5月9日頃から、Twitterハッシュタグ「検察庁法改正案に抗議します」をつけたツイートが急増。一大ムーブメントとなり、検察庁法の改正が今国会で見送られる見通しに、という結果となった。

5月12日には、実業家のホリエモンこと堀江貴文さんが「検察庁法改正案に抗議しますとか言ってる奴ら全員見ろ」という動画を投稿。「マスコミと検察がズブズブの関係にあるのが問題である」等の提言を行い、こちらも大きな反響を呼んでいた。

動画:堀江貴文さんが動画「検察庁法改正案に抗議しますとか言ってる奴ら全員見ろ」を投稿し反響  「やっぱりキムタクドラマの見過ぎだと思う」
https://getnews.jp/archives/2542498[リンク]

20日、その一連の運動の元になった黒川弘務検事長について、産経新聞朝日新聞の記者と賭け麻雀を行っていたという「文春砲」が炸裂し大騒動に発展した。

21日、堀江さんはTwitterにて
黒川検事長が辞意 賭けマージャン法務省調査に認める (朝日新聞デジタル)
という記事について

検察とマスコミはこんな感じでズブズブやってるわけだよな。

ツイートを行った。
今回の騒動を見越したような、先の動画での提言もあって大きな反響を呼んでいたようだ。

現在、東京都知事選挙への出馬も噂されている堀江貴文さん。今後の発言にも注目である。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』
黒川検事長の賭け麻雀報道に堀江貴文さん「検察とマスコミはこんな感じでズブズブやってるわけだよな」とツイートし反響