がちがちに緊張した様子で顔面を紅潮させながら謝罪を繰り返し、何度も90度に頭を下げる。

JBpressですべての写真や図表を見る

 韓国最大最強の財閥、サムスングループ3代目総帥である李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)氏が2020年5月6日、国民に対し謝罪会見を開いた。

 李在鎔氏の肩書はいまもサムスン電子副会長だ。2014年5月に心筋梗塞で倒れ、意識不明のまま入院生活を送っている李健熙(イ・ゴンヒ=1942年生)氏が「会長」のままだからだ。

5年ぶりの謝罪会見

 だから正式に就任したわけではないが、父親の療養長期化で事実上のグループ総帥役を務めている。

 サムスン電子の業績は父親が病に伏せった後も絶好調だ。

 2014年の営業利益は25兆ウォン(1円=11ウォン)だったが、その後2015年26兆ウォン2016年29兆ウォン2017年54兆ウォン2018年59兆ウォンと急増、半導体ブームが一段落した2019年も28兆ウォンを記録した。

 しかし、事実上のグループ総帥としての李在鎔氏にとって、この6年間は苦難の連続だった。

 2015年6月23日、父親に代わって初めてグループを代表して会見に臨んだ。この時も「謝罪会見」だった。

 サムスンソウル病院で、中東呼吸器症候群MERS=マーズ)の院内集団感染を引き起こしてしまったことについて、90度腰を折って謝罪した。

 この日は、李在鎔氏の47回目の誕生日だった。

過酷な日々が続く

 その後はもっと過酷な日々が続いた。

 朴槿恵パク・クネ1952年生)前大統領と、長年の知人である崔順実(チェ・スンシル=1956年生)氏への賄賂提供や背任などで有罪となり、2017年2月から、2審で執行猶予が付いた判決が出た2018年2月まで約1年間拘置所生活を送った。

 サムスンバイオロジスティクス粉飾会計問題、労組活動妨害問題、第一毛織とサムスン物産の合併に絡む不正行為問題・・・次々とサムスンと李在鎔氏を標的とする事件が発覚し、裁判と捜査に追いまくられる日々となってしまった。

 5月7日、5年ぶりの会見では、さらに低姿勢で終始した。

子供への世襲も放棄宣言

サムスンは国民の愛情と関心によって一流企業として成長してきたが、一方で、失望とともに心配をおかけしてきた。これは法と倫理を厳しく順守できなかったためで私の間違いだった」

 こう切り出した李在鎔氏は、さらに踏み込んでこう述べた。

サムスンを取り巻くたくさんの問題は根本的には経営権継承問題から始まった。この問題でこれ以上、問題が出ないようし、法を踏み外すことは絶対にしない」

 またこうも続けた。

「私は子供たちに経営権を譲らない」

 20代と10代の息子と娘には「世襲」しないことを明らかにした。また、80年間続いてきた「無労組経営」との決別も確認した。

サムスンの労使文化は時代の変化に対応できなかった。サムスンの労使問題で苦しんだ方々にお詫びする。これ以上、無労組経営などという言葉が出てこないようにする」

 こういう内容だった。

 サムスングループは長年、グループ内には「経営権継承問題はない」だから「李在鎔氏を総帥に就かせるための違法な作業などなかった」という立場だった。

 これを転換して、経営権継承問題がすべての問題の源だったことを認めて謝罪、さらに4代目への世襲はないと宣言した。

 さらに、「組合つぶし」などが相次いで問題となったことを念頭に、労組政策でも根本的な転換を約束した。

分かれる評価

 発言内容をどう見るか?

 会見のニュースは、この日の夜の主要ニュース番組で「新型コロナ」を押しのけてトップ。翌日の朝刊でも全紙がトップだった。

 サムスン総帥の「世襲放棄宣言」「無労組撤回宣言」はそれだけ大きなニュースだった。

 だが、この評価となると、全く対照的な見方が交錯した。

 保守系の「朝鮮日報」は「李在鎔『自分の子供たちに経営権を譲らない』」という見出しで、肯定的に伝えた。

 これに対して進歩系の「ハンギョレ新聞」は「不法継承の責任が抜けた『李在鎔の反省文』」という批判的な見出しだった。

 韓国最大の財閥の総帥が経営権や労働対策など経営の根幹にかかわる問題について全面的に自らの非を認め、さらに世襲放棄を宣言する。

 確かに、これだけを見ると画期的な内容だ。

 サムスンにとっても李在鎔氏にとっても大きな決断だったことは間違いない。

 だから肯定的に評価する声がある一方で、韓国社会全体が拍手を送るという雰囲気では全くない。なぜなのか?

 まずは、「謝罪」の内容が、よく見れば「当たり前」とも言えることだ。

 社会的に受け入れがたい株式の継承や明白な不法行為である労組つぶし。これを「これからしません」と言いながら、自分は経営を続ける強い意志を示した。

 これでは、拍手を送ることはできないとの意見も少なくないのだ。

今、謝罪する理由は?

