PlayStation®4用ソフトウェア新サクラ大戦』。本作のTVアニメ新サクラ大戦 the Animation』がTOKYO MX ほかにて2020年4月3日(金)より放送スタートした。主人公は「帝国華撃団・花組」の隊長代理となった天宮さくら。日々奮闘しているさくらたち花組の元に隊長の神山誠十郎が一時帰国するが、その傍には見知らぬ少女がいた。少女の名はクラーラ。彼女は、壊滅した莫斯科(モスクワ)華撃団の唯一の生存者。神山から託され、花組へと転属になったクラーラを迎え入れるさくらたちだったが、『莫斯科華撃団』を名乗る一団が突如帝都に現れる。平和な日々を取り戻していた帝都を守るため、帝国華撃団・花組の新たな戦いの幕が開く。

 超!アニメディアでは、アニメのキーキャラクターとなるクラーラ役の和多田美咲と『莫斯科華撃団』隊員・レイラ役の白石晴香インタビュー。「サクラ大戦シリーズに出演が決まったときの気持ち、今後の見どころに加えて、歌・芝居に対する想いについてお話いただいた。

 

 

オーディションを受けられるだけでも嬉しかった

――本作に関わる前から「サクラ大戦シリーズはご存知でしたか?

白石 もちろんです。私が2歳くらいの頃にスタートしたシリーズなのですが、もう知らない人はいないんじゃないかというくらいの大作ですよね。日本を代表する作品のひとつだと思っています。

和多田 私は同級生に「サクラ大戦ファンがいて、その子とカラオケに行くとよく「ゲキテイ」(「檄!帝国華撃団」)を歌っていました。

白石 私もカラオケで歌っていた!

和多田 だよね!そんな色々な人が知っている大きな作品という印象はずっと持っていました。

――そんな大作に関わることとなりましたが、実際に役が決まったときのお気持ちを教えてください。

白石 純粋にビックリしました。まずオーディションの話をいただいたときに「新シリーズが始まるんだ!」という気持ちになって。関われるチャンスをいただけたことだけでも光栄なことでした。オーディションはあまり詳細な情報がない状態だったので、どう演じようかと悩んだのですが、私なりに考えてお芝居した結果、今回お声がけいただけてすごく嬉しかったです。

和多田 私も「サクラ大戦オーディションです」と事務所の方から言われたときに驚きを隠せず、思わず「あ、あの!?」「再始動なんですか!?」と言ってしまいました。オーディションを受けられるだけで嬉しかったです。ただ、最初にいただいた資料には、どんな世界観で、どんなキャラクターがいるのか、だれが演じられるのか、何ならクラーラの詳細もほとんど情報がなくて。そんな手探りの状態でのオーディションでしたが、結果的に物語の一員となることができました。とてもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

――オーディションアフレコ前に予習や復習はされましたか?

白石 シリーズのことを調べました。ただ、私たちが演じるキャラクターゲームの『新サクラ大戦』にも登場しないので、アニメのなかでどういう立ち位置でいるべきなのか悩んじゃって……。アフレコの合間によくふたりで相談したよね。

和多田 作戦会議みたいなのをやっていたよね!

――コミュニケーションをよく取っていた。

和多田 取っていました。

ーーそういう立ち位置のキャラクターを演じるうえでプレッシャーも感じていましたか?

白石 大きな作品ということに加えて、物語のなかでカギを握っている役どころだったので、プレッシャーは大きかったです……!

和多田 私も。大作でしかも重要なポジションだったので、より緊張しました。

アフレコ現場の雰囲気は?

――キャラクターへの思いや印象をお話できる範囲でお願いします。

和多田 登場時のクラーラは記憶がない状態で色々と恐れていますが、実は“仲間意識”がとても強い子なんですよ。それは、自分を犠牲にしてでもみんなを守るという行動も取るくらいに。そういう仲間意識が強いところが個人的にも好きですし、注目して欲しい部分でもありますね。さくらをはじめとする花組のみんなと触れ合うことで、友情や絆が芽生えていくところにロマンを感じます……!

――芝居も初登場時からどんどん変わっていく?

和多田 そうですね。ただ、記憶がないことに関しては、知らないまま演じるべきなのか、それとも知ったうえで計算して演じていくべきなのか悩みましたね……。結局、2話の段階で監督のところに走って聞きにいきました(笑)。そこで、クラーラの過去、どう変化していくのか、レイラとは何があったのかを教えていただいたんです。お芝居をするうえではそれはいったん置いておいて、役の立場に向き合って演じました。

――白石さんはレイラというキャラクターに対してどのような印象をお持ちですか?

白石 レイラは色々な「葛藤」を抱えているキャラクターです。その「葛藤」を表現するのが難しかったのですが、周りの役者さんのお芝居に引っ張っていただきながら、手探りで演じていきました。「葛藤」の部分は、作品としても個人的にも注目していただきたい部分です。

新サクラ大戦 the Animation』第1話場面カット

新サクラ大戦 the Animation第3話場面カット

――周りの方に引っ張っていただいたとのことですが、アフレコ現場はどのような雰囲気でしたか?

白石 アフレコの合間にゲーム収録のお話を聞かせていただき、世界観を掴みました。また、(帝国華撃団の技師長・司馬令士役の)杉田(智和)さんがシリーズの大ファンということもあり、アフレコ中も「いや、ここがね、いいんだよ」とよくおっしゃられていたのが印象に残っています。

和多田 そうだったね(笑)。私は(クラリス役の)早見沙織さんと隣の席になることがちょくちょくあったのですが、ふたりでよく動物の話をしていました。一緒にネコの画像を見て癒されてましたね。作品とは全然関係ないけど(笑)

白石 (笑)。それで言うと、私は(ランスロット役の)沼倉愛美さんとキャンプに行きたいというお話をしていました。台本を読んでるときに突然沼倉さんに「晴香ちゃん、キャンプ行こうよ」と誘っていただいて。

和多田 何それ(笑)

白石 ビックリなお誘いでした。そういう穏やかな会話をよくしていましたね。

ーーーキャンプには実際に行かれたのですか?

白石 まだ行ってないです。沼倉さんが免許を取られたということで、どうやら連れて行ってもらえるみたいで……!いつかは実現したい。

――その日が来るのを祈っております。

白石 ありがとうございます(笑)

和多田 あとは、「帝国華撃団」を噛む沼にハマっちゃいがちだったよね。

白石 あった!そして、「歌劇」なのか「華撃」なのかでイントネーションが変わるので、そこはみんな苦戦していましたね。

――天宮さくら役の佐倉綾音さんの座長っぷりは、いかがでしたか? 

白石 可愛らしさと強さを兼ね備えているさくら。今回現場でご一緒したことで、そんな彼女と佐倉さんご自身のパーソナルな部分が近いと感じました。

和多田 クラーラさくらに懐くのですが、私も佐倉さんにすごく引っ張ってもらいました。今回は役どころ的にものすごくプレッシャーを感じていたのですが、そんな私にいつもニコやかに「美咲ちゃん」と話かけてくださったんですよ。それがあったから、「私、ここにいてお芝居をやってもいいんだ」と思えたんです。すごく助けていただきました。

新サクラ大戦 the Animation』第6話場面カット

芝居は「生きざま」と「生きがい

――「サクラ大戦」といえば、芝居や歌というのも作品としては欠かせないものとなっています。おふたりも声優として、芝居はもちろんのこと、歌に関わるお仕事もされています。そんなおふたりにとって、歌や芝居はいま、どういう存在になっていますか?

和多田 私、他の方がアフレコをしている様子や舞台で芝居をしたり歌ったりしている姿を見ると、「生きざま」を感じるんですよね。芝居には、その人が生きてきた人生が表れると、ここ数年で気が付きました。だから、私にとって芝居や歌は、その人の「生きざま」。もっともっと追及していきたいと思っています。

――芝居に対する意識が変わってきた。

和多田 そうですね。今回の現場では特に、戦闘シーンでそれぞれの演じ方に違いがあると感じました。新しい発見があって感動しましたし、学びにもなったんです。「ここにいれるのがありがたいこと」と思える、そんな現場でした。

白石 初めて芝居・歌・踊りのすべてに関わったのが小学5年生のときにやったミュージカル。私、それまではすごく消極的で、授業でも手を挙げられないような大人しい子だったんです。でも、お芝居・歌・ダンスは、自分のなかで「すごく好きなものを見つけられた!」と思えるものだった。だから、母に協力してもらいながら、勇気を出してこの道に進むための行動を積極的にしてきたんです。

――そうだったんですね!

白石 今でも、自分の言葉で誰かに何かを伝えるのは得意ではありません。ただ、この仕事は、キャラクターを通じて感動や思いを人に伝えることができます。それが私にとってはすごく大きなことなんです。役を通じて皆さんに思いを届けられるのは嬉しいことですし、今ではなくてはならないものになりました。歌にも苦手意識があったのですが、お芝居をやっていくなかでキャラクターソングも歌わせていただき、その楽しさに気が付きました。歌もダンスも表現するという大きなくくりのひとつとして、皆さんに届けられるのが楽しいんです。だから、芝居も歌もダンスも私にとっては「生きがい」ですね。

――お芝居に対する熱い思い、ありがとうございました。最後に『新サクラ大戦 the Animation』のここが見どころだという点を教えてください。

白石 バトルあり、ハートフルシーンあり、歌ありと、どの層の方が観ても響くような作品です。私たちが演じるキャラクターに関しては、「愛」という点に着目して欲しいですね。「愛」って、家族愛や恋愛など色々な形があります。その色々な「愛」がレイラのなかにも巡ります。登場時のレイラと終盤に向けてのレイラでは大きく異なるので、その変化にぜひ注目してください。

和多田 最初はクラーラのことで頭がいっぱいでしたが、改めて台本を読み返してみると、楽しいシーンが溢れていて、すごくあったかい作品だと感じました。これからは特にクラーラレイラの関係にも注目していただきたいですね。あと、これは、見どころじゃないのですが……個人的にはレイラが歌う姿を見てみたい。切ないんだろうなぁ。考えるだけで胸が痛い。なんなら、クラーラとのデュエットでもいいので!

――カミンスキー役の赤羽根健治さんと一緒に「莫斯科組」で歌うというのも見てみたいです。

白石 その3人だと、レイラはすごく複雑な気持ちで歌うことになりそう……!

和多田 確かに!すごい曲になりそう。

――白石さんとしても、「サクラ大戦シリーズに関わったからには歌ってみたい気持ちがある?

白石 ぜひ!

新サクラ大戦 the Animation』第8話場面カット

新サクラ大戦 the Animation』第8話場面カット

プロフィール
和多田美咲【わただ・みさき】3月16日生まれ。岩手県出身。青二プロダクション所属。主な出演作は『地獄少女 宵伽』寒河江ミチル役、『デジモンアドベンチャー:八神ヒカリ役、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』寺本優佳役ほか

白石晴香しらいし・はるか4月8日生まれ。東京都出身。フリー。主な出演作は『アイドルマスター シャイニーカラーズ園田智代子役、『ヒーリングっど♥プリキュア』ラテ役、『おちこぼれフルーツタルト』貫井はゆ役ほか

TVアニメ新サクラ大戦 the Animation』放送情報
2020年4月3日(金)より放送中
TOKYO MX:毎週金曜22時
BS11:毎週金曜23時30分~
サンテレビ:毎週土曜25時30分~
KBS京都:毎週土曜26時30分~

メインキャラクター原案:久保帯人
監督小野学
シリーズ構成小野学浦畑達彦
音楽田中公平
アニメーション制作:サンジゲン
原作広井王子/セガ
出演: 佐倉綾音内田真礼山村響福原綾香早見沙織阿座上洋平富沢美智恵和多田美咲白石晴香赤羽根健治

アニメ公式サイト
https://sakura-taisen-theanimation.com

アニメ公式Twitter
https://twitter.com/anime_sst

(C)SEGASAKURA PROJECT