12日に終了した『コミックマーケット84(以下、コミケ)』。『コミケ』といえば二次創作同人誌ゲームを出展できたり、それを買うことができるのが醍醐味である。特に男性向け(いわゆるアダルト)は人気ジャンルで、通常は3日目の目玉となっている。しかし今回のコミケでは2日目が日曜日ということもあり男性向けジャンルが出展された。

そんな戦利品を多数購入したコミケ参加者が、帰宅中にりんかい線内で我慢できずに男性向け同人誌を見てしまったのだろうか。りんかい線公式『Twitter』が次のように注意を呼びかけている。

「【コミケに行かれる皆様へ⑤】夏休み期間中です。小さなお子様も多く利用されています。買われた本は、電車内ではなくご自宅等でお読み頂きますようお願いします。皆様の優しい心づかいをお願いします」

以上のように「小さなお子様」と書かれている事から子どもに見せられない本ということだろう。やんわり書かれているがこれはかなり重大な問題である。こういう事が続けばまた「児童ポルノ禁止法が~」と騒ぐ人が出てくるはず。そうなりたくなければこういう常識の範疇の行動くらいは守って欲しいものである。

りんかい線のTwitter

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。