東京メトロの各路線には、ちょっとうれしいルールがある。

ざっくりいうと「東京メトロ路線から東京メトロ路線に乗り換える駅で、60分まで外出OK。運賃は初乗りの駅から目的地まで通し料金」という駅が数か所できる。

これまで、外出OKな乗換駅は、30分以内がルールだった。6月6日からは、外出OK時間を30分延長して60分以内に。しかもそのルールがOKな駅が増える。

こうした駅の改札外で、数分で済む用事があったら、乗り換え途中ってことにして通し運賃で乗ったほうがちょっと安い。

仮にいったん降りて、70分後に再びその駅の改札に戻って再び電車に乗って別の地へ行くとなると、新規の乗車ってことで、初乗り料金がかかる。

こうした6月6日からの「60分以内 外出OK」な路線・乗換駅はどこなのか、それがこれ↓↓↓

銀座線上野⇔日比谷線上野

銀座線上野広小路⇔日比谷線仲御徒町

銀座線三越前⇔半蔵門線三越前

銀座線渋谷⇔副都心線渋谷

丸ノ内線池袋⇔副都心線池袋

丸ノ内線副都心線池袋⇔有楽町線池袋

丸ノ内線淡路町⇔千代田線新御茶ノ水

丸ノ内線新宿三丁目⇔副都心線新宿三丁目

日比谷線千代田線日比谷⇔有楽町線有楽町

銀座線虎ノ門⇔日比谷線虎ノ門ヒルズ

丸ノ内線大手町⇔東西線千代田線半蔵門線大手町

東西線大手町⇔丸ノ内線千代田線半蔵門線大手町

千代田線大手町⇔丸ノ内線東西線半蔵門線大手町

半蔵門線大手町⇔丸ノ内線千代田線東西線大手町

東西線飯田橋⇔有楽町線南北線飯田橋

日比谷線人形町⇔半蔵門線水天宮前

日比谷線築地⇔有楽町線新富町

銀座線丸ノ内線日比谷線銀座⇔有楽町線銀座一丁目

6月6日から、新たに60分以内 外出OKな乗換駅になったのは、銀座線虎ノ門⇔日比谷線虎ノ門ヒルズ と 銀座線丸ノ内線日比谷線銀座⇔有楽町線銀座一丁目。

こうした乗換駅での「ちょっと外出」の仕方はこう。たとえば、きっぷ・回数券の場合、乗り換えのためにいったん出場するさいはオレンジ色の自動改札機へきっぷ・回数券を投入し、放出口から出たきっぷ・回数券を受け取り、出場。60分以内に乗換先の自動改札機(オレンジ色等の指定なし)へきっぷ・回数券を投入し、放出口から出たきっぷ・回数券を受け取り、入場する。

ICカード乗車券の場合は、乗り換えのためにいったん出場するさい、自動改札機の読取部にICカード乗車券タッチし、出場。このさい、すべての自動改札機を利用できる。そして60分以内に乗換先の自動改札機の読取部へICカード乗車券タッチするだけで、入場できる。

――― ややこしいけど、↑↑↑の60分外出OKの駅のなかで、よく使う駅があったら、覚えておいていいかも。