中国最後の王朝である清王朝の国内総生産(GDP)は最盛期には世界の30%以上を占めたと言われている。現在、GDPで世界1位の米国ですら世界経済に占める割合は約25%であることから、最盛期の清王朝がいかに強大な国だったかが良く分かるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内では「日本と中国の地位が逆転したのは、明治維新がきっかけ」と認識されていると主張する一方、実際には「日本の逆転劇はすでに江戸時代に始まっていた」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の歴史を学んだことのある人ならば「日本に革命をもたらした明治維新を誰もが知っている」と指摘し、日本は明治維新を通じて新しい政府を樹立し、立憲君主制資本主義の国へと生まれ変わったうえで「その後の飛躍的な発展の基礎を築いた」と指摘した。

 続けて、多くの中国人は「近代日本が清王朝を超えたのは明治維新がきっかけ」だと認識していると指摘する一方、実際には江戸時代には「日本が清王朝を超える基礎が存在していた」と強調。たとえば、江戸時代の幕藩体制は繁栄の一極集中を回避し、日本各地に一定の発展をもたらしたと指摘し、江戸時代の日本の都市化率は10%に達し、当時の清王朝の5%を大きく上回っていたとし、これが明治維新後の経済発展に寄与したと論じた。

 また、教育は強大な国を築くうえでは欠かせない要素だと指摘しつつ、日本では江戸時代の頃には寺子屋が各地に存在し、一般庶民に教育が普及していたと指摘、当時の日本の識字率は45%に達し、清王朝の20%を上回っていたと伝えた。さらに、江戸時代の日本は鎖国を行っていたが、蘭学など他国から学ぶ柔軟さはあったとし、アヘン戦争で清王朝が英国に敗れたことを教訓とし、明治維新前より欧州に積極的に学び始めていたと強調した。

 つまり、日本は明治維新で急に中国を逆転したのではなく、江戸時代の頃から存在した基礎のうえに明治維新を成し遂げたのであり、その意味では「日本の逆転劇はすでに江戸時代に始まっていた」と言えるのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日中の地位逆転は「明治維新」だけが理由じゃない! 江戸時代の基礎があったからこそ=中国報道