ちちんぷいぷい毎日放送2020年5月6日放送の「今日の拡散希望さん」のコーナーでは、社員を元気にするため、大阪のIT企業が行った企画について紹介していました。

考えたのは、大阪北区にあるジールズという会社の大谷佳久社長です。同社では、スポーツイベントWEBサイトやスマホアプリを開発しています。

しかし、新型コロナの影響で各スポーツイベントなどが延期でピンチ。そこで大谷社長は、社員15人を元気にするため、「ポジティブになれる封筒」という企画を考えました。

ポジティブになれる封筒って...?(画像はイメージ)
ポジティブになれる封筒って...?(画像はイメージ

封筒の中身は何...?

この封筒には、3000円か5000円が入っていて、中身がわからない状態で社員が選びます。

ですがこの企画、ただお金をもらえるだけではありません。その引いたお金を使って、おうち時間を楽しむというルールがあります。具体的には、以下の3点です。

① 封筒に入っていた金額内でおうち時間を楽しむ
② 自宅でできることに限る
③ 3週間後、何に使ったかをシェアする

さて、3週間後に社員から報告があった使い道とは?

例えば、「ディズニーの本購入。ディズニーを満喫するための先行投資!」「ホットサンドメーカー。自宅でキャンプ気分が味わえる」。そのほか、「ヨガ」「なわとび」「タブレットの防水カバー」「赤ちゃんおもちゃ」...など、皆さんそれぞれのおうち時間を楽しんだ様子でした。

大谷社長は、「家にいる時間が長いからこそ思いつくこととか、こういう状況で少しでもポジティブになれる状況を一緒に作っていきたい」と話しています。

(ライター:まみ)

ポジティブになれる封筒って...?(画像はイメージ)