麻雀(polkadot/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

緊急事態宣言下での「賭け麻雀」が発覚し、辞表を提出した東京高検の黒川弘務検事長。

22日の衆院法務委員会で法務省の川原隆司刑事局長は、麻雀のレートが「点ピン(1,000点につき100円)」だったことを明かし、「社会の実情を見ると必ずしも高額とはいえないレート」と説明している。

■点ピンは「高額とはいえないレート」

点ピンと説明されても、麻雀をやったことがない人にとってはいまいちイメージが湧かないが、これはフリー雀荘で一般的なレート。「祝儀」といわれるボーナスや細かいルールによっても異なるが、1回のゲームで5,000円程度の金額が動く。

報道によれば、黒川検事長たちの麻雀の結果は「1人あたり数千円から2万円程度の勝ち負けだった」と言われているが、点ピンのレートと合致する。

「高額とはいえないレート」と報じられたことを受け、SNS上では「点ピンまではOKという前例ができた」といった反応があがっており、「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏も「テンピンは合法なのね笑」とツイートしている。

関連記事:梅沢富美男、賭け麻雀の黒川検事長に怒り爆発 ネットでも抗議の声相次ぐ

■点ピンで10万円は難しい?

サラリーマンと同じレート」「学生たちと変わらない」とも言われた黒川検事長の今回の点ピン騒動だが、中には「このレートは嘘ではないか」と疑問の声も。

週刊文春』(文藝春秋)の報道では、過去に麻雀に参加した記者から「10万円負けた日もある」という話が出てきているが、麻雀に詳しい男性によれば、もしも10万円負けが事実だとすれば点ピンでこの金額負けるのは「ありえない」というのだ。

■一般レートの5倍以上の可能性も?

その男性は「4人麻雀は時間がかかるため、どれだけ熟練した人でも一晩で10〜15ゲームほどしかできません。かなりの長時間麻雀をして、ひたすら負け続けないと10万円に達するのは難しいでしょう」と話す。

また、一晩で10万円も動くレートはどのようなものかを聞くと、「ウーピン(1,000点につき500円)やデカピン(1,000点につき1,000円)以上のレートでないと厳しいのではないでしょうか」とのこと。

一般的なレートの5倍以上だが、よほど経済的余裕がなければまともに麻雀も打てないほど背筋が凍るレートのようだ。

■SNSでも疑問の声

麻雀という運が絡むゲームの性質上、大負けするときがあり、祝儀やウマといった賭ける際の細かいルールがあるため、点ピンというレートについてはなんともいえない。

ただ、『週刊文春』の報道が事実であれば、やはり疑問が残る。SNS上でも「どれだけ麻雀が下手なら10万円も負けるんだ」「相当接待していたのでは」といった声があがっている。

・合わせて読みたい→フット岩尾、『バイキング』捏造疑惑に毒舌 ぶっ込んだ発言に反響相次ぐ

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

黒川検事長、賭け麻雀の点ピンレートに「ありえない」と疑問が残る理由