 さらに、そもそも、何で今この時期に、韓国全体が「新型コロナ」対策に躍起になっている時期に李在鎔氏の謝罪会見なのか、という疑問だ。

 李在鎔氏の賄賂をめぐる裁判は、1審実刑判決→2審執行猶予付き判決を経て大法院で破棄差し戻しになり現在、高裁で審理が続いている。

 この裁判で判事が、被告である李在鎔氏に繰り返し、支配構造の改善や社内順法監視制度の確立などを求めている。判決を前に判事が「宿題」を出すという異例の裁判が進行中だ。

 サムスンと李在鎔氏はこれを受けて2020年2月に、サムスングループ内に「順法監視委員会」を設置した。

 この委員会は、サムスンの経営側に、経営権継承問題、労働問題、社会とのコミュニケーションの改善を求め、さらに李在鎔氏に公開の場での謝罪を要求した。

 これを受けての謝罪会見だったのだ。

 だから、「裁判対策」という疑念を持たれざるを得ない会見でもあったのだ。

 サムスンと李在鎔氏としては何としても、再び拘束される事態は避けたい。だから、判事の求めに応じたとの見方は強い。

6回目の謝罪

 サムスン総帥はこれまで6回、国民に謝罪をしている。初代会長の李秉喆(イ・ビョンチョル)氏は、「サッカリン密輸事件」で拘束され、謝罪のうえ一度は経営の一線から離れた。

 2代目の李健熙氏は、1996年に盧泰愚(ノ・テウ=1932年生)元大統領に対する秘密資金提供問題、2003年大統領選挙不正資金問題、2008年グループ機密資金問題でそれぞれ国民に謝罪した。

 これだけ謝罪をして何か変わったのか?

 こういう批判は残る。さらに、子供に世襲しないといっても、現実に世襲するかしないかは20年後に分かる。

 経営権は株主が決めることであり、何で李在鎔氏がこういうことを言えるのかという原則論から出る批判もある。

 こうした個別の争点とは別に、李在鎔氏の会見に対する評価が分かれるのは、結局は、韓国社会で、財閥やオーナーに対する評価が固まっていないからだ。

 李在鎔氏は「オーナー」といえども主要企業の持ち株比率は低い。サムスン物産17.08%、サムスンSDS9.2%は高い方で、サムスン電子に対しては0.7%しか保有していない。

 なぜこんなに低いのか。簡単だ。サムスンが大きくなり過ぎたのだ。

 李健熙会長が1987年サムスングループの会長に就任した際、主要16社の時価総額は1兆ウォンだった。

 それが2017年には514兆ウォンに急拡大した。とても個人で大量の株式を買い増すことなどできない水準になってしまった。

持ち株比率は低いのに「オーナー」

 だからこの過程で様々な「ずるい行為」があったのだ。

 こんな少しか株式を保有していないにもかかわらず、「オーナー」でいられるのは、社内外にこれを良しとする声もあるからだ。

オーナー」という求心力のもとで人事や重要事項の意思決定をした方が効率的だという考え方は今もある。

 大胆な投資や素早い意思決定。「オーナーの決断」といえば、誰も反対できない。こういう仕組みで長年やってきたのだ。

 韓国財閥の強さはオーナー経営にある。メディアも何度も繰り返しこう指摘してきた。

 実際、サムスンはこうやって実績を上げてきた。

 サムスンが成長すれば韓国経済も成長できる。サムスンは国民の誇りだ。ある時期まで、韓国社会は、「オーナー体制」に寛大だった。

 だが、時代もどんどん変化してきた。経済の両極化は進み、サムスンが大きくなっても国民全体が豊かになれない。公正、公平が社会の重要な価値として浮上した。

「世襲」や「オーナー体制」への視線もどんどん厳しくなっている。

創業者の孫、会長の息子ではなく経営者として評価を得たい

 あまりに急速な社会の変化にサムスンも李在鎔氏も戸惑っているはずだ。

 2017年12月、李在鎔氏が控訴審の最終公判で語った言葉が、本人の無念さを端的に表している。

「私は、李秉喆の孫、李健熙の息子の李在鎔ではなく、先代に引けを取らない素晴らしい業績を残した企業人、李在鎔になりたい」

 オーナー会長の1人息子として生まれたときから財閥総帥の座が約束されていた李在鎔氏。

 ソウル大、慶応大、ハーバード大などで学び、世界のリーダーとの人脈も築いてきた。礼儀正しく、傲慢だという批判も聞いたことがない。

 本人としては、これから経営者としての実績を残して評価を得ようとしていたが、そんな猶予も与えられなかった。

 経営者としての能力の検証を受ける前に、サムスンオーナー経営を取り巻く環境は激変してしまった。

 韓国メディアは一斉に、ソウル中央地検が近くサムスンバイオロジスティックス粉飾会計事件に関連して李在鎔氏を召還すると報じている。

 差し戻し控訴審判決で執行猶予付き判決が出て再拘束を逃れたとしても、李在鎔氏の苦悩は、簡単には晴れそうもない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  韓国で開校、プロ野球開幕、そろりと日常回復

[関連記事]

韓国総選挙、与党圧勝で何が起きるか

韓国で明日、世界も注目する「総選挙」

謝罪会見を開いたサムスン電子の李在鎔副会長(5月6日、写真:代表撮影/ロイター/アフロ)