約 4.7 億件のオーディエンスデータを提供する DMP 専業最大手、データマーケティングカンパニー株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島亮次、以下当社)は、「働き方改革に関する調査レポートvol.2」の結果をお知らせします。
 本調査では、当社が保有する約4.7億のオーディエンスデータ「IM-DMP(※1)」と、当社が提供するBtoB 向けリードジェネレーションツール「Select DMP(※2)」のIPアドレスと企業名を掛け合わせて取得した匿名化されたデータ株式会社ランドスケイプの日本最大の企業データ「LBC」(※3))を活用し、企業IPアドレスに接続しているWindowsブラウザ数の推移を2020年2月25日(火)から5月12日(火)までの期間で集計しています。

 4月21日(火)に発表した第一弾の調査レポート(※4)では、2月25日(火)から新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいて緊急事態宣言が発令された4月7日(火)までの期間における「医療・福祉業」「宿泊・飲食業」「教育・学習支援」「情報通信業」のWindowsブラウザ数の推移を調査しました。

このたびの第二弾では、5月12日(火)まで期間を広げ、緊急事態宣言中のリモートワークの実態を調査します。対象業界は、前回同様、「医療・福祉業」「宿泊・飲食業」「教育・学習支援」「情報通信業」の4業界で、2月25日(火)のアクセス数を100%とした場合のWindowsブラウザ数の変動を計測し、分析しています。(地域別調査のみ、3/3(火)を100%としています)
なお、5月5日(火)はゴールデンウィークのため祝日と見なし比較対象から省いております。
(※1) https://dmp.intimatemerger.com/service/materials/ (※2) https://dmp.intimatemerger.com/service/select-dmp/
(※3) https://www.landscape.co.jp/service/lbc/ (※4) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000009210.html

【調査結果まとめ】
全地域・全業界において、ゴールデンウィークを境に企業IPアクセス数は増加傾向にあり、出社率は高まっているが、同時にAM6時・7時台の出勤率も増加しており、リモートワークではなく時差出勤に切り替えている企業が多い様子がうかがえます。

配信元企業:株式会社Intimate Merger

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