時事通信社

◆まだまだ残る安部政権の悪政の数々
 検察庁法改正案の先送りが決まった。検察幹部の人事に政権が介入できるようになるため「安倍官邸の検察支配法案」と批判が高まり、ツイッターでの抗議が500万件を超えた。国民の巨大な反発のうねりが安倍政権の強引な動きを止めた。5月18日のことだ。

 その翌日、2日後に発売される『週刊文春』の原稿を急いでいた私のもとに、ある女性からツイッターダイレクトメッセージが届いた。

「こちらもぜひなんとか」

 そこにはある人物のツイートが貼り付けてあった。玉城デニーさん。おっと、沖縄県知事だ。ツイッターには好きなものとして「沖縄、バンド、読書、釣り、映画、自然、動物、麦酒、泡盛、家族」と掲げている。ほぼ私と重なる。

 そんなデニーさんのツイートはこうだった。

「世論の強い批判を受けて政府は検察庁法改正案を撤回。総理は『国民の理解なしに進められない』とコメントされたとも。2兆5000億円の予算、護岸崩落の恐れがある軟弱地盤、多くの希少種が生息し環境省が重要海域に指定する『辺野古新基地建設埋めたて工事』も国民・県民の理解は得られない。撤回を」


 デニーさんは一昨年9月、翁長(おなが)前知事の死去に伴う沖縄県知事選で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画の阻止を掲げた。その結果、安倍政権が支援する候補らを過去最多得票で破って初当選した。沖縄ではこれまでに様々な選挙で繰り返し「辺野古新基地反対」の候補が勝っている。民意はとっくに示されているのである。

基地問題を「自分ごと」として考えてほしい

 私はかつて、デニーさんの記事を一度だけ書いたことがある。去年9月のこと。デニーさんは沖縄の声を全国に届けようと各地でトークキャラバンを行っていた。その3回目の会場として、沖縄からの移住者が多く“リトル沖縄”と呼ばれる大阪の大正区を訪れた。その時のことをYahoo!ニュースで記事にした。

【デニー沖縄県知事が大阪の“リトル沖縄”で訴えた「基地問題を自分ごとに」と、歌ったスタンド・バイ・ミー】

 この記事のタイトルにある「基地問題を自分ごとに」というのは、この時のトークキャラバンでデニーさんが語った言葉だ。以下、デニーさんの発言を紹介したい。

ぜひ全国の皆さんに、自分ごととして考えてほしい。そう思って東京、名古屋と開催してきました」

「自分ごとと考えてほしい」というのは、もちろん基地問題についてだ。沖縄には全国の米軍基地の70%が集中する。

「よく(沖縄の)居酒屋で呑みながら言われるんですよ。『デニーさん、もう沖縄はね、70倍の交付金もらった方がいいよ』って(笑)。そういうふうに言いたくなる気持ちもあると思います。ですが私たちはこれ以上、未来の子どもたちに米軍基地の不安を感じさせない。未来の世代を将来の事件事故の被害者にさせたくない、ということを念頭に、米軍基地の整理縮小、県外移転を求めていきます」

「私は知事選挙で辺野古の新基地反対を掲げて当選しました。そしてこの2月(2019年)、県民投票が行われ、72%の人が辺野古の埋め立てに反対という意思を明確に示されました」

「しかし、なぜ工事は続けられているのか? という素朴な不条理に対する疑問を、私たちは解明していかなくてはなりません。そのためにこうやって皆さんに直接沖縄の現状をお話しし、皆さんが同じ国民として、なぜ沖縄でいつまでもこれだけの基地を、ということを、自分ごととしてとらえていただきたい。そして自分たちに何ができるか、それぞれができることを、ぜひ沖縄県と協力してやっていただきたい。そのことをお願い申し上げるために各地でお話しをしています」

 最後の質疑応答で、子どもから率直な質問が寄せられた。

「僕は学校で沖縄について学んでいます。一つ質問なんですが、沖縄の基地を無くすために僕にできることはなんですか?」

 デニー知事の答えは……。

自分で考え、自分で判断し、自分で行動すること。君にできることは、君がこの方がいいと思っていることのために何ができるかを、ご両親や友達とも話をしながら、少しずつでもいいから実行に移していくことだと思います。頑張ってください。夢は必ずかないます。頑張ろう!

◆次は「赤木さんの再調査を求めます」

赤木さんから筆者に送られたLINE

 検察庁法改正の先送りは、山のように不動だと思われた安倍政権を巨大な民意のうねりが動かしたことを意味する。それなら別のことでも安倍政権を動かすことができるのではないか? デニー沖縄県知事のツイートはそんな思いから出たものだろう。そして今回のできごとは、ほかにも多くの方を勇気づけている。

 例えばこの方。赤木雅子さん。森友事件で公文書改ざんをさせられ命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さんの妻。「夫の死の真相を知りたい」と第三者による公平な再調査を求めているが、安倍首相も麻生財務大臣も「再調査はしない」と突っぱねている。その赤木雅子さんは、法案見送りについてこうLINEしてきた。

「世論が政権を動かしたんですね。安倍首相に国民に寄り添う心があるなら次は再調査が進むはずです。政治家公務員も誠実であるべきです」

 そこに思わぬ“援軍”が現れた。その名は笛美さんツイッターでのハンドルネームだ。今回、政権をストップさせた「#検察庁法改正案に抗議します」というツイッターデモを発案。500ツイートを超える巨大なうねりを巻き起こした最初の一言を発した人だ。その笛美さんが、検察庁法案を止めた翌朝、こんなツイートをした。

「【拡散希望】#赤木さんの再調査を求めます  森友改竄問題で自死された赤木さんのご遺族、雅子さんが、世論が政権を動かしたニュースを喜んでくださっているそうです! 赤木さんの死の真相も、私たちの声が集まれば解明できるかもしれません。雅子さんの力になりたいです! ぜひ賛同をお願いします!」

 赤木さんはこのツイートを投稿直後に知った。

「このツイートのこと知り合いからLINEでお知らせもらいました! 笛美さんありがとうございます酔談見た友だちからも『笛美さんすごいねー』って電話きました。再調査進むよう応援してくださってありがとうございます

 ここで赤木さんが書いている「酔談」というのは、私の高校新聞部仲間でメディアコンサルタントの境治が、私と一緒にユーチューブで流している「メディア酔談」という配信のことだ。5月15日に検察庁法改正を取り上げ、そこに笛美さんにもリモート参加してもらった。そのことを指している。
 これまで安倍政権を批判・反対する人たちの間では「何をやっても変わらない」という無力感もあったと思う。ところが今回、政権が強引に推し進めようとしたことを、民意の巨大なうねりが変えることができた。この経験は大きい。

5月18日を、日本の民主化運動の記念日に
 だが油断はならない。検察庁法の改正案は廃案になったわけではない。政府・与党は今国会での成立を見送っただけで法案は継続審議だ。秋にも想定される臨時国会で成立をめざす構えを見せている。これについて旧知の政治記者はこう語った。

日本人は長続きしない、とバカにしているんじゃないですかね」

 しばらくすれば検察庁法改正反対の熱も冷める。夏がすぎて秋になったころに再チャレンジすれば可決できるだろうと、政権は高をくくっているのだという見方だ。

 今回の経験を、我が国の民主主義を変える大きな一歩にするために大切なこと。それは「忘れない」こと。「しつこくやり続ける」こと。笛美さんは早くも次の一歩を踏み出している。

【募集】 議員さんへの感謝の声を届けませんか? 検察庁法改正案の件でアプローチした議員さんに、お礼メール(電話/FAX)をしませんか?裏テーマとしては、もしまた変なことしたら対立候補に投票するよ?と誠意と感謝を持って匂わせる、です!例文も2つ書いてみました↓ #次の選挙まで忘れない

 5月18日は、1980年、お隣、韓国で民主化運動のきっかけとなる「光州事件」が始まった日。だが運動は軍事政権の戦車部隊に鎮圧され、多数の犠牲者を出す悲劇となった。

 それから40年の時を経て、我が国で5月18日ツイッターデモが勝利した記念日となるのかもしれない。いや、しなければならない。一人の犠牲者も出すことなく成功した輝かしい民主化運動の記念碑なのだ。

<文/相澤冬樹>

【相澤冬樹】
大阪日日新聞論説委員・記者。1987年NHKに入局、大阪放送局の記者として森友報道に関するスクープを連発。2018年NHKを退職。著書に『安部官邸VS.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋

時事通信社