「高級輸入車の入庫台数は昨年と変わりませんよ」

 ガラスコーティングの会社を経営する社長は、いつもと変わらぬ口調で答えてくれた。ボディを特殊な成分で覆い、輝きを出すガラスコーティング。業界屈指の腕前ということもあり、その会社の料金は相場よりもやや高めの設定だ。フェラーリの一番高いグレードでコーティング料は40万円以上。コロナ禍の影響で売上が厳しいと思いきや、昨年と受注件数はほぼ変わらないという。

「高級車はコロナ禍でも調子よく売れていますよ」

 にわかには信じられない話だった。

「自粛でショールームに人が来ないんです」

 コロナ禍での車の売れ行きが気になり、早速、取材をすることにした。まずは国産車の状況を知りたいと思い、知人の自動車販売店の社長に電話をかけた。

「昨年と比べて大幅ダウンですね」

 某国産メーカーの看板を掲げる知人は、匿名を条件に取材に応じてくれた。

「自粛の影響でショールームに人が来ないんです。タイヤ交換の案内をしても、『今は行きたくない』と断られますね」

 ため息をつく社長。ただ、暗い話ばかりではないようだ。

リースで車に乗られているお客様が、再リースをかけてくれるケースが増えました。同じ車に長く乗る人は、一時的に増えるかもしれません」

「電車通勤は感染リスクが高いから、車を買いに……」

 国産メーカーが厳しいことはよく分かった。では、BMWベンツはどうだろうか。以前、世話になったBMWの営業マンがいたので、久しぶりに連絡を入れてみた。

「昨対同月比で50%ダウンです。集客数が落ちたことが売上減の要因です」

 この点は国産メーカーと事情は変わらない。しかし、逆を言えば、昨年の50%ぐらいの人はBMWを買いに来たということか。

「『行くところがないからショールームに来た』というお客様が多かったです。学校が休みのせいか、家族連れのお客様も目立ちましたね。コロナ禍で暇になって、ようやく車を見に来ることができたというビジネスマンもいました」

 国産メーカーと少し事情が違うようだ。では、どんな人がコロナ禍BMWを購入しているのか?

「すでに輸入車に乗られているような経済的に余裕がある人がほとんどです。少し変わった例でいえば、電車通勤になると感染リスクが高くなるから車を買いに来たというお客様がいました」

 車で移動したくなる気持ちは理解できる。しかし、それでBMWを購入するというのは、よほど所得に余裕があるのだろう。考えてみれば、BMWで一番手頃な1シリーズでも300万円以上はする。世界恐慌と同等といわれる経済危機の中で、自家用車にそれだけお金をかけられる人がいるということは、やはりすべての業種がコロナ禍の影響を受けているわけではないということか。

「最近ポルシェ、売れましたか?」

 BMWベンツよりも高級クラスといえば、次はポルシェだろう。

 先述したガラスコーティングの社長に聞いてみたところ、東京都葛飾区にある輸入車販売店「ワイズプロジェクト」を紹介してくれた。取材に応じてくれたのは店長の松本祥光さん。最近ポルシェ、売れましたか?

ポルシェは売れませんでした。でも、2000万円のアストンマーチンのDB2と、1600万円のアウディR8は売れましたね」

 コロナ禍でも1000万円超えの車は売れていた。それでも松本さんは「昨年よりもお客様は少ないですよ」と言葉を続けた。

「4月の緊急事態宣言からはピタリとこなくなりました。でも、うちのお店はネットで全国に車を販売しているので、問い合わせの数は大きく落ちなかったですね」

 しかし、ショールームに足を運ぶ人が減れば、ネットからの問い合わせが増えても、売上に繋げていくのは難しいのではないか。

「うちの店はお客様との信頼関係ができているので、実車を見なくてもネットで車を購入してくれる人が多いんです。コロナ禍で大きく売上を落とさなかったのは、今までコツコツと積み上げてきた実績があったからだと思います」

 コロナ禍ネット通販が盛況なのと同じで、自動車販売でもネットによる販売が好調のようだ。だが、それでも1000万円を超える高級車。なぜ、コロナ禍という厳しい状況下で、あえて購入するのか。

「『今、そこに欲しい車があるから』ではないでしょうか。特にうちのお店はレアな車が多いので、買い逃したくないという思いのほうが強いんだと思います」

 車好きの心は、コロナ禍とは無縁のようである。

中古でも3000万円以上 フェラーリを買った人は?

