ガーミンジャパン東日本旅客鉄道は、GaminのGPSウォッチや活動量計などのウェアラブデバイス5月21日からSuicaに対応開始したことを発表しました。

iOS/Android用のGarmin Connect Mobileアプリインストールしたスマートフォンとペアリングすることで、ウェアラブデバイスSuicaを発行。Google Payによるチャージ後、ウェアラブデバイスで鉄道やバスの利用、Suica決済が可能になります。JRE POINTウェブサイトへの登録により、JRE POINTを貯めることも可能。年会費は無料で、デポジット不要。

サービスの提供可否については、表で発表されています。

対応するウェアラブデバイスは下記のとおり。ウェアラブデバイスソフトウェア更新により利用可能になります。

Approach S62シリーズ
fenix 6Xシリーズ
fenix 6X Pro Dual Powerシリーズ
fenix 6Sシリーズ
fenix 6シリーズ
Legacyシリーズ
Venuシリーズ
vivoactive 4/4Sシリーズ
vivomove 3/3Sシリーズ
vivomove Style/Luxeシリーズ

suica®︎対応Garmin、誕生。(YouTube
https://youtu.be/Jdj_Qv4qnvY

Garmin Pay Suica | Garmin 日本
https://www.garmin.co.jp/minisite/garmin-pay-suica/

画像:YouTubeより引用

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』
GarminのGPSウォッチなどウェアラブルデバイスが5月21日からSuica対応を開始