2児の母親であるさざなみ@3MshXcteuuT241U)さんは親になった今、改めて母親の気持ちを理解できたことがあるといいます。

Twitter上に、子供時代のことを描いた漫画を投稿すると、反響が上がりました。

母とセーラームーンと私

母親から「セーラームーンのことをそんな風にいわないで!」と叱られたものの、その理由がよく分からなかったさざなみさん。

しかし今思うと、あの時の母親は「セーラームーンを好きだった幼い頃の娘」をかばう気持ちだったのだろうと話します。

投稿に対し、コメントが多数寄せられました。

素晴らしいお母さん。こんな愛のある叱り方もあるのですね。

・涙があふれました。母親の気持ちを理解できた作者も素敵です。

・心に刺さりました。大人になってから理解することって多いです。

・いいお話ですね。私もセーラームーン世代なので、読んでいて共感しました。

成長するにつれて、周りの評価や声が気になり、好きなものを手放すこともあるでしょう。

しかし「夢中になった過去」を自分自身で否定する我が子を見るのは、親からすると切ない気持ちにさせられるものなのかもしれません。

母親の愛情の深さを描いた作品は、多くの人の心に響いたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@3MshXcteuuT241U