して、女優としての地位を固めることになります。
隣のお姉さんといった親しみやすさを売りにして週刊誌グラビアを飾ると、さらに人気を集め、名作映画『男はつらいよ』ではタコ社長の娘・あけみ役にも抜擢されました。
現在でも幅広く活躍されており、映画・テレビドラマバラエティー番組にも出演されています。

美保純さんのエピソード

デビュー当初はサバを読んでいた

デビュー当初は公式プロフィールの年齢を1つサバ読んでいたみたいです。その理由は、ヌードを公開するときに10代と20歳では、世間に与える印象が全然違うといった背景があったそうで、マネージャーによるプロモーション上の戦略だったと明かされています。

全盛期の人気ぶり

日活ロマンポルノの女優としてデビューした美保純さんでしたが、その人気ぶりから日清食品焼きそばUFO』のテレビCMに出演するといった活躍ぶりを見せています。分かりやすく現在の背景で例えるなら、AV女優が有名メーカーテレビCMに出演するほどのことといえるのではないでしょうか。
さらに、国鉄夜行バスの『ドリーム号』のポスターに美保純さんが採用されると、掲示していたポスターのほとんどが盗まれてしまうといったこともあったそうです。現在も綺麗な美保純さんですが、全盛期の人気ぶりはアイドル並みだったみたいです。

美保純という芸名の由来

苗字の『美保』については、美保純さんの出身地である静岡の景勝地『三保の松原』から取ったものです。『純』という名前は、デビュー当時に『ジュンコ』『レイコ』という芸名が流行ってことから『ジュンコ』が候補に挙がりました。しかし、『美保純子』という名前は語呂が悪いと、『子』を省いて『美保純』という芸名に至ったようです。

20代から発症したメニエール病

美保純さんといえばメニエール病を患っていて、2009年には舞台などの仕事をキャンセルして自宅療養されたことあります。これをきっかけに、メニエール病という病気に注目が集まるようにもなりました。めまい・耳鳴り・難聴といった症状を繰り返す疾患で、発症して1~2年で回復していくことが多いみたいです。
美保純さんの現在の病状は不明ですが、お元気そうな姿をみると、病状は落ち着いているのではないでしょうか。

中村うさぎさんとの確執

2015年TOKYO MXテレビ番組『5時に夢中!』にて、美保純さんは小説家エッセイストとして有名な中村うさぎさんと共演されていましたが、両者の間にトラブルがあり、中村うさぎさんが番組を降板するといった事態が起きています。
中村うさぎさんは、難病といわれるスティッフパーソン症候群を患っており、その病気を治すための薬による副作用で太ってしまったとのこと。そのことをカメラが回っているところで、美保純さんに馬鹿にされ、深く傷ついたとされています。また番組のプロデューサーに、美保純さんが中村うさぎさんに「ポルノ女優のくせに」と言われて傷ついているからフォローするように言われたともいいます。
どこまで言っても噂のうえでの話なので、こちらの真実は分からないですね。ただ、中村うさぎさんが怒って番組を降板されていることは事実。この件に関しては少し後味の悪い結末になってしまっています。

美保純さんの代表作

ポルノ映画

『制服処女のいたみ』

『制服処女のいたみ』

公開:1981年
監督:渡辺護
出演:美保純
   杉佳代子
   青木美枝子

あらすじ

SEXへの好奇心がいっぱいのマリと栄美は、今日も歌舞伎町を歩きながらSEXの話ばかりしていた。夜の街に遊びに出かけた二人は、ディスコに入るが、そこで栄美はレイプされてしまう。それを知ったマリは、親友を弄んだ男たちへの復讐を決意するが・・・
出典 www.amazon.co.jp/

おすすめポイント

美保純さんの初デビューにして主演をも務めた作品となります。初々しい美保純さんのあられもない姿や濡れ場が観られて最高です。他の出演者の演技も上手で、画面から目が離せなくなってしまいます。
『ピンクのカーテン』

『ピンクのカーテン』

公開:1982年
監督:上垣保朗
出演:美保純
   阿部雅宏
   吉川敏夫

あらすじ

“兄ちゃんだって男だよ”美しく熟した妹の<体臭>それは≪夢姦≫への誘い。アパートに同居することになった兄と妹の危うい関係を軽快かつ哀感のある語り口で描いたジョージ秋山原作コミック原作の日活ロマンポルノ
出典 www.amazon.co.jp

おすすめポイント

この作品の舞台となったアパートは今も健在のようなので、映画の視聴後に、聖地巡礼をするといった楽しみ方もできます。兄と妹という禁断の関係に迫り、独特の緊張感が感じられるのも面白いポイントです。
『四畳半色の濡衣』

『四畳半色の濡衣』

主演:1983年
監督:向井寛
出演:美保純
   村島修
   ひし美ゆり子

あらすじ

昭和初期。とある遊郭に流れてきた若い女・朝子。この界隈には不似合いな、白いドレス麦わら帽子、白いパラソルという姿で現れた彼女が、果たして、どんな過去を持ち、どんな気持ちで流れてきたのか・・・。物語は、この奔放な朝子を中心に、遊郭・旭楼のさまざまな娼婦たちのエピソードをちりばめながら、全編<男と女の色香>に終始。四畳半のタタミの上での愛欲の様相を、鮮烈に浮き彫りにしていく。
出典 www.amazon.co.jp

おすすめポイント

日活ロマンポルノではなく、東映制作のエロティック作品となります。昭和初期の遊郭を舞台に描かれる内容は、これまでの美保純さんが出演したてきた作品にはないような情緒があり、色っぽい濡れ場だけではなく、複雑に絡み合うストーリー性も楽しめます。

一般映画

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』

『男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』

公開:1984年
監督:山田洋次
出演:渥美清
   倍賞千恵子
   中原理恵
   前田吟
   太宰久雄
   美保純

あらすじ

霧の町釧路で寅さんはフーテンの風子と知り合った。風子は理容師だが勝気で美貌が仇でどこの店でも長続きしなかった。「俺もフーテンの寅って呼ばれているよ」。風子は気取らず話の面白い寅さんが大好きになる。根室の常盤公園にオートバイショーがかかった。花形・トニーオートバイの妙技に風子はシビれてしまう。柴又に帰った寅さんのもとにトニーがやって来る。一緒に暮らす風子が寝込んでしまい寅さんに会いたがっているという。早速駆けつける寅さんだが。
出典 www.amazon.co.jp

おすすめポイント

美保純さんが『男はつらいよシリーズに抜擢され、最初に出演されたのがこちらの作品となります。タコ社長の娘・あけみ役を演じておられ、この他にも1984年の『寅次郎真実一路』、1985年の『寅次郎恋愛塾』、1985年の『柴又より愛をこめて』、1986年の『幸福の青い鳥』、1987年の『知床慕情』、1987年の『寅次郎物語』、2019年の『お帰り寅さん』にも出演されています。

テレビドラマ

『菊次郎とさき』

『菊次郎とさき』

原作:ビートたけし
出演:陣内孝則
   室井滋
   中村俊介
   邑野未亜
   岸本加世子
   寒河江幸弘
   松川尚瑠輝

概要&あらすじ

『菊次郎とさき』(きくじろうとさき)はビートたけし北野武)による日本の小説、およびその小説を元に作成された日本のテレビドラマと演劇である。「菊次郎」「さき」とは、ビートたけしとその兄弟(北野大など)の両親の名前。
出典 Wikipedia - 菊次郎とさき

おすすめポイント

美保純さんは2003年テレビ朝日系列放送の第1期ドラマシリーズ2005年放送の第2期ドラマシリーズに出演されており、BARニューし乃のママである、し乃の役を演じています。色気があって、大人っぽい雰囲気を感じさせる役柄です。
『クライマーズ・ハイ』

