ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢、以下「当社」)はこのたび、世界のITエンジニアの給与について調査し、「92カ国をデータでみるITエンジニアレポートvol.2 世界各国のIT技術者給与まとめ」として発表しました。

その結果、IT技術者の給与が最も高い国はスイス、2位は米国、3位はイスラエルとなりました。また、IT技術者の給与の伸び率が最も高かったのはタイ、そして2位ラトビア、3位カタールと続きました。

日本は、給与で世界18位、給与の伸び率では、年5.9%増の20位となりました。IT技術者数では世界4位であるものの(参照:注1)、給与面では目立った順位に入りませんでした。
注1)参照:ヒューマンリソシア株式会社「92カ国をデータでみるITエンジニアレポートvol.1」(https://git.resocia.jp/info/post-developers-around-the-globe-survey/

【レポートの概要】

  • 調査対象は92カ国、世界人口の84%以上をカバーしたグローバルレポート
  • IT技術者の給与、世界で最も高いのはスイス、2位米国、3位イスラエル
  • 給与伸び率は、1位タイ、2位ラトビア、2位カタール
  • 世界4位のIT技術者数を抱える日本は、給与で世界18位、給与伸び率は20位と振るわず
※本レポートでは、データを収集できた世界92の国・地域を対象に、国際労働機関(ILO)の統計データや「PayScale」(https://www.payscale.com/rccountries.aspx)サイトより引用した「Software Engineer」の給与データを活用しています。詳細は、本レポートの最後に記載しています。

■世界のIT技術者給与: 1位スイス、2位米国、3位イスラエル、日本は18位
世界92の国・地域のIT技術者の給与(年収)ランキングでは、1位がスイス(92,500USドル)、2位が米国(83,389USドル)、そして3位がイスラエル(79,511USドル)となりました。

また、トップ20には、デンマークノルウェーフィンランドといった北ヨーロッパの国々、そしてオーストリアドイツルクセンブルクなど西ヨーロッパの国々が多くランクインしました。

一方、IT技術者数で世界4位となる日本は42,464USドルで18位にとどまる結果となりました。その他のアジアの国・地域では、シンガポールが地域トップとなる10位にランクイン、また香港が20位に入りました。
※図表1.・2.:PayScaleサイト(https://www.payscale.com/rccountries.aspx)での検索により作成(検索日:2019年5月30日

■世界の情報通信業就業者の給与: 1位スイス、2位米国、3位デンマーク、日本は19位
IT技術者に限らず、情報通信業で就業している人の給与(平均年収)では、IT技術者の給与ランキングと同じく、1位に117,084USドルのスイス、2位に93,920USドルの米国が続きました。続いて3位には、91,272USドルのデンマークが入りました。なお、情報通信業就業者とは、情報通信業で就業しているすべての職種の人が含まれます。
また4位には中東のカタールが90,120USドルでランクインしました。トップ20の多くをヨーロッパ諸国が占めており、北ヨーロッパの国々が存在感を発揮しています。

アジアの国・地域では、最高位のシンガポール(18位)、日本(19位、40,968USドル)、韓国(20位)の3カ国が入りました。
※図表3.・4.:国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成

■世界のIT技術者の給与伸び率: 1位タイ、2位ラトビア、3位カタール、日本は20位
続いて、92の国・地域における、情報通信業就業者の給与(平均年収)の伸び率(対データが取得できた直近年)についての調査結果では、これまでトップ20ランキングに入らなかった国々が多く躍り出ました。

給与伸び率トップはタイで、年38.3%も給与が上昇した結果となりました。続いて2位は、世界で最もIT技術者が増えている北ヨーロッパの国ラトビア(参照:注1)で、同26.4%の伸びとなりました。3位には、情報通信業就業者の給与で4位となったカタールが、同25.1%の伸びでランクインしました。
その他トップ20には、ウクライナブルガリアモルドバセルビアハンガリーといった東ヨーロッパの国々がランクインし、この地域ではIT産業の発展が急速に進んでいると推測できます。また、中南米の国についても、パナマブラジルコスタリカ、グアテマラがランクインしました。

