今回紹介するのは、篠原こまどり健太さん投稿の『フィギュアコマ撮り 名探偵コナン』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

可動フィギュアを使ってコマ撮りしました。


 静止している人形などを少しずつ動かしながら撮影し、その画像を連続で再生してあたかも動いているかのように見せるアニメーション技法である「コマ撮り」。昔からある撮影技法ですが、1秒あたりに数十枚ほどの撮影が必要で大変手間のかかる撮影方法です。

 そんな「コマ撮り」を篠原こまどり健太さんが作成し、その様子を動画で紹介しました。

 今回「コマ撮り」するのは『名探偵コナン』に登場するキャラクター達になります。

 江戸川コナンボールと共に登場。アニメさながらのリフティングを披露します。

 リフティングの後はボールを上空に上げ、本人もジャンプ

 そして、カッコよくオーバーヘッドキック

 見事、後ろの野球のボールに命中しました。しかし、着地は上手くできなかったみたいですね。

 続いてのシーンは、毛利蘭が登場。どうやらコナンが蘭を尾行しているようです。

 バレそうだと察したのか、サッと隠れますが……。

 どうやら気づかれていた様で、隠れた柱に向かって蘭が回し蹴りを放ちます。

 「コマ撮り」の世界でも圧倒的なパワーを持つ蘭の蹴りは、やはり凄いですね!

 ここからはメイキング部分になります。このメイキング部分も「コマ撮り」で紹介されています。

 「コマ撮り」の撮影には、人形などを支えるタンクと呼ばれる道具を使って、人形や小道具などを思い通りの場所に固定しています。

 オーバーヘッドキック時の配置はこのような状態になっています。

 最後は毛利蘭の回し蹴りシーンです。

 動きの1つ1つを丁寧に撮影しているのが分かります。動画時間は決して長くはありませんが、それを現実に再現させるにはとてつもない労力が必要なことが、この動画からひしひしと伝わってきます。

 そんなコナンたちの「コマ撮り」で動く姿は必見なので、ぜひご自身の目で確かめてください!

視聴者コメント

!?
すげぇ!
ほしい・・・
よろける動き上手いな・・・
素晴らしい☆☆


▼動画はこちらから視聴できます

フィギュアコマ撮り 名探偵コナン

―あわせて読みたい―

怪盗キッドの「トランプ銃」を段ボールで華麗に再現! 緻密に作られた様に「なにこれ作りたい」

『名探偵コナン』安室透のミートボールとキャベツのミルクトマト煮を作ってみた! 市販のアイテムで工夫した“喫茶ポアロの味”に「つくってみます」の声