『クライマーズ・ハイ』

原作:横山秀夫
出演:佐藤浩市
   松重豊
   光石研
   大森南朋
   新井浩文
   美保純

概要&あらすじ

クライマーズ・ハイ』は、横山秀夫による日本の小説。2003年1月、『別册文藝春秋』に掲載され、8月25日文藝春秋から単行本が刊行された。週刊文春ミステリーベストテン2003年第1位、2004年本屋大賞第2位受賞。

著者が上毛新聞社の記者時代に遭遇した日本航空123便墜落事故を題材としており、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曾有の大事故を取材する新聞記者の奮闘を描く。「クライマーズ・ハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態のことである。

2006年6月10日には文春文庫版が刊行された。

2005年12月NHKテレビドラマ化され、東映・ギャガ・コミュニケーションズの共同配給で映画化され2008年に全国公開された。
出典 Wikipedia - クライマーズ・ハイ

おすすめポイント

美保純さんは主人公である悠木和雅の妻・弓子の役を演じており、脇を支える重要な役柄を担っています。女優としての奥深さが出てきていて、美保純さんならではの味わいや貫禄を感じさせます。
『あまちゃん』

『あまちゃん』

脚本:宮藤官九郎
出演:能年玲奈
   小泉今日子
   尾美としのり
   杉本哲太
   松田龍平

概要&あらすじ

あまちゃん』は、2013年度(平成25年度)上半期にNHKで制作され、総合テレビBSプレミアムで放送された連続テレビ小説・第88シリーズテレビドラマ作品である。
出典 Wikipedia - あまちゃん
1984年昭和59年)夏の「北三陸鉄道リアス線」開通式、歓喜に賑わう大勢の人たちをよそに、18歳の天野春子は不愉快な様子で上り列車に乗り込んだ。

それから24年後の2008年平成20年)夏、春子の娘で東京で生まれ育った16歳の天野アキは、祖母・天野夏の危篤の知らせを受けた春子に連れられ、彼女の郷里である岩手県北三陸市袖が浜を初めて訪れる。しかし夏の危篤の話は、後継者不足に悩む観光資源「北の海女」を春子に継いでもらおうと、北三陸駅の駅長・大向大吉がついた嘘だった。24年前に家出同然で上京した春子は、夏との口論の末に東京に戻ろうとするが、夏ら海女たちの勇姿と過疎化が進む北三陸の現実を知ったアキは、暗く引っ込み思案な今までの自分を払拭し海女になる決意をする(第1週)。
出典 Wikipedia - あまちゃん

おすすめポイント

現役の海女である熊谷美寿々の役として出演され、過去には幾度も駆け落ちをしたという背景をもつ女性を演じています。「フェロモンばばあ」と呼ばれる恋多き女性という設定は、ポルノ女優だった美保純さんの過去とうまくマッチしていますよね。

その他のテレビ番組や出演作品

その他にも、TOKYO MXの『5時に夢中!』や、フジテレビの『バイキング』、NHK総合の『ごごナマ』といった番組にもレギュラー出演されていて、タレントとしても活躍されています。
女優として舞台にも出演されていて、テレビCMの仕事もされています。2009年に放送されていたソフトバンクのCM・白戸家結婚式』編は記憶に新しいですよね。

白戸家「結婚式」

親しみやすい美保純さんまとめ

こうしてみると、自分自身の病気やトラブルがありながらも、安定して、芸能界で活躍し続けていることが分かります。現在の活躍ぶりを見ていると、ポルノ女優として芸能界デビューされていたということが信じられません。
そして、デビュー当時に出演されていた過去のポルノ作品を視聴すると、その若かれし頃の可愛らしさや美しい裸体に驚かされてしまいます。ぜひ、この機会に美保純さんが出演していたポルノ映画をご覧になってみては如何でしょうか。

元のページを表示 ≫

関連する記事