一方日本は5.9%の伸び率で、20位という結果となりました。先進国の中では比較的高いように見えますが、米国やヨーロッパ諸国と比べIT技術者の給与が低いことを考慮すると、十分な伸び率とは言い難い結果となりました。なお、アジア地域では、ベトナムも13位に入り、トップ20にはタイ、ベトナム、日本の3カ国がランクインしました。
※図表5.・6.:国際労働機関(ILO)の統計データベースより作成

<調査に関する出典/備考>
1)出典について
国際労働機関(ILO)および、企業の給与などに関する情報を収集・提供している「PayScale」にて検索した「Software Engineer」の給与データ(検索日:2019年5月30日)を活用しています。
アイスランドSoftware Engineerの年収や、オーストラリアオランダの情報通信業就業者の平均年収など、一部のデータは確認できませんでした。
給与伸び率においては、Software Engineerでは時系列で比較可能な年収データを得ることができず、情報通信業就業者の年収データを比較しています。
2)調査対象国・地域(略称・順不同)
アジアオセアニア(20カ国・地域):中国、インド、日本、韓国、インドネシアフィリピンベトナム、台湾、パキスタン、タイ、イランマレーシアバングラデシュ、香港、シンガポールスリランカミャンマーカンボジアオーストラリアニュージーランド
北米(1カ国):アメリカ(米国)/中南米(14カ国):ブラジルメキシコアルゼンチン、チリ、ペルー、エクアドルボリビア、グアテマラ、ドミニカ共和国コスタリカウルグアイ、ホンジュラス、エルサバトルパナマ
西ヨーロッパ(9カ国):イギリスドイツフランスオランダベルギースイスオーストリアアイルランドルクセンブルク
南ヨーロッパ(10カ国):スペインイタリアポルトガルギリシャセルビアクロアチアスロベニアマケドニアマルタモンテネグロ
東ヨーロッパ(10カ国):ロシアポーランドウクライナルーマニアチェコハンガリーベラルーシブルガリアスロバキアモルドバ
北ヨーロッパ(8カ国):スウェーデンデンマークフィンランドノルウェーラトビアリトアニアエストニアアイスランド
中央・西アジア(9カ国):トルコイスラエルカザフスタンサウジアラビアアラブ首長国連邦キルギスアルメニアカタールキプロス
アフリカ(11カ国):エジプトカメルーンアルジェリアエチオピアガーナセネガルモザンビーク、モーリシャス、ザンビア、ルワンダ、マリ
3)本レポート詳細については、当社WEBサイトに連載として掲載しております。
URL: https://resocia.jp/case 
連載:「データでみる世界のIT技術者」グローバルレポート 第6回~10回

ヒューマンリソシアの海外ITエンジニア派遣「GIT (Global IT Talent) サービス」について >
世界各国から優秀なITエンジニアを採用し、国内企業に派遣するグローバルプロジェクト。世界40を超える国から800人以上を採用し、国内企業に派遣しています。日本語教育にて30 年以上の実績をもつグループ会社のノウハウを活用し、ITエンジニアとして必要な日本語力を育成したうえで、顧客企業のITプロジェクトに派遣しており、海外ベースのITスキル、開発手法、発想、アイデアを「派遣活用」できることが特長です。
サービスサイトURL: https://git.resocia.jp

ヒューマンリソシア 会社概要 -----------------------
1988年創業以来、人材派遣、正社員紹介、アウトソーシングなどの幅広い人材サービスを全国28拠点で展開しています。グループ内の教育事業をバックボーンにしていることが強み。また、多様な雇用形態と女性・シニア・グローバルなど多様な人材を組み合わせ、最適な人材ソリューションを提供するとともに、求職者それぞれの働き方にあったキャリア形成を支援しています。 ※拠点数は2020年4月時点
●代表取締役: 御旅屋 貢
●所在地: 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア1階
●資本金: 1億円
URL: https://resocia.jp

配信元企業:ヒューマンホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