 ここまで来たら、フェラーリの売れ行きも知りたくなった。中古車でも優に3000万円は超える車だ。果たしてコロナ禍で買った人はいるのか。

 しかし、取材は予想外に難航した。匿名でも構わないと言っても、正規販売店はおろか、輸入中古車の専門店からも取材は断られ続けた。

「取材拒否は仕方ないよ」

 そう話すのは、多くの輸入車ディーラーと仕事上の取引がある学生時代からの知人。取材拒否の愚痴をこぼしたところ、フェラーリ特有の事情を話してくれた。

コロナ禍で営業していること自体、良い印象にはならない。匿名の取材といっても、販売店が絞られるから、お客様の身元もバレてしまう可能性も高い。この時期に取材を受けてくれる店はないよ」

 お店がナーバスになっている理由に合点がいった。取材に行き詰って落ち込んでいる私を見かねて、知人は慰めるように少しだけ情報を教えてくれた。

「こっそり別室で商談しているらしいよ」

フェラーリコロナ禍でも売れているのは確か。ただ、公に商談ができないので、こっそり別室でやっているらしいよ」

 5店舗目の取材が断られ、新たな情報があればと思い、すがる思いで、東北地方自動車販売を手掛ける知人に連絡を入れた。

そういえば、3月にフェラーリを買ったお客さんがいましたね」

 いきなりの情報ゲット! 

「だけど、私の店ではありません。知人のお店で売れました。たまたま購入したお客さんが、うちの常連客だったので、先日、会った時に『フェラーリ買っちゃったよ』と言っていたので、それで購入の事実を知ることになりました。本人のSNSフェラーリの写真がアップされていたので、間違いないと思います」

 店舗名とお客様の名前、フェラーリの細かい車種名は明かせられないとのことだったので、匿名でもう少し話を聞いてみることにした。

「購入したのは不動産事業を営む50代の社長さんです。他にも輸入車を何台か持っているので、フェラーリは追加車両になります」

 コロナ禍フェラーリを買った理由は?

「『ずっと前から欲しかった』って言ってました」

 えっ、それだけ? コロナ禍は気にならなかったのだろうか。

「気にしてないみたいです。そもそも気にしている人だったら、この時期にフェラーリなんて買いませんよ

 知人の社長は笑いながら言った。

「そういうことをあまり気にしない人が、世の中のムードに流されず、『欲しいものを買う』という行動に出て、フェラーリを買っているんだと思いますよ」

 コロナ禍フェラーリを買った人は確かにいた。

4月フェラーリの販売台数は昨対比127%

 この原稿の執筆にとりかかった際、正確なデータが欲しいと思い、日本自動車販売協会連合会のホームページに掲載されている4月のブランド別の販売台数を調べた。予想通り、各自動車メーカーが激しく販売台数を落としていた。しかし、フェラーリは昨対比で126.8%と、驚異的に販売台数を伸ばしていることが分かった。

 最初からこのデータを見ればよかったと思いながらも、現場を取材したおかげで、コロナ禍でも、人は欲を止めることができない生き物だということを、改めて知ることができた。

 しかし、データを細かく精査してみると、別の側面も見えてきた。フェラーリと同じ高級輸入車ランボルギーニも昨対比133.3%と好調。対してBMWは58.9%、ベンツも62.8%と、輸入車全般としては苦戦している。

 一方、2月に小型車ヤリスを発売したトヨタが79.1%、同クラスで新型フィットを同じ時期に出したホンダが80.8%と、新しい低価格車をリリースした国産メーカーは、コロナ禍でも辛うじて踏ん張れていることが分かる。

 4月の自動車販売台数だけで、今後の日本経済を占うのはあまりにも乱暴過ぎる。しかし、コロナ禍で衛生用品やスーパーに特需が起きて、飲食店やアパレルが大打撃を受けているような昨今の状況を考えると、自動車業界にも、「売れているもの」と「売れていないもの」の格差が広がっているようだ。

 やがてこの格差が収入の格差にまで影響を及ぼすようになれば、今まで以上に超高級なモノが売れるようになり、一方でコストパフォーマンスの高い低価格商品が売れるようになる。そうなれば、価格帯で真ん中に位置する、今まで消費者が“なんとなく”購入していたブランドは、ますます苦戦を強いられるのではないか。そう考えると「コロナ禍フェラーリが売れた」という事実は、少し背筋が寒くなるような消費動向に思えてしまう。

(竹内 謙礼)

フェラーリ・812スーパーファスト。最高出力の800馬力、史上もっともパワフルなフェラーリ。コロナショックでもフェラーリは売れているというが本当だろうか? ©iStock.com