株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、Webサイト「イマツイ」にて、2月から5月連休明けまでの期間で新型コロナウイルスに関する人々の意識がどのように変遷していったかを、Twitter全量データから分析しました。

2月~3月下旬ごろまでは中国における感染状況および国内での感染拡大への懸念に関する話題が多く見られる一方、4月からは国内感染拡大と緊急事態宣言発令を受けて状況が一変し、一転して国内の話題にシフトしています。経済への打撃や支援といった言葉とともに、国内での影響を語る声が大きくなっていたことが分かりました。

また、「自粛」に関する話題量を調査した結果、2月から4月中旬まで一貫して「自粛すべき」の話題が多かったものの、4月の中旬に一度「自粛すべきではない」が上回り、4月下旬からGWにかけて「自粛すべきではない」の話題量が増加していたことが分かりました。

図1:「自粛」に関する話題量推移
このほかに、「在宅勤務」に関する話題量の変遷や都道府県別の「おうち時間」に関するポジティブな発言の分析についても実施しています。
図2:「在宅勤務」に関する話題量推移

■掲載URL
以下URLから閲覧できます。
http://imatsui.com/society/post_190/

■分析概要
新型コロナウイルスに関する話題分析
 分析対象:「新型コロナウイルス」関連語を含む日本語ツイート
 分析期間:2020年2月1日2020年4月30日

・「自粛」賛成派と自粛反対派の話題分析
 分析対象: 「自粛」賛成派/反対派のキーワードを含むツイート
 分析期間:2020年2月1日2020年5月10日

・「在宅」の話題分析
 分析対象: 「在宅」関連語を含むツイート
 分析期間:2020年2月1日2020年5月10日

・「在宅」のポジティブ率分析
 分析対象: 「在宅」関連語を含み、かつポジティブな文脈を含むツイート
 分析期間:2020年2月1日2020年5月6日

■イマツイについて
Twitterを主とするソーシャルメディアに上がる生活者の声をリアルタイムに解析し、そこから世の中の変化のシグナルをいち早くみつけ、蓄積した大量のデータを元にこれまでにない深いインサイトを、ビッグデータ特有のノイズや複雑さを排して、分かりやすくおもしろくお届けする、ビッグデータ時代の新しい形のニュースサイトです。
URLhttp://imatsui.com
ツイッターhttps://twitter.com/imatsui_desk
Facebookhttps://www.facebook.com/imatsuinews

⋆文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

配信元企業:株式会社NTTデータ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