5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち

スカイラインつねにGT-Rは国内外のライバルを打ち破ってきた

 国産車で「レースに勝つために生まれてきたクルマ」といったとき、真っ先に名前が浮かぶのは、なんといっても日産スカイラインGT-Rだろう。ハコスカの49連勝、R32のグループA29戦29勝、N1耐久29戦28勝をはじめ、レースでの活躍はもちろん、チューンドカーとしても、国内外のライバルをつねに打ち破ってきた。そうした歴代GT-Rライバルたちにスポットを当ててみよう。

1)ハコスカGT-R(PGC10/KPGC10)のライバル

 初代GT-R(PGC10/KPGC10)のライバルといえば、マツダロータリー軍団。ファミリアロータリークーペ、カペラサバンナGSⅡが直接的なライバルだった。またトヨタ1600GT(コロナHTにDOHCの9Rエンジンを乗せたモデル)も、初期のライバルとしてGT-Rを苦しめた。とくにGT-Rデビュー戦では、紙一重の辛勝だった。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 その後、負け知らずの49連勝という記録を作るが、GT-Rの50連勝を阻んだのは10Aロータリーの代わりに、12Aロータリーを積んだサバンナGT=RX-3。ハコスカの天敵は、サバンナで決まりだろう。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

2)ケンメリGT-R(KPGC110)のライバル

 ケンメリGT-RことKPGC110は、1973年に登場した。オイルショックの影響で、レースにも出場せず、生産期間は4カ月。197台しか生産されなかった。そんなケンメリGT-Rライバルは?

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 なかなか難しいが、同じ1973年デビューした、トヨタセリカリフトバック2000GT145馬力)か、三菱のGTOGSR125馬力)といったところだろうか。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 ケンメリGT-Rを含め、いずれも2リッターエンジンフェアレディZ-L(S30の2リッター)も125馬力だったが、S20エンジンを積むケンメリGT-Rは、160馬力! ケンメリGT-Rには、車重がヘビーという欠点もあったが、最高速は200km/hという触れ込みは魅力的だった。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

マツダのロータリースポーツはつねにGT-Rのライバルだった!

3)R32GT-Rのライバル

 GT-R史上、最強の一台といえるのは、なんといっても16年ぶりに復活した第二世代GT-RのR32。グループAレースで、当時世界を席巻していたフォード・シエラRSを打ち破るという明確な目標を持って開発されただけに、ボディ、エンジンパワートレーン、ブレーキなど.と、いずれも当時の国産車のレベルを大きく突き抜けた画期的なクルマだった。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 そのライバルは? レースではそのリザルトが証明しているとおり、まさに無敵。市販車では、スカイラインの宿敵ともいえるポルシェ911ターボ(930)の持っていたニュルブルクリンクでの量産車最速タイムを更新した。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 ポルシェの本拠地で、打倒ポルシェという悲願を達成できたのは、非常に意義深い。というわけで、ライバルフォード・シエラとポルシェ911ターボで決まり!

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

4)R33GT-Rのライバル

 1995年に登場したR33GT-R。最初のそして最大のライバルは、先代のR32GT-Rだったのかもしれない。ニュルでのテストでは、R32のタイムの21秒短縮し、CMでもわざわざ「マイナス21秒ロマン」と強調していたのはよく知られているところ。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 レースでは、主に全日本GT選手権で活躍。ライバルトヨタの80スープラポルシェの993GT2といったところだ。そしてもう一台、三菱のGTOライバルだった。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 1995年のTI爆走400km N1耐久レースでは、中谷・大井組のGTOが、GT-R勢の中で孤軍奮闘し、2位に入賞。予選でもGT-R全盛時代に、GT-R以外に唯一ポールポジションを獲得できたという意味でも、R33のライバルに、GTOは欠かせない!?

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

5)R34GT-Rのライバル

 第二世代GT-R、そして「スカイラインGT-R」としては最後のモデルとなったR34。デビュー1000年代最後の1999年だ。デビューイヤーから全日本GT選手権チャンピオンを獲得し、スーパー耐久でも8戦8勝と大活躍した。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 GT選手権では、ホンダワークスNSXトヨタワークスの80スープラが最大のライバルスーパー耐久では、クラスが下の三菱ランサーエボリューションスバルインプレッサの2リッター4WDターボ軍団が台頭してきて、R34GT-Rを脅かすほどの力をつけてきたので、この2台もライバル入り。さらにポルシェ911(996)もスーパー耐久では手ごわい存在だった。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 もう一台、忘れてはならないのが、マツダRX-7FD3S)。FD3Sモデルライフは、1991年2003年。R32からR34まで、第二世代GT-Rと時期的には思いっきり重なっていて、レースはともかく、チューニングカーとしては、つねにライバル関係であり続けた。ハコスカ時代のRX-3からはじまり、マツダロータリースポーツは、つねにGT-Rライバルとして存在した。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

 大局的にみると、スカイラインGT-Rライバルは、海外ならポルシェ911ターボ。国内はマツダロータリースポーツと考えるのが、一番妥当ではないだろうか。

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

スカイラインGT-Rに挑むも敗れたライバル車

5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち