ゲーム難易度に心を折られ、ゲームクリアを諦めてしまったことはあるだろうか? 情けなく思うかもしれないが、筆者は何度も諦めたことがある。

 記憶を遡れば、一番最初にクリアを諦めたのは小学生の頃だ。もうタイトルも覚えていないゲームだが、いわゆるラスボス間近の最終面まで進めたものの、直前のボスが倒すことができずクリアを諦めてしまった。

 最近でもいわゆる“死にゲー”と呼ばれるジャンルゲームは通しでクリアしたことがほぼなく、大抵の場合度は諦めてから少し時間を置いてもう一度やる気を出してからクリアまで進めるというのが定番になっている。

 これは私が決してゲームが上手いわけではないため起きていることだが、世の中には多くのプレイヤーの心を折り、クリアを諦めさせてきたゲームというものも存在する。今回紹介する動画も、そんなゲームに関する動画だ。

 今回紹介するのはスーパーファミコンで発売された激ムズゲームをたった35分でクリアしてしまった動画。ストーンさん投稿の『【RTA】超魔界村 Any% Normal 35分11秒』だ。

 高難易度が人気の横スクロールアクションゲーム魔界村シリーズの第三弾。過去作同様に多くのプレイヤーの心を折りまくってきた超魔界村を華麗なテクニックで進めるRTA動画をご紹介する。

―あわせて読みたい―
『DARK SOULS REMASTERED』ボス3体だけ撃破してクリア。 “実現不可能”と言われていたプレイを成し遂げた超絶テクを紹介!

『ゼルダの伝説 風のタクト』を1時間でクリアするRTA動画が投稿。17年間発見されなかった待望のテクニックで大幅短縮されたRTAがアツい!!

システムを知り尽くした世界12位のプレイ

 先述の通り激ムズで知られる『魔界村シリーズは、その難易度多くのプレイヤーが散っていったことで有名だ。

 例えば『魔界村シリーズで一番最初に悩まされそうなポイントが、独特のクセがある操作感だ。

 ジャンプで敵や穴を飛び越えるというのは現在のゲームでも定番中の定番だが、『魔界村シリーズでは一度ジャンプしてしまうとジャンプの向きなどを変更することはできない。

 そのため何となくのジャンプで敵と接触し残機が減るなんてことが、しょっちゅう起きる。

 また、『魔界村シリーズで一番有名な敵であり、多くのプレイヤーの心を折った敵と言えばレッドアリーマーだろう。

 レッドアリーマーは弧を描くような軌道でプレイヤーに近づき、ブレスを吐き出して攻撃してくる厄介な敵だ。

 先述したクセのある操作性になれていない状態でレッドアリーマーに対応することは難しく、ボスまでたどり着かずに諦めてしまったプレイヤーも少なくない。

 さらに、『魔界村シリーズの独特のシステムとして有名なのが、ラスボスを倒してもクリアとはならず、2周目をクリアしないと本当のラストステージにたどり着くことができないというものだ。

 ラスボスと思って倒した先に待ち構える2周目の壁にコントローラーを投げ出したという話を聞くことは珍しくないだろう。

 そんな鬼畜仕様盛りだくさんの『魔界村シリーズのだが、『超魔界村』は二段ジャンプの追加や、武器や魔法などの強化により過去シリーズよりは簡単になっているとされている。

 しかし、それでもシリーズ未経験のプレイヤーアクションゲームが苦手なプレイヤーにとっては十分に難易度が高く、多くのプレイヤーが苦戦させられたのは動画のコメントからも簡単に想像できる。

 そんな激ムズのゲームRTAに挑戦しているストーンさんだが、今回の記録は執筆時点で世界12位ランクインしており、この記録はガチ勢中のガチ勢プレイする動画ということになる。

 『超魔界村ガチ勢プレイする本動画の魅力となるのはやはり、惚れ惚れするほどのやり込みを感じさせるプレイだろう。

 動画ではゲームスタートから1分半ほどで1面のボスを突破し、序盤から『超魔界村』とは思えないサクサクプレイで多くの視聴者を驚かせていた。

 2面以降も武器変更によるタイムロスを防ぐテクニックや、処理落ちによるタイムロスを防ぐような動きなど、ガチ勢でなければ見ることのできないテクニックが披露されている。

ボスを十数秒で撃破⁉ 華麗すぎるボス戦

 さて、本動画の見どころは道中のテクニックだけではない。『魔界村シリーズと言えばレッドアリーマーのような序盤から登場する強力な雑魚キャラが有名だが、各ステージの最深部で待つボスもまた強力な存在だ。

 しかし、この動画ではボスですら十数秒で突破。『超魔界村』の経験者でなければ本作が簡単なゲームなのではないかと勘違いしてしまいそうなプレイを見ることができる。

 今回は簡単そうに見えてしまうほどに華麗な攻略を魅せるボス戦の中から一部をピックアップしてご紹介しよう。

最初のボス、コッカトリス戦

 例えば動画時間2分ほどで到達した、1面のボスコッカトリス戦。このボスは首を伸ばしてプレイヤーを攻撃し、雑魚敵を増やす卵を産む大きな怪鳥だ。

 ニコニコ動画に投稿されている通常の『超魔界村実況プレイ動画を見てみると最初のボスであるコッカトリスですら、一回でクリアできないのは最早当たり前。

 よほど慣れていない限り、最もグレードの高い黄金の鎧を使用していても30秒以上かかって当然のボスだ。

 しかし、本動画ではそんなコッカトリスの首元に入り込み、松明を連打。飛び上がってからも松明による追撃をやめず、あっという間に撃破してしまった。

 ボスエリア到達から8秒ほど、コッカトリスの姿が見えてからは5秒ほどで突破するスーパープレイ視聴者もあまりにも早いボス撃破に驚きが隠せない様子だ。

完璧な位置取りでボスを撃破、デスクローラー戦

 完璧な位置取りによる気持ちのいいボス撃破を魅せていたのが3面のボスであるデスクローラ戦だ。

 このデスクローラーはプレイヤーの周りをぐるぐると回りながら、定期的に上、左、右の画面外から攻撃を仕掛けてくるボスで、プレイヤーを中心に回っている間に弱点である頭へ攻撃を当てる必要がある。

 慣れていないような通常プレイでは動き回る弱点へ攻撃を当てることが難しく、撃破まで時間がかかることも珍しくない。

 9分10秒ほどからボスエリアに到達したストーンさんは、ボスが現れるとジャンプして顔面に通常攻撃を一発。足場の左端から魔法を打つことでデスクローラーの軌道上に魔法攻撃を出現させた。

 顔面に魔法攻撃を当て続けることでボスエリア到達から15秒ほど、ボスの出現からは4秒ほどデスクローラーを撃破。動画では弱点部位の動きに完璧に位置を合わせた攻略に魅せられたコメントが寄せられていた。


 多くのプレイヤーが散っていった『超魔界村』。クリアしたことがある方も、苦戦しながら諦めてしまった方も、もちろんプレイしたことがない方も、ぜひ一度『超魔界村』とは思えないガチ勢によるサクサクプレイをご覧になってみてほしい。

文/富士脇 水面

RTA超魔界村 Any% Normal 35分11秒

―あわせて読みたい―
『DARK SOULS REMASTERED』ボス3体だけ撃破してクリア。 “実現不可能”と言われていたプレイを成し遂げた超絶テクを紹介!

『ゼルダの伝説 風のタクト』を1時間でクリアするRTA動画が投稿。17年間発見されなかった待望のテクニックで大幅短縮されたRTAがアツい!